メンズウィッグのおすすめの選び方を伝授!セットの手間いらずで簡単にイメチェンが可能に!おしゃれ感覚で取り入れてみよう

「1日だけ髪型を変えてみたい」、「ちょっとイメチェンしてみたい」などというときに役立つのがメンズウィッグです。

メンズウィッグを利用すれば手軽に髪型を変えることができ、簡単・手軽にイメチェンできるでしょう。

とはいえ、選び方や付け方を間違えると不自然になってしまうので品質の高いものを選んで適切に装着する必要があります。

そこで、この記事ではメンズウィッグの選び方を詳しく紹介します。

メンズウィッグを使ってみたいけど選び方がわからない人やどんな種類のものがあるのか知りたい人はぜひ参考にしてください。

メンズウィッグには大きく分けて2つのタイプのものがある

美容院でシャンプーをしている男性

一言でメンズウィッグといっても、その中身を大きく分けると「フルウィッグ」と「部分ウィッグ」の2種類があります。

それぞれ使い方が異なるので自分にピッタリのものを選びましょう。

フルウィッグ

フルウィッグはその名の通り上から被って頭部全体を覆うタイプのウィッグです。

自由度が高く、さまざまなものが販売されているので好みに応じて適切なものを選べるでしょう。

イメチェンしたい人にはフルウィッグがおすすめです。全体を覆ってしまうので元の髪型がどんなものでも自然に合わせることができます。

部分ウィッグ

部分ウィッグは頭頂部や前髪部分などの特定の部分に装着するタイプのウィッグです。

そのため、自然になじませるのがやや大変だと感じるかもしれません。

特別な理由がない限りはフルウィッグがおすすめ

前述の通り、フルウィッグは元の髪型に関係なくなりたい髪型にイメチェンできるというメリットがあります。

また、全体のバランスを考えて作られているので適切に装着すれば不自然さをなくすこともできるでしょう。

そのため、部分ウィッグを必要とする理由がない限りはフルウィッグを選択するのがおすすめです。

フルウィッグは似合うようにカットして使うこともできるので活用の幅も広く、さまざまな場面で活躍してくれます。

メンズウィッグを選ぶ際は材質にも注目しよう

ウィッグの材質にはファイバー(化学繊維)・人毛(Human Hair)の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

また、この2種類の材質を混ぜ合わせて作られた混合ウィッグもあるので、それぞれの特徴を理解して適切なものを選んでください。

続いてウィッグの材質ごとの特徴及びメリット・デメリットを紹介します。

ファイバー製ウィッグの特徴・メリット・デメリット

(インマン) INMAN フルウィッグ ウィッグ かつら ショート 5色 短髪 金髪 ストレート ファッション ゆるふわ 自然 原宿 耐熱 ネット付き 男女兼用

ファイバー製のウィッグは最初からセットされているものが多く、そのまま使えて利便性が高いといえるでしょう。

比較的種類が多いので好みのスタイルのウィッグが見つかりやすいといえます。

メリット

  • ヘアスタイルがあらかじめセットされている
  • 比較的安価な製品が多い
  • 退色しにくい
  • 手入れが楽
  • 扱いやすい

ファイバー製ウィッグにはこのようなメリットがあります。

価格が安いのが大きなメリットで、さまざまなウィッグを使い分けたい人にはとてもおすすめです。

また、湿度が高い日に使ったり洗浄したりしてもセットが崩れないので手入れしやすいといえるでしょう。

デメリット

  • 不自然なテカリがある製品が存在している
  • 耐熱でないものはヘアアイロンが使えない
  • 低品質なものが多い
  • 長期間使用していると縮れなどが発生してくる

ファイバー製ウィッグの最大のデメリットは不自然なものが多く出回っているというものです。

品質は日々向上していますが、低品質なものはまだまだ存在しています。

そのため、ファイバー製ウィッグを購入する際は自然に見えるものを選ぶのがコツです。

もし購入したウィッグにテカリがある場合は一度シャンプーするのもいいでしょう。

ファイバー製ウィッグを選ぶ際はできる限りクオリティが高く、自然に見えるものを選ぶことが大切です。

人毛ウィッグの特徴・メリット・デメリット

P&Z ウィッグ メンズ フルウィッグ ショート 黒髪 100%人毛 wig 手植え 男性用 医療用 かつら 軽い ハンサム 黒 自然通気性 自然黒(ヘアネット 付き )

人毛ウィッグはその名の通り人間の髪の毛から作られているウィッグです。

クオリティが高いものが多いため、高品質なものを探している人におすすめといえるでしょう。

メリット

  • 見た目や質感が自然
  • スタイリングがしやすい
  • ハイクオリティな製品が多い

人毛ウィッグにはこのようなメリットがあります。最大のメリットは「自然さ」であり、ウィッグとバレたくない人にもおすすめです。

スタイリングもドライヤーやアイロンなどを利用して自分の髪の毛のように扱えます。

クオリティを重視する人は人毛ウィッグがおすすめといえるでしょう。

デメリット

  • 価格が高い
  • 製品数が少ない
  • スタイルが崩れやすい
  • 退色しやすい
  • 手入れに手間がかかる

人間の髪の毛を原料にしているため、どうしても価格が高くなるのが最大のデメリットといえるでしょう。

また、製品数が少ないので好みのデザインのものが見つかりにくいかもしれません。

普段使っているシャンプーなどで手入れすることができますが、ファイバー製のものに比べて劣化しやすいので手入れが大変です。

混合ウィッグの特徴・メリット・デメリット

 ジグ ウィッグシリーズ ラパンドアール オム/イナズマウルフ ビターシナモンブレンド

ファイバーと人毛をミックスして作られた混合ウィッグは、自然さを追求しながらも安価に製造できるウィッグです。

販売されているものはファイバーが70~80%、人毛が20~30%のものが多くなっています。

メリット

  • 100%ファイバーの製品よりは自然なものが多い
  • 人毛ウィッグより手入れがしやすく価格も安い
  • 高品質な製品が多く出回っている

混合ウィッグはファイバー製ウィッグと人毛ウィッグのデメリットを補うために開発されました。

そのため、ファイバー製ウィッグのスタイルの保持しやすさと人毛ウィッグの自然さを併せ持ったウィッグといえるでしょう。

デメリット

  • 絡まりやすい
  • 不自然なテカリがあるものがある
  • 縮れが発生しやすい
  • 製品数が少ない

混合ウィッグの主なデメリットは上記の通りです。

ファイバー製ウィッグと同様に長期間使用していると毛先に縮れが発生しやすいので注意してください。

また、絡まったり毛先がハネたりすることもあるので使う前にはしっかりチェックすることをおすすめします。

メンズウィッグにオススメの材質は?

男性 ドライヤー ヘアサロン

メンズウィッグを選ぶ際にどの材質のものがいいか迷った場合は以下を参考にしてみてください。

高品質なファイバー製ウィッグか人毛ウィッグを選ぶのがおすすめ

こうして材質ごとの特徴を見ていくとそれぞれのメリット・デメリットを理解できたかもしれません。

自然に見えて使いやすいものを選ぶためには、クオリティの高いファイバー製ウィッグか人毛ウィッグを選ぶのがおすすめです。

きちんとチェックしないとわからない部分もあるので、購入前にはできる限り現物を確認するのがいいでしょう。

ロングウィッグなら人毛100%がおすすめ

ファイバー製ウィッグには絡まりやすく毛先がハネやすいというデメリットがあるため、ロングウィッグを選ぶ際には人毛100%のものを選ぶことをおすすめします。

繊維同士が絡まってしまうと解くのが大変になるため、ファイバー製のロングウィッグは扱いにくく注意が必要です。

自然に見えるメンズウィッグの選び方

ショートカットの男性の横顔

続いて自然なメンズウィッグの選び方をチェックしていきましょう。違和感のない製品を選びたい人はあらかじめしっかり確認しておいてください。

スキンがついているものを選ぶ

ウィッグには人工スキンがついているものとついていないものがあります。

スキンがついていないものは外からみると違和感を覚えやすいので、スキンのついているものを選びましょう。

総手植えのものがおすすめ

ウィッグには機械植えと手植えのものがあり、手植えのもののほうが自然な仕上がりです。

通常、人間の髪の毛は機械的に等間隔で生えているものではないため、機械植えのものは違和感のある仕上がりになりやすいといえるでしょう。

つむじの形にも注意

髪をかきあげる男性

ウィッグを選ぶ際にはつむじの形にも注意しましょう。つむじはあればいいというものではなく、その形が重要です。

より自然に見せるためには「I型」と呼ばれる直線上につむじがあるものを選びましょう。

特にロングスタイルのものを選ぶ場合には重要なポイントです。

フロントレースウィッグもおすすめ

センター分けを楽しみたい場合やより違和感をなくしたい場合はフロントレースウィッグがおすすめです。

フロントレースウィッグははっきりセンター分けをしても自然に見えるように作られているので、使いやすいといえるでしょう。

さらにレース部分を目立たないようにするためにメイクを利用するのもおすすめです。

ウィッグの付け方をマスターしておこう

髪をかきあげる男性

自然に見えるウィッグを選んでも付け方を間違えると違和感のある仕上がりになります。

より自然に見せるためにも正しい付け方をマスターしておきましょう。

ウィッグを付ける際に重要なポイントは次の通りです。

ネットで髪の毛をきちんと覆う

ウィッグを装着する場合は髪の毛をネットできちんと覆うようにしてください。

ネットの装着がいい加減だと隙間から髪の毛が出る原因になるので注意が必要です。特に生え際には十分に注意しましょう。

また、ロングヘアなどでボリュームが多い場合は均等にネットに収めてウィッグが膨らまないようにしてください。

ウィッグの角度をきちんと合わせる

 メンズウィッグ ヴァンパイアウルフ ロング/ウィッグ ロングウルフ

ウィッグを装着する際には前後左右の角度をきちんとあわせましょう。

「合わせたつもりなのに微妙にずれている」ということはよく起こるので、鏡で前後左右を確認して合っているかを確認します。

また、同時にネットがきちんと隠れているかや違和感がないかを合わせてチェックしておきましょう。

フロント部分を生え際にきちんと合わせる

最も忘れやすいのが「フロント部分を生え際に合わせること」です。

ウィッグを深く装着していて生え際に合っていないとパッと見て違和感を覚えるので、きちんと合わせるようにしましょう。

生え際ギリギリまでウィッグの縁を持ち上げるのがコツです。

メンズウィッグのおすすめの選び方まとめ

清潔感のある男性

この記事ではメンズウィッグの選び方を詳しく紹介しました。

メンズウィッグを選ぶ場合に特に注意しておきたいポイントをまとめると以下の通りです。

  • 材質ごとの特徴を理解してピッタリのものを選ぶ
  • 自然に見えるウィッグの特徴をしっかり理解する
  • 正しい付け方で装着する

これらのポイントを押さえておけば自然に装着でき、ウィッグを使って簡単にイメチェンを楽しめます

セットの手間がかからないウィッグもたくさん販売されているので、好みのものを選んでください。

自分にピッタリのメンズウィッグを選び、適切に装着すればおしゃれがもっと楽しくなるでしょう。

ヘアケアの最新記事8件