メンズのヘアケアに最適なクシの使い方を解説!クシを使うメリットは?高級なクシは何が違う?目的別の使い分けがおすすめ!

手ぐしで仕上げるスタイリングにどこか物足りなさを感じているなら、あえてクシを使うことに目を向けてみるのはどうでしょうか。

とはいえ使ったことがなければ、どんなクシがヘアケアに最適なのか分かりづらいものです。

ここではメンズのヘアケアに最適なクシとその使い方を徹底解説します。

クシを使うことのメリットや目的に合った使い分けなど、メンズとクシに関するさまざまな疑問を解消していきましょう。

クシの特徴と種類とは?

クシとはヘアケアの中でも髪を梳(と)いて整えるために使う道具で、薄い板状の歯の部分に一定の方向で目が並んでいます。

英語圏ではクシのことをコームというため日本でも「○○コーム」の呼び名が一般化しているようです。

目の幅や大きさ・用途の違いによって大きく4つのパターンに分類されますが、具体的にどんな種類があるのかみていくことにしましょう。

テーツコーム

テーツコームは1本の半分が粗目、もう半分が細目になった両用タイプを指しています。

フラットな一直線の形状で美容師が髪のボリュームダウンを目的としたカットに使うことの多いクシです。

テールコーム

テールコームにはその名のとおりしっぽのように細長い持ち手が付いているのが特徴です。

また髪をブロック分けする・逆毛を立てる・ロッドを使ったパーマに重宝するなど、テーツコームにはない機能性もあります。

ジャンボコーム

縮れ毛をとかす男性

目の幅が荒くガッシリとしたつくりと大きさが特徴で、絡まった髪をほぐしたりトリートメント剤などを全体に行き渡らせる目的で使われます。

アフロヘアを整えるときにも重宝されているクシで、ジャンボコームといえばアフロと認識しているメンズもいるほどです。

セットコーム

テールコームと似た形状をしていますが、施術をサポートするというよりスタイリングの決め手として投入されるのがセットコームです。

材質にカーボンなどを使用することで嫌な静電気を防ぐなど、細かなヘアアレンジを叶えてくれるクシといってもよいでしょう。

ブラシとクシは何が違う?

ブラシはクシよりも歯の数が多く、材質はプラスティック・ウッド・獣毛などクシに比べてバリエーション豊かなことが特徴です。

髪をオシャレに整えるという意味で積極的に活用していくべきヘアケアアイテムですので、ブラシの有効性も再認識しておきましょう。

次に一般的なブラシの種類や特徴について紹介します。

スケルトンブラシ

歯ブラシのように片面に歯が付いているスケルトンブラシは比較的目が粗く、髪が空気を含んだような仕上がりになる特徴があります。

骨のような形状であることからスケルトンの名がつき、ホテルやスパのアメニティグッズにも採用されています。

デンマンブラシ

スケルトンブラシのように片面に歯が並ぶ形状をしているのがデンマンブラシです。

人工の歯には出せないツヤを生み出し、特に天然毛を使ったタイプが人気です。

ロールブラシ

ブラシの芯を取り巻くように歯がロール状に付いているのがロールブラシです。スタイリングの際に毛先のニュアンスを出すのに役立ちます。

クッションブラシ

名前のとおり歯の根元にクッション性を持たせた形状で、ブラッシングによる髪や頭皮への衝撃を和らげる効果を持ちます。

また髪全体をかき分ける・カールなどでヘアスタイルに変化をつけるなどに効果的です。

メンズがクシを使うことのメリット

これまで敬遠してきた人こそクシを積極的に使って欲しい理由は、男性ならではの悩みに対応するさまざまなメリットをみればわかります。

ヘアケアの悩みを改善に導くポイントとして、ここでは4つのメリットをご紹介します。

シャンプー前に汚れを浮かす

クシを通すことにより男性のベタついた頭皮や髪に付着した汚れを浮かせることができ、シャンプー本来の効果もアップします。

そこでクシ初心者のメンズはもちろん、スタイリングだけにクシを活用している人にぜひとも取り入れてほしいのがシャンプー前です。

バッチリきめた髪型が長持ちしない・毎日シャンプーしているのに頭がかゆいなどで悩むメンズは、習慣的に使うことをおすすめします。

頭皮の血行促進で抜け毛予防

ヒトの頭皮はクシやブラシの刺激でも十分な血行促進効果を得ることができ、気になる抜け毛・薄毛を予防するのにも効果的です。

またクシを使えば爪で頭皮を傷つけてしまうリスクを低くでき、トリートメントや育毛剤などを効率よく浸透させることにも役立ちます。

手触りのよさと髪のツヤをもたらす

髪型をチェックする男性

ショートヘアが大半を占める男性は、髪を乾かすときにも手ぐしで終わらせてしまうことが多い傾向があります。

しかしクシを使って乾かすことで手触りバツグン・ツヤツヤの髪に仕上がることを知れば、クシが手放せなくなるはずです。

繊細なスタイリングが叶う

七三分けやオールバックなどクールな印象の髪型には絶対といってよいほどにクシが欠かせません。

素敵な女性とのデートや仕事のプレゼンなどに清潔感と凛々しさを引き出す有効なヘアケアアイテムだということも覚えておきましょう。

選ぶならどっちのクシ?プチプラVS高級品

クシのバリエーションもそれなりに豊富で、いわゆるプチプラのクシと高級なクシでは差もあります。

ヘアケアの最新記事8件