メンズにオススメのアシメ(アシンメトリー)の髪型・ヘアアレンジを徹底紹介!くせ毛を活かすセット方法やカット方法も解説!

左右の長さを敢えて変えた「アシンメトリー(アシメ)」は男性から非常に人気の高いヘアスタイルです。

アシメを取り入れるだけでぐっとオシャレ感が出ますし、さまざまな髪型と組み合わせることができる汎用性の広さも魅力です。

くせ毛に悩んでいる人もそれを活かしたアシメのセット方法がありますので、髪型をいじる楽しみが増えることになります。

さまざまな長さの髪型とアシメの組み合わせ方やセット方法、切り方のオーダーやメンテナンス方法などをご紹介します。

アシメの良さはどこにある?

ショートカットヘア

アシメというのは左右非対称の髪型にすることですので、一見不思議な髪型に見えます。

ですがアシメはなぜこれほど人気なのでしょうか。アシメの良さを考えてみましょう。

アシメにするかどうか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

セットしやすい

アシメはカットした時点ですでに左右非対称の形が作れていますので、セットがしやすいというメリットがあります。

セットにかける時間があまり無いときでも、クセを抑えたり流れを作ったりするだけでもある程度見られる髪型になるため便利です。

オシャレ度がアップする

アシメを取り入れている人は見た目に気を使っている人、という印象を与えることができます。

アシメにしているだけでオシャレ度がアップするという非常にお得な髪型です。

初めてアシメにするときには勇気がいるかもしれませんが、アシメにしてしまうとずっとし続けるというケースはよく耳にします。

バリエーションが豊か

アシメは非常にバリエーションが豊かです。

最も簡単なのは前髪をアシンメトリーにする方法ですが、サイドの長さや髪型全体のボリュームを左右で変える方法もあります。

長さのバランスを変えれば、さりげないアシメからしっかりとギャップをつけたアシメまでさまざまなバリエーションを楽しめます。

組み合わせやすい

アシメはそれ自体が髪型として成立するわけではなく、さまざまな髪型に組み合わせて取り入れます

ボウズ・ソフトモヒカン・パーマ・マッシュ・ツーブロックなどと組み合わせる人が多いです。

ベリーショート・ショート×アシメヘア

まずは短い髪型とアシメの組み合わせをチェックしてみましょう。

髪が短いとアシメも目立ちにくいので初心者におすすめ

髪が短い場合、アシメが目立ちにくいというポイントがあります。

そのためさりげないオシャレをしたい人やアシメ初心者におすすめです。

目立ちにくいですが左右でバランスを変えることでしっかりとオシャレ感を出すことができます。

ソフトモヒカン×アシメ

 

この投稿をInstagramで見る

 

farbeplumさん(@farbeplum)がシェアした投稿 – 2019年 7月月14日午前10時28分PDT

定番のソフトモヒカンですが、アシメを加えて動きを出しています

アシメでサイドのボリュームを変えることで立体的に変化をつけることができるのでおすすめです。

ウルフカット×アシメ

フロントを短く、バックを長めにした短めのウルフカットにアシメを加えています。

前後・左右ともに長さの違いを楽しむことができる髪型になっています。

アップバングとの相性も抜群

 

この投稿をInstagramで見る

 

平塚光輝/京都/山科/美容師さん(@luna_kokihiratsuka)がシェアした投稿 – 2019年 8月月5日午前8時23分PDT

アップバングにした前髪とサイドをかなり短く刈り上げたツーブロックにアシメを加えたスタイルです。

前髪は上げつつ長いサイドに向かってやや流し気味にするのがポイントです。

シンプルなショートにアシメを加えて

 

この投稿をInstagramで見る

 

hair salon Oazo Leaさん(@hairsalon_oazo_lea)がシェアした投稿 – 2019年 6月月1日午前2時24分PDT

シンプルなショートヘアですが、アシメが加わることで額を全部出すことなく前髪の重たい感じを抑えることができます

真面目な印象の髪型にアシメで遊び心を加えて

 

この投稿をInstagramで見る

 

たいちゃんさん(@taichan._.gram)がシェアした投稿 – 2019年 7月月3日午前6時10分PDT

物腰柔らかなイメージの髪型にアシメを入れることでちょっと遊び心を出したい人におすすめな髪型になります。

上の写真のようにメガネとの相性もばっちりです。

ミディアム×アシメヘア

髪型

ミディアムヘアはアシメと非常に相性がよく、さまざまなバリエーションで楽しむことができます。

ビジネスでも問題ない爽やかなアシメ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yusuke.Sさん(@scahigh)がシェアした投稿 – 2019年 7月月23日午後5時20分PDT

かなり髪の量が多いミディアムヘアでしたが、量を減らして片側を短くすることですっきりとした印象になるアシメヘアです。

やや長めですが、ビジネスでも問題ないくらいだといえるでしょう。

ここから全体をやや短めにしたり、左右のバランスを大きくずらしたりと応用の効く髪型になっています。

アシメを利用して自然と七三分けになるようにするとさらにビジネスでも問題ない髪型になります。

マッシュパーマ×アシメ

 

この投稿をInstagramで見る

 

natsuki.hairsalon_kindさん(@nachuhair)がシェアした投稿 – 2019年 4月月11日午前6時17分PDT

耳と襟足をスッキリとカットしてツイストパーマをかけたマッシュヘアーにアシメを加えた髪型です。

髪の流れを作り、パーマを活かした毛束感のあるセットが特徴です。

芸能人でもアシメは人気!

芸能人でもアシメを取り入れている人は多いです。

中でも嵐の二宮和也さんは昔からアシメを取り入れており、サイドに自然に流したような髪型が非常によく似合っています。

このように前髪をサイドに流してセットしたい人は流す側の髪を長くするとアシメが目立ちすぎずに自然な形に仕上がります。

海外でも人気の髪型

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hat-trick 🎩⚽️⚽️⚽️⚪️⚫️ #finoallafine #ucl #championsleague #juventus

Paulo Dybalaさん(@paulodybala)がシェアした投稿 – 2018年10月月2日午後12時06分PDT

アシメは海外でも非常に人気の高い髪型です。上の写真はサッカー界きってのイケメンとして有名なパウロ・ディバラ選手です。

ツーブロック気味にサイドを大きく刈り込み、アシメヘアにして片側に髪を流しています。

世界中で「ディバラヘアー」の検索が非常に多いことでも知られ、似た髪型の若者がいたるところで見られます。

ロング×アシメヘア

ロングとアシメを組み合わせる上級者テクにトライしてみるのも良いのではないでしょうか。

ウェービーなパーマ×アシメ

 

この投稿をInstagramで見る

 

miki ∵⃝ yasuさん(@m.yasuco.janji)がシェアした投稿 – 2018年12月月14日午前12時10分PST

上の写真はモデルが女性ですが、男性がやってみてもオシャレに決まる髪型です。

ストレートでこのようなアシメをするよりもセットしやすく見た目もまとまりやすくなります。

男性のロングヘアは重たくなりがちですが、パーマで空気感を出したりアシメで片側のボリュームを減らしたりしてみましょう。

ミディアムヘアまでの方がまとまりやすい

ロングヘアでは毛先や前髪だけのアシメでは見た目にわかりにくいという欠点があります。

全体的にボリュームのバランスを変えるのも難しいため、ロングヘアとアシメはかなり上級テクだといえます。

実際にはミディアムヘアくらいまでの長さの方が見た目がよく、全身のコーディネート的にもまとまりやすくなります

くせ毛を活かすアシメのセット方法をチェック

くせ毛に悩む人は多いですが、アシメならくせ毛を生かしてセットすることができます。上手なセット方法をチェックしましょう。

天パを活かしてアシメにしよう!

 

全体的にカーリーな天然パーマの人は、カールを活かすようなアシメにしてみましょう。

ワックスを髪全体になじませて毛束感を出すようにし、どうしても重めになる前髪をアシメにすることで軽くします。

ふんわりするくせ毛はアシメで星野源風に

https://twitter.com/gen___128/status/965916917037805568

ふんわりと盛り上がってしまうくせ毛はアシメで片側を減らすと星野源さんのような柔らかい雰囲気になるのでおすすめです。

アシメの切り方・オーダーやメンテナンスをチェック

モテる髪型の男性

美容院でアシメをオーダーする場合や伸びてきたときのメンテナンス方法をチェックしてみましょう。

どんなアシメにするのかを明確にしよう

アシメと一言でいってもさまざまなバリエーションがあります。

どのようなアシメにしたいのかを美容師さんと相談しながらはっきりさせていきましょう。

「前髪のみ」「サイドのバランスのみ」「全体的にボリュームを変える」などを考えておくと良いでしょう。

美容師さんにおまかせすることができる場合も多く、プロの視点から上手いバランスを考えてくれます。

アシメが伸びてきたときには迷わず美容院へ!

アシメは伸びてくると切った当初とバランスや髪の量、ボリューム感が変わってきてしまいます。

そのため、2ヶ月程度でメンテナンスが必要になります。

伸びてきたら迷わず美容院へ行きましょう。自分で切ると大失敗することがありますので要注意です。

アシメにするときの注意点

アシンメトリーにするときにはいくつか注意したいポイントがあります。

以下のような点に気をつけながらアシメを取り入れてみましょう。

極端なアシメにしすぎない

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAIWAI Brainsさん(@saiwai_brains)がシェアした投稿 – 2019年 7月月3日午前7時59分PDT

アシメはおしゃれな髪型ではありますが、何事にもやりすぎに注意しましょう

上のような髪型は似合う場合もありますが、人を選ぶ髪型でもあります。

また人に会う仕事をしている場合などTPOに合わせた髪型にしておきましょう。

なお、女性の考える好感度の低い髪型ランキングでは「アシメ」が上位に入っています。

やりすぎないようにバランスを取りましょう。

顔の形や大きさに合わせてバランスを整えよう

アシメは長い部分を顔の輪郭に沿ってセットするなどうまく取り入れると小顔効果がある髪型です。

また髪の量が多くボリュームに悩んでいる人にとっても、それをうまく活用することができる髪型です。

芸能人やヘアカタログのモデルだけを参考にして美容院でオーダーをする人は多いです。

しかし自分の顔の形や頭の大きさなどを考えずにアシメを取り入れると、顔の大きさを強調することがあるので注意が必要です。

顔の形や大きさに合わせてバランスを整えることが大切です。

まとめ

アシンメトリーは髪型や髪の長さを選ばないバリエーションの豊かさが魅力の髪型です。

ギャップをつけることで髪のボリュームを変えることができ、オシャレ度が増すというメリットがあります。

アシメの程度もさまざまですので、ぜひ自分のヘアスタイルに取り入れてみてください。

ヘアケアの最新記事8件