ストレートヘア

メンズのストレートヘアアレンジを紹介!ワックスやセットなしでもいける髪型とは?イメチェンするならマッシュがオススメ

日本人に少ないといわれているストレートヘア。

最近ではストレートパーマや縮毛矯正をかけてわざわざストレートにする男性も少なくはありません。

しかし、一口にストレートヘアといってもアレンジによって印象も大きく違ってくるもの。

そこで今回は、様々な角度からおすすめのストレートヘアアレンジをご紹介します。

ヘアアレンジはどうやって決める?

ストレートヘアアレンジには多くの種類があります。

ショート、ベリーショート、スパイキーショート、刈り上げショート、ウルフ、ショートウルフ、マッシュ、クラウドマッシュ、束感ショート…。

このように、挙げたらキリがありません。

こんなにも多くの種類があると、いざアレンジしようと思い立ってもどれを選べば良いのか分からなくて結局やめてしまうということもあるはずです。

どんな印象を与えたいのか、何を重視しているのか、などを考えて自分が理想とするヘアアレンジを見つけましょう。

年相応なアレンジをしたい

ヘアアレンジを決めるとき、年齢を気にする方は多いのではないでしょうか。

10~20代なら積極的に流行を取り入れたり、趣向を凝らして派手なアレンジにしたりするのも良いでしょう。

30~40代にもなるとビジネスパーソンとしての立場が気になり始める頃。

落ち着いた髪型の方が無難ですが、だからといって野暮ったくなってしまうのはあまり良くありません。

50~60代になると、無理して若作りをすることなく、若々しく見せることができれば良いでしょう。

自然なアレンジをしたい

美容院でアレンジしてもらったものの、何故か不自然に見える。

そういった経験が1度くらいはあるという方もいらっしゃることでしょう。

結論からいうと、アレンジ後の不自然さは髪質が生み出していることが多いです。

髪質は一人ひとり異なるため、雑誌で見て気に入ったアレンジをしてもらってもどこか不自然さを感じたり、自分には合っていないと感じたり。

自分の髪質を知って、自分に合ったヘアアレンジを選ぶことも大切です。

ビジネスシーンで良い印象を与えたい

ビジネスパーソンとして、第一印象は大切です。

第一印象が良いか悪いかだけでその後の商談が上手くいったり上手くいかなかったり、ということも大げさな話ではありません。

スーツ、靴、バッグなどの服装や持ち物だけでなく、髪型が与える印象はもちろん大きなもの

ビジネスシーンでの印象を最優先したいという方は、先方に良い印象を与えることができるヘアアレンジを選ぶと良いでしょう。

セットに時間をかけたくない

ワックスやムースをつけて固めたり、ヘアアイロンで動きを作ったり。

髪のセットには思っている以上に手間も時間もかかります。たまになら頑張れたとしても、毎朝のこととなると疲れてしまうこともあるはずです。

朝はゆっくり眠りたい、できるだけ楽にセットしたい、そう考えることも想像に難しくありません。

セットに手間や時間がかからないおしゃれヘアを選ぶ、というのも選択肢の一つといえるでしょう。

流行に乗りたい

サングラス 若い男性

とりあえず今年の流行に乗りたい、と考えて髪型を選ぶのも良いでしょう。

ハードルが高く感じるアレンジでも、流行していれば挑戦しやすいもの。

常に自分の好みだけで選んでいては、マンネリ化が進んでしまいます。

流行に乗っかって、普段の自分なら選ばない髪型にあえて挑戦してみるというのも面白いのではないでしょうか。

数年後に写真を見返して良い思い出になったと懐かしむこともできるかもしれません。

イメチェンしたい

せっかく髪型を変えるなら今までとはガラッと違った印象にしたい、と考える方も多いことでしょう。

長さを変えてみたもののそんなに印象が変わらなかった、ということはよくあります。

だからといって髪色を変えるのは気が進まない、そんな悩みをお抱えの方も多くいらっしゃることでしょう。

そんな場合に、ぴったりのアレンジがあります。

年齢別おすすめストレートヘアアレンジ

今回は10~20代、30~40代、40~50代と大きく3つに分けてご紹介します。

10~20代

何といっても、飾らないスタンダードなショートスタイルが1番です。

アシメにしてみたり、ダウンバングにしてみたり、前髪で個性を出すと良いでしょう。

校則で茶髪が禁止されている高校生も、黒髪で十分おしゃれに見せることができます。

髪のボリュームや生え際を気にする必要のない年齢だからこそ、ショートスタイルでおしゃれを演出するのがオススメです。

30~40代

ストレートでも髪全体にボリュームを出すことができ、ビジネスシーンでも爽やかに見せることができるツーブロックがオススメです。

髪の長短で濃淡が変わるほどメリハリをつけてみたり、長さに微差をつけて頭の形を良く見せてみたり。

サイドとえり足を短くする典型的なツーブロックだけでなくサイドのみを短くすることも可能です。

社会的に落ち着き始める年齢だからこそ、細かい部分に自分の拘りも出せるツーブロックを選ぶことでおしゃれを楽しむことができるのではないでしょうか。

50~60代

思い切って刈り上げベリーショートに挑戦してみると良いでしょう。

人によっては髪の生え際が気になってくるかもしれない年齢。

しかし、あえて短く切り両サイドを刈り上げてみることによって爽やかなおじさまを演出することができます

白髪でも似合うというのも刈り上げベリーショートの良いところ。スーツやシャツスタイルとの相性も全く問題ありません。

髪質に合ったストレートヘアアレンジ

髪質は大きく分けて剛毛と軟毛の2種類。まずは自分の髪質を把握することが大切です。

剛毛とはどんな髪質?

短くするとツンツンする、サイドが膨らんでしまう、アホ毛が出る、髪が突き刺さることがある、寝癖が直らない…。

この中に思い当たる症状があれば、剛毛である可能性が高いです。

軟毛とはどんな髪質?

伸ばすとぺたんこになる、ワックスやムースが効かない、アイロンが効かない、ボリュームが出せない…。

この中に思い当たる症状があれば、軟毛である可能性が高いです。

剛毛のあなたにおすすめのアレンジ

髪の長短で動きを出せるツーブロックがオススメです。

ヘアケアの最新記事8件