リラックスする中年男性

メンズ白髪の対処方法を徹底解説!白髪になる理由は?白髪染めは自宅と美容院どっちが良い?白髪に似合うオシャレな髪型もご紹介

男性の髪の悩みでも上位に食い込む『白髪』。年齢がいっておらず、若い方でも白髪になることがあります。

白髪が混じった髪の毛は、老けて見えるだけでなく汚らしく見えてしまうことも。

今回はそんなメンズ白髪対処方法についてお伝えします。

また、白髪になるメカニズムや白髪でもおすすめのヘアスタイルもご紹介しますので、メンズ白髪でお悩みの方はぜひ最後までご覧ください。

そもそも白髪って何?

気付いたらいつの間にかできてしまう白髪。そもそも白髪とは何故できるのでしょうか?

白髪になる人とならない人がいるのも不思議だと思いませんか。

ここでは、白髪のメカニズムをご紹介します。

メラニン色素とは?


白髪にはメラニン色素が関係しているといわれています。メラニン色素とは、髪を作っている細胞のこと。

私たちの肌や髪、瞳の色などを作っているのがメラニン色素なのです。

このメラニンは、紫外線を吸収して細胞を守る働きをしてくれるので、お肌を守ってくれる救世主だといわれています。

日焼けによって皮膚が黒くなるというのも、紫外線を浴びた皮膚がメラニンによって一時的に細胞を守るためです。

また、細胞の核にはDNAがあります。DNAというのは、私達の身体や髪など全てに存在するものです。

このDNAは紫外線に弱く、DNAが壊れてしまうとガンになったりする可能性もあります。

ですので、私達は髪で頭皮に紫外線が入り込んでしまい皮膚がんなどになってしまうのを防ぐようになっているのです。

どうして白く見えるの?

紫外線や何らかのダメージによって、メラニン色素が作られなくなると、髪の色は失われ、光を反射して白く見えるようになります。

逆をいうと、私達の髪の毛が黒く見えるのは、メラニン色素が働き、褐色の色素となっているからなのです。

白髪になる6つの理由とは?

加齢によるもの

加齢により、白髪が増えてくることもあります。細胞の活性化が弱まってくると白髪が増えていくためです。

若白髪の方もいるので、一概にはいえませんが、30歳中頃から白髪が増え始めることが多いようです。

頭皮の血管のつまりなど、他の要因も考えられますので、頭皮ブラッシングなどもしてみると、改善される場合もあるでしょう。

紫外線

海 男性

紫外線を浴びた後、髪の色が抜けたという経験はありませんか?

髪は、紫外線の影響をとても受けやすいのです。

本来メラニン色素は、紫外線を吸収し紫外線によるダメージを防ぐ働きをします。

しかし紫外線を浴びることで、DNAに悪影響を与えてしまうとそれが白髪になってしまう可能性があるのです。

紫外線などを防ぐために、UVカットできる日傘や帽子などで対策したり、UVカットのヘアスプレーなどを使用してみるとよいでしょう。

ストレス

汗を拭く男性

ストレスによって白髪になってしまうこともあります。

例えば、不規則な生活を送っていたり、食生活が乱れてしまうこともストレスで白髪になってしまうことが考えられます。

頭皮の毛根に栄養が上手くいき渡らず、血の巡りなどが悪くなります。

そして血液循環がよくなくなると、毛根がダメージを受け、髪が白髪になってしまうことがあるのです。

健康的な生活や食生活を心がけるだけで白髪の防止になります。

現代人は仕事が忙しく不規則になりがちなので、ストレスを抱えてしまうことも多いです。

しかし、白髪にならないためにも仕事とプライベートなどを充実させ、自分を癒やしてあげる時間も作ってみるようにしてください。

いつも帽子をかぶる

帽子は、オシャレに見えますし、防寒や紫外線対策にもなります。

紫外線を防ぐ為にも、帽子を被り、日に当たらないように、頭皮が焼けないようにと工夫されている方も多いです。

ですが、長時間被り続けていると頭部を圧迫することになり、白髪を増やす原因になる場合があります。

とくに帽子のサイズ感などにも気をつけて下さい。

帽子による頭部の締め付けが、頭皮の血行不良の要因となり、白髪になる場合があるからです。

もちろん紫外線対策など、帽子を被ることにはメリットもあります。

バランスの悪い食事と栄養不足

バランスの悪い食事と栄養不足も、白髪になる可能性があります。

白髪染めをしなくても、普段の食生活の意識を変えれば、髪自体が本来の黒髪に生き返ります。

黒髪を作るために必要な要素が、チロシンと呼ばれるアミノ酸の1つです。

チーズや魚卵、ナッツ、大豆食品などに含まれます。特に、午後から夜にかけて摂取するのをおすすめします。

成長ホルモンが分泌され、健康的で綺麗な黒髪が生えてくることでしょう。

また、タンパク質やミネラル、ビタミンなどをしっかりと摂るようにしてください。

基本的に、体と髪などすべては繋がっていますので、バランスのよい食事と栄養を摂ることで若々しくいることができるのです。

栄養や体に良いものを意識して摂ると髪に艶やコシも出てきますので、普段の生活から気をつけるようにしましょう。

髪を乾かさずに寝る

シャワーを浴びたあとの男性

髪を乾かさずに寝ると、頭皮が冷えてしまい、血行が悪くなります。

血行が悪くなると、髪に栄養が行き届かずに白髪や抜け毛などの原因にもなります。

ですので、お風呂などに入った後は必ずしっかりと髪を乾かすということも心がけてみて下さい。

最近では、ドライヤーなどもマイナスイオンが出るものや髪に優しいものが販売されています。

そのようなドライヤーを使ったり、頭皮用のブラッシングできるくしなどを使って、根本から乾かすようにしてみて下さい。

頭皮が乾かずに寝てしまうと、白髪の原因にもなりますし頭皮が臭くなってしまう原因にもなります。

やはり清潔感は大事ですので、入浴後は髪を乾かすという事を意識したいですね。

様々な原因で白髪になる

その他にもこんなケースが

仕事中に疲れた男性

その他にも、両親からの遺伝ということも考えられます。

両親のどちらかに、白髪が多いということであれば、それも1つの要因となります。

遺伝によるものでも、食生活や基本的な生活を見直せば白髪を減らせるケースもありますので、毎日の生活を丁寧に見直してみましょう。

また、睡眠不足も白髪がはえる原因になりますので、仕事をしすぎずにしっかりと睡眠を取るようにしてみてください。

気をつけても白髪が減らない場合は

白髪染めをしましょう

市販や美容室どちらでも、白髪染めだけではなく、オシャレ染めのもので白髪まで染まるようなものも販売されています。

シャンプーと同じで、髪へのダメージを最小限に抑えるカラーリング剤もたくさん出回っているのです。

是非たくさんの中から自分の気になるものを見つけてみて下さい。

もし迷うようであれば、美容室に行って、おすすめのオシャレなカラーリングで白髪が染まるものを聞いてみるのもありです。

白髪染めは美容室?自宅どっち派?

美容室

美容院

美容室では、業務用のもので性能的にも素晴らしい薬剤のオシャレなカラーリングで白髪染め出来るものも増えてきています。

美容室で染めるメリットは、美容室の方に相談にすることができるという点です。

自分の髪質にあった白髪が染まる、または目立たなくするようなカラーリングを相談してみましょう。

美容室によって得意なカラーリングや特徴があるので、自分の悩みを解決してくれるような信頼できるスタッフさんに相談しましょう。

行きつけの美容室があり、専属のスタッフさんがいるようであればそこに足を運んで聞いてみるのが一番です。

自宅

市販の白髪染めも最近は色々な種類の物が販売されています。

白髪染めと呼ばれる物以外にも、トリートメントで染まる、クリームタイプの手軽なもの人気です。

ヘナと呼ばれる薬草で髪へのダメージを防ぎながら染められるものなど、種類も豊富です。

自宅で染めるメリットとしては、安価であるということでしょう。

また、美容室に行く時間などがない方は、家で染められるという点ではないでしょうか。

以前は市販の物は髪にダメージを与えやすいといわれていました。

最近では、市販の物でも髪のダメージを抑えられるものが多くありますので、自分に合っているものを見つけてみて下さい。

ロマンスグレーにしてしまうのもあり?

白髪染めについてお伝えしてきましたが、思いきってロマンスグレーにするのもありです。

男性のグレーヘアでもしっかりとお手入れをすれば、とても渋くてかっこいい印象になります。

グレーヘアに染めることで、スーツもかっこよく渋く決まる印象もあります。

白髪を活かすカラーリングの仕方というのも、視野に入れておくとよいでしょう。

グレーヘアについてはかっこいいアレンジもたくさんあります。

イメージに合う雑誌の写真などがあれば、探してみるのも良いかも知れません。

雑誌やインスタグラムなどでお気に入りヘアを見つけて、美容室のスタッフに相談してみるのも良いでしょう。

がらっとイメージを変えることで、周りからも一目置かれること間違いなしです。

間違った対処の方法とは

白髪を抜くのはあり?なし?

よく、白髪を抜く方がいますが、これは白髪や髪の毛そのものを減らすことになり、白髪が生えなくなるわけではありません

それよりも、無理に抜いて毛根を傷つけてしまうことになります。

前述の通り、毛根がダメージを受けてしまったり働きが悪くなっている場合は、何度抜いてもまた白髪が生えてきてしまいます。

このことからも、白髪は抜くという対処方法はあまりしないほうがいいでしょう。

白髪に似合うおしゃれなヘアスタイルは?

ベリーショート

白髪染めをせずに、白髪を上手く生かしたいという方であればベリーショートがおすすめ

ベリーショートは白髪もかっこよく決まり、逆に渋さとクールさも出て、かっこいいヘアスタイルです。

味のあるかっこいい30歳、40歳、50歳を演出してみてはいかがでしょうか?

ショートヘアは、オールバックなどにしたり、スタイリング次第で、とてもクールに決まります。

ソフトモヒカン

ソフトモヒカンは、横を刈り上げたかっこよさとワイルドさがあるスタイルです。

渋めはちょっとという方に、ソフトモヒカンはおすすめ。

ソフトモヒカンだと、若々しさと、清潔感のある印象を与えることができます。

またスーツにも合うスタイルなので、カジュアルにもスーツにも合わせられるオシャレなヘアです。

ロングウェーブヘア

ロングウェーブヘアは男性でもカジュアルな印象になり、雰囲気もかなりでるので、素敵なヘアスタイルです。

ロングウェーブヘアであればパーマ部分で白髪をあまり目立たなくさせる事も可能です。

またウェーブやパーマによって、オシャレな印象もぐんとあがります。

男性の方でロングヘアが苦手でなければ、チャレンジしてほしい髪型です。

まとめ

メンズの白髪対処方法とオシャレな髪型について確認していきました。

いかがだったでしょうか?

日々の生活の中で少しずつ意識して取り入れてみることで、髪だけでなく、自分自身も健康になっていくことでしょう。

また、白髪を染めてみたりそのままの白髪を活かしたりするヘアスタイルもたくさんありましたね。

自分に合ったかっこよくオシャレなヘアスタイルにチャレンジしてみてください。

ヘアケアの最新記事8件