メンズ向けドライヤーの使い方を徹底解説!ヘアセットやブローで気を付けるポイントは?売れてるおすすめドライヤーも一挙紹介!

ドライヤーというと髪の毛を乾かすものだというイメージがある人は多いです。

実はブローやヘアセットなど、ドライヤーの活かし方を知っているとオシャレ度アップにつなげることができます。

正しい髪の毛の乾かし方やヘアブローの手順、ドライヤーを使ったセットの仕方などをご紹介します。

またドライヤーの選び方やおすすめのドライヤーもチェックしていきましょう。

ドライヤーの使い方は乾かすだけじゃない!

ドライヤーの使い方は「乾かす」ことが基本ですが、それだけではありません。

髪にツヤを出したりヘアセットをしたりということもできます。ドライヤーの使い方の基本をチェックしていきましょう。

乾かす

ドライヤーの最も基本となる使い方は、濡れた髪を乾かすことにあります。

効率の良い乾かし方を知っていると髪が傷みにくいですし、変な癖がつくことも避けられます。

髪をセットすることまで考えた乾かし方もあり、実は奥が深いです。

ツヤを出す

ドライヤーの使い方によって、髪にツヤを出すことができます。

逆にやり方次第ではパサパサの髪になってしまうこともあるので、正しい乾かし方を知っておくと良いでしょう。

ヘアセットする

髪の毛をセットするときに整髪料だけを使うという人もいますが、ヘアセットの基本はドライヤーの使い方にあります。

髪の毛の性質や理論を知ることで簡単にヘアセットができるようになります。

正しいヘアブローの手順

髪の毛を触りながら幸せそうな男性正しいヘアブローの手順をチェックしていきましょう。間違ったやり方では髪が傷んだり乾燥したりするので注意が必要です。

タオルドライ

シャンプー後のびしょ濡れの状態でドライヤーを使うのは効果的ではありません。

まずはしっかりとタオルで水気を取りましょう

その際にゴシゴシと拭くとキューティクルがはがれてしまうため、乾いた清潔なタオルで髪をはさんで水気を吸わせましょう

軽くポンポンとタオルで叩きながら吸わせても大丈夫です。水滴がたれない程度まで水気を取りましょう。

まずは8割まで乾かそう

ヘアセットをする場合でも、8割くらいまではドライヤーで乾かしましょう

ドライヤーを左右に振りながら、もう片方の手で髪の毛を左右に散らすようにして乾かすと良いでしょう。

根元から先に乾かすこと

ドライヤーの温風はまず強めにし、根元から先に乾かしましょう。

毛先は乾きやすいため、長時間温風を当てることで過乾燥状態になってしまいます。

根元がある程度乾いたところで毛先に温風を当てましょう。このとき弱温風を当てると髪に優しいのでおすすめです。

ヘアオイルなどを使うと熱から髪を守れる

ドライの前にヘアオイルや洗い流さないトリートメント剤などを使うのもおすすめです。

髪ががサラサラになるだけでなく、髪にうるおいを与えたりドライヤーの熱から髪を守ったりできます。

特にくせ毛や天パの人、髪が細い人や傷んでいる人におすすめです。

ツヤを出すブローの仕方を動画でチェック

キューティクルを守りツヤのある髪にするブローの仕方を見ていきましょう。ドライヤーの髪の向きと手の動かし方がポイントです。

乾かしすぎる「オーバードライ」を避けることでパサつきを防ぎ、キューティクルをしっかり閉じたツヤ髪にすることができます。

なお動画のモデルは女性ですが、男性でもやり方は変わりませんのでぜひ参考にしてみてください。

  1. ドライヤーは髪の毛の流れに沿って上から風を送ること。広がりにくくなりキューティクルが閉じる。
  2. 髪の根元から乾かすため、しっかりと手を動かして髪の根元に温風を当てるようにする。
  3. 前髪・襟足・耳周り・もみあげは先に乾かす。
  4. 1点集中ではなくまんべんなく風を当てて乾かしていく。

ストレートにしたいときにもドライヤーを使う

多少癖がついている人でアイロンを使うほどでもないという人はドライヤーを使ってストレートにしてみましょう。

  1. ある程度タオルドライする。
  2. 髪全体をブラッシングする。
  3. ヘアオイルや洗い流さないトリートメントなどをつける。
  4. クセがついているところや傷んでいるところを中心に。
  5. まずは流したい方向と逆に向けて流しながらドライヤーを当てる。
  6. 2割程度乾いたら流したい方向に流しながらドライヤーを当てる。
  7. 動画でははさむタイプのブラシを使って引っ張りながら温風をあてている。
  8. はさむタイプのブラシがない場合には手で軽く引っ張りながら温風を当てる。
  9. 温風をよく当てたあとは冷風を当てると真っ直ぐのまま固まる。

ヘアセットの基本はドライヤー

髪型ワックスなどの整髪料を付ける前に、ドライヤーを使ってクセをつけておきましょう。

毛束感を出すこともでき、ドライヤーでのセットがヘアセットの8割を占めるといっても過言ではありません。

髪の毛の性質を知っておこう

ヘアセットをする際には髪の毛の性質を知っておくと良いでしょう。

髪の毛は熱を与えたり水で濡らしたりすると柔らかくなり、熱が冷めたり水分が乾いたりするときに固まる性質があります。

そのため、温風を当てたあとにセットしたい形に維持したまま冷風を当てるとしっかりとセットできます

冷風モードが無いドライヤーなら粗熱が取れるまでキープしておきましょう。

立ち上げやクセ付けをしてから整髪料をつける

前髪をアップバングさせたり流したりする場合でも、ドライヤーでしっかりと立ち上げたり流したりしてから整髪料をつけましょう

特にワックスはつけすぎると重くなってしまい、立ち上げても時間とともに潰れてしまいます。

ドライヤーで立ち上げておけばワックスは少量で済みますし、セットも長続きします。

ドライヤーを使ったセットのポイント

実際に美容師の方がドライヤーでセットしている様子をチェックしてみましょう。

慣れてくるとわずか5分程度でアップバングや毛束感を出すことができます。

  1. 髪の毛全体を8割程度乾かす。
  2. 前髪の分け目を決め、立ち上げたいところに下から温風を当てる。
  3. 立ち上げたくない場所は手で抑えておくと良い。
  4. バックやサイドは毛束を作るように手ぐしを通しながら熱を当てる。
  5. トップなどボリュームを出したいところは根元に熱を上げて立ち上げる。
  6. 毛束感を出したいときには手でクシャッと握るようにしながら根元に熱を送ると作りやすい。
  7. 前髪の両サイドは顔の輪郭に沿って下ろすと小顔効果あり。
  8. ワックスを適量手にとって手のひらに広げてなじませる。
  9. 髪全体にワックスを均等になじませる。前髪は最後に!
  10. 髪に動きを出したいときには根元にワックスをつけるようにするとよい。
  11. 最後に全体を整えて完成。

ワックスをつけるときに髪をくしゃくしゃにしても、ドライヤーで形を作っているのですぐに元通りになります。

ワックスだけでは髪型がうまくまとまらないので、しっかりドライヤーを活用しましょう。

ヘアケアの最新記事8件