茶髪メンズはオシャレで女子ウケ間違いなし!ブリーチの有無や明るさで印象はどう変わる?茶髪が映える髪型・ヘアスタイルも紹介

一般的に茶髪と呼ばれるブラウン系のヘアカラーは定番であり、人気も高くなっています。

とはいえ、ブラウン系のヘアカラーにも多種多様なものがあるのでバリエーションが豊富といえるでしょう。

そこで、今回はブラウン系ヘアカラーの種類と似合うヘアスタイルを紹介します。

イメチェンを考えている人や似合うヘアスタイルがよくわからないという人はぜひ参考にしてください。

茶髪といっても種類は豊富!ブラウン系ヘアカラーにはどんなものがある?

シャワー後の男性
ブラウン系のヘアカラーにはオレンジよりのものやイエローよりのもの、アッシュブラウンなどさまざまなものがあります。

カラーリングによって似合うヘアスタイルや雰囲気が変わるので、よくあるカラーリングとその特徴を簡単にみておきましょう。

オレンジブラウン


オレンジブラウンは定番のヘアカラーです。

少し赤みがかったブラウンなので、明るい印象に仕上がるでしょう。特に明るめのヘアカラーが好きな人にオススメです。

全体として血色をよく見せてくれるヘアカラーといえます。

さまざまなヘアスタイルに似合うのでブラウン系のヘアカラーでどれにするか迷っている人はぜひ試してみてください。

イエローブラウン


イエローブラウンは前述のオレンジブラウンより明るめのヘアカラーです。

明るめのイエローブラウンは金髪に近くなるので、髪色を明るくして柔らかい印象にしたい人にオススメといえるでしょう。

セルフカラーなどで失敗するとオレンジブラウンとあまり変わらない仕上がりになることがあるので注意してください。

なるべく美容室でカラーリングすることをオススメします。

ミルキーベージュ

https://www.instagram.com/p/B0UmkycnqLC/
ミルキーベージュもブラウン系に分類されるカラーリングです。

ただし、色が入りにくいので綺麗なミルキーベージュにしたい場合はブリーチしてから入れることをオススメします。

イエローブラウンと同程度の明るさで、柔らかで明るい印象になるのでミディアムヘア~ロングヘアにオススメのカラーリングといえるでしょう。

アッシュブラウン

https://www.instagram.com/p/B0kQhOFHAdI/
アッシュブラウンを簡単に説明すると「ブラウン+グレー」といえるでしょう。

アッシュブラウンは明るくしても落ち着いた印象の仕上がりなので、明るくても落ち着いたイメージがいい人にピッタリです。

また、ダークブラウンに近い暗めの仕上がりがいい人にもオススメです。

ナチュラルブラウン


ナチュラルブラウンはオレンジブラウンと並んで人気のあるヘアカラーの1つです。

仕上がりが自然なので初心者でも挑戦しやすいといえるでしょう。

初めてヘアカラーをする場合やブリーチなしで自然なヘアカラーにしたい場合は一度試してみてください。

ダークブラウン


ダークブラウンはブラウン系ヘアカラーの中で最も黒髪に近いカラーリングです。

落ち着いた印象になる反面、重めの仕上がりになるので注意してください。

仕上がりによってはあまり変化を感じられないことも多いので、特別な理由がない限りはナチュラルブラウンで明るさを調節するのがオススメです。

カラーリングで印象が変わるのでなりたい雰囲気を考えておこう

清潔感のある男性
前述の通りブラウン系のヘアカラーにはさまざまなものがあります。

どのカラーリングにするかによってかなり印象が変わるので、ヘアカラーをする前にどんな感じになりたいかをイメージしておくようにしましょう。

基本的なヘアカラーの選び方は以下の通りです。

軽めの仕上がりにしたい場合は明るめのカラーを選ぼう

全体として毛量が多くて重く見える場合や、軽めの仕上がりにしたい場合は明るめのカラーを選んでください

オレンジブラウンやイエローブラウンのヘアカラーは軽めの仕上がりになり、なおかつ明るい印象になるのでとてもオススメです。

明るめのカラーはショートヘアからロングヘアまで幅広く似合わせる事ができるのでぜひ試してみてください。

落ち着いた印象にした場合はナチュラルブラウン~アッシュブラウンがオススメ

茶髪にはしたいけれど落ち着いた印象が良いという人もいるかもしれません。その場合は以下のカラーリングがオススメです。

  • ナチュラルブラウン
  • アッシュブラウン
  • ダークブラウン

これらのヘアカラーで暗めの仕上がりにすると落ち着いた印象になるので、ぜひ試してみてください。

ただし、もともと暗めの髪の場合はダークブラウンにしてもほとんど変化がわからないことがあります。

そのため、ナチュラルブラウンとアッシュブラウンがオススメといえるでしょう。

ロングヘアの場合は明るめにして軽く見せるのがオススメ

どうしても重く見えてしまいがちなロングヘアの場合は、明るめのカラーがいいでしょう。

オレンジブラウン・イエローブラウン・アッシュブラウンあたりのカラーにして軽めの仕上がりにするのがオススメです。

また、ロングヘアはグラデーションカラーなども楽しめるのでいろいろ試してみてください。

続いて、似合いやすいオススメのヘアスタイルをいくつか紹介するのでブラウン系ヘアカラーを試したい人は是非参考にしてみましょう。

茶髪が映えるヘアスタイルを紹介【ショートヘア】

ショートカットの男性の横顔
ブラウン系ヘアカラーが似合うヘアスタイルのうち、ショートヘアが好きな人にオススメのものを紹介します。

マッシュ

メンズ向けヘアスタイルとして人気のあるものの1つがマッシュです。

マッシュはフロントからバックまで同じ長さで揃え、丸みを帯びた印象にするヘアスタイルです。

カラーリングは明るめのイエローブラウンでも暗めのナチュラルブラウンでも合いやすいので、好きなものをチョイスできるでしょう。

また、パーマをかけることによってフンワリとした印象に仕上げることもできるのでアレンジの幅が広いといえるでしょう。

アップバング

アップバングとはフロントを上に上げたタイプのヘアスタイルで、前述のマッシュと並んで人気のあるヘアスタイルです。

アップバングは日々のセットが簡単なので、スタイリングに時間をかけたくない人にオススメといえるでしょう。

カラーリングはオレンジブラウンで明るめの印象に仕上げるのと、アッシュブラウンで落ち着いた印象にシア上げるのがオススメです。

茶髪が映えるヘアスタイルを紹介【ミディアムヘア】

シャワーを浴びたあとの男性
ミディアムヘアはパーマで雰囲気を変えたり、セットを変えることによって簡単にイメチェンできるのでオススメのヘアスタイルです。

特にオススメのものは次の通りです。

スパイラルパーマ

ブラウン系のヘアカラー+ミディアムヘアに相性がいいのがスパイラルパーマです。

スパイラルパーマをかけることによって躍動感のある仕上がりになるので、立体感が出るようにスタイリングするのがオススメです。

スパイラルパーマにする際にオススメのカラーリングはアッシュブラウン・オレンジブラウン・イエローブラウンです。

明るめのカラーをチョイスして活動的な印象に仕上げるのがいいでしょう。

マッシュウルフ

マッシュウルフとは襟足を長く残して仕上げるウルフカットにマッシュの丸みを帯びたイメージを併せ持ったヘアスタイルです。

マッシュウルフのアレンジでオススメなのは毛先に緩めのパーマをかけることによって動きを付けるという方法です。

幅広いアレンジができるので、ぜひ一度試してみてください。

茶髪が映えるヘアスタイルを紹介【ロングヘア】


セクシーさを演出したい人やさまざまなアレンジを試したい人にはロングヘアがオススメです。

ブラウン系ヘアカラーに似合うロングのヘアスタイルは以下の通りです。

ネオウルフ

ロングヘアにするなら一度試してみたいのがネオウルフです。

ネオウルフは中性的な印象なので、ロングヘアとの相性がいいといえるでしょう。

変化をつけたい場合はネオウルフにパーマをあわせるのがいいでしょう。

ただし、全体にパーマを掛けるとセットが大変になりがちなので毛先にかけるのがオススメです。

そうするとアレンジの幅も広がり、ヘアスタイルを簡単に変えられます。

センターパート

センターパートはメンズ向けのヘアスタイルの中で人気のあるものの1つです。

センターパート自体はショートヘアからロングヘアまで幅広く人気のあるスタイルですが、その中でも特にロングとの相性がいいといえるでしょう。

センタパートにすることによって色気を出せるので、よりセクシーな印象に仕上がるでしょう。

ただし、髪質がストレートの場合は変化をつけにくくなるのでパーマをかけることをオススメします。

ここではショートからロングまで、ブラウン系のカラーリングに合うヘアスタイルを紹介したのでぜひ参考にして自分に似合うものを選んでみてください。

カラーリングをする際にブリーチは必要?

実際にブラウン系にカラーリングする場合にブリーチが必要なのかが気になるという人もいるかもしれません。

最後にこの点について簡単にみておきましょう。

暗めのブラウンの場合はブリーチの必要はなし

ブラウン系のヘアカラーの場合、暗めにする場合は特にブリーチをする必要はありません

ブリーチ無しでも思ったとおりの仕上がりに期待できるでしょう。

明るめでもブリーチなしでできることもあるが注意が必要

明るめのブラウンにしたい場合、オレンジブラウンやイエローブラウンは比較的ブリーチ無しでも予想通りの色に仕上がりやすいといえます。

そのため、これらのカラーにしたい場合はブリーチする必要はないかもしれません。

綺麗にカラーリングしたい場合はブリーチしてからカラーリングするのがオススメ

明るめのヘアカラーの場合ブリーチ無しでできることもありますが、カラーを綺麗に入れたい場合はブリーチで余計な色素を抜いてから入れるのがオススメです。

そうすることによってより綺麗なカラーリングに仕上がるでしょう。

また、透明感のある仕上がりにしたい場合は特にブリーチをしてからカラーリングすることをオススメします。

ブリーチなしでカラーリングした場合、オレンジ要素が強い仕上がりになることがあるので注意してください。

自分に似合うカラーリングとヘアスタイルを見つけてオシャレを楽しもう!

髪をかきあげる男性

今回は定番のヘアカラーであるブラウン系のカラーリングについて詳しく紹介していきました。

一言でブラウン系といってもさまざまなものがあるので、自分に似合うカラーリングを見つけてみてください。

オススメのヘアスタイルもいくつか紹介したので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

お気に入りのカラーリングとヘアスタイルが見つかればより楽しくなることでしょう!

ヘアケアの最新記事8件