身だしなみのよい男性

メンズのおすすめスキンケア化粧品を肌質別に徹底紹介

男性だってお肌がきれいな方が断然第一印象が良いに決まってます。

「モテたい」「いつまでも若々しくいたい」「自分に自信を持てるようになりたい」。など美容に関心を持つ動機はそれぞれ。

そして、お肌の質やトラブルもそれぞれです。そこで今回は肌質別におすすめのスキンケア化粧品と基本のお手入れ方法を紹介します。

目次

美肌は一日にして成らず!

どんなに高い効果を謳っているものや、高価な化粧品でも、きちんと使い方を守って継続して使用しなければ意味がありません。

そして、毎日の基本のお手入れも欠かさず行うことが一番大事なポイントです。

肌が喜ぶ!基本のスキンケア

洗顔後の男性

基本のスキンケアはたったの3ステップ。たったの3ステップですがこれがスキンケアの大事な第一歩です。

  1. 洗浄(洗顔)

まずは、肌の汚れを取りましょう。メイクをしない男性でも、肌には余分な脂やホコリなどの汚れがついています。

特に皮脂汚れはニキビや肌荒れなどの原因にも。

毎日の朝と夜の洗顔によって肌トラブルのリスクを少しでもなくしましょう。

そして、洗顔方法にもポイントが。

まずは洗い方

肌の汚れを取ろうとして、ごしごしと洗ってしまうと肌にある角質層を傷つけることとなってしまい、シミの原因にもなってしまいます。

洗顔フォームを泡立てネットなどでしっかり泡立てて、優しく撫でるように洗いましょう。

そして、使用する水の温度

特に朝は冷たい水で洗顔をしたくなる方が多いかと思いますが、冷たい水は毛穴が閉じてしまい充分に汚れが落ちません。

また、熱いお湯は本来肌に必要な脂分や保湿成分まで洗い流してしまいます。

洗顔をする際は肌に刺激の少ないぬるま湯を使いましょう。

最後にすすぎの方法です。すすぎは洗顔料が肌に残らないようにしっかり流しましょう。

洗顔料が残っていると、それが肌荒れやニキビの原因になったりすることも。

ただ、すすぎもゴシゴシとこすらずに優しく水で撫でながら洗顔料を落とすイメージで行うと良いでしょう。

すすぎ終わった後の顔を拭く際も、ここでもゴシゴシ拭くと角質層が傷ついてしまうこともあります。

タオルで水分を吸い取るようにして拭いてください。

  1. 整肌

洗顔の後は、肌の汚れや脂分、そして肌に必要な保湿成分も洗い流されている状態です。

洗顔後に肌がつっぱったりするのはそのため。

そのままにしておく状態を続けていると、乾燥肌や様々な肌トラブルの原因にもなります。洗顔後は化粧水で肌の状態を整えましょう。

方法は、掌に適量の化粧水をつけ、肌に軽くパタパタと叩くように、そして押し込むように塗るのがポイントです。

  1. 保湿

ほとんどの化粧水の成分の約90%が水分なので、化粧水のみのケアではお肌はすぐにかん乾燥してしまいます。

そこでもう1ステップ、欠かせないのが保湿。乳液や保湿クリームなどで化粧水の保湿成分が入った肌にフタをします。

ただ、オイリー肌(脂性肌)の方はさらに症状が悪化してしまう可能性もあるのでつけすぎには注意しましょう。

肌質は大きく分けて4つ!その特徴とは

顔をチェックする男性

肌質はひとそれぞれですが、人間の主な肌質は大きく分けて4つ。

  • オイリー肌(脂性肌)
  • 混合肌
  • 乾燥肌
  • デリケート肌(敏感肌)

以上の4つに分けられるそうです。

それではそれぞれの肌質の特徴はどのようなものなのでしょうか。さらに掘り下げて解説します。

女性よりも男性に多いとも!【オイリー肌(脂性肌)】

男性は女性よりも皮脂の分泌量が多く、すぐに肌に脂が浮いてきて気づいたらテカテカになっている…!

という悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたはオイリー肌(脂性肌)かも。テカテカギトギト肌は暑苦しい印象を持たれる事もあります。

朝夜テカテカ・昼間はガサガサ?!【混合肌】

朝起きた時、夜学校や仕事が終わる時間。「あれ?なんだか顔が脂っぽい。テカってる!」

そして、昼間。「なんだか顔の肌がパリパリしてる感じがする!」

そんなあなたは混合肌かも。混合肌は日本人に最も多い肌質といわれています。

部分的に皮脂が浮き出ていたり、乾燥していたりするのも混合肌です。

老け顔の大きな原因!【乾燥肌】

ちゃんとケアしているつもりなのに、季節に関係なく肌がパリパリしている

乾燥する寒い時期なんかは酷いときは顔から粉が吹いてしまっていることも…!

そんなあなたは乾燥肌かも。

年齢を重ねる事で肌の保湿成分量も失われていきます。肌の乾燥はシワの大きな原因で老け顔の原因ともいわれています。

カミソリ負けで肌が荒れるのは【デリケート肌(敏感肌)】

ヒゲを剃るためにカミソリを使ったら肌が荒れてしまった。日焼けをしたら赤くなってヒリヒリと痛い。

花粉症の季節になると、痛みを感じるぐらいに肌が乾燥してしまう。

など、ちょっとした物理的刺激などで肌トラブルを頻繁に引き起こしているあなたは敏感肌なのかもしれません。

生まれつき敏感肌の人もいますが、多いのが乾燥肌をこじらせた敏感肌

乾燥肌を放置してしまうと、肌のバリア機能が低下し角質層が壊されてしまいます。

保湿成分は肌を外部からの刺激から守るのようなもの。

乾燥し続けた状態でいると、盾がない状態と同じでちょっとした刺激にも肌がダメージを受けてしまいます。

それが肌トラブルを起こしてしまうのだとか。

自分の肌質を知って、それに合ったスキンケアをしましょう。

肌トラブルの原因は?考えられる3大要因

肌トラブルとは無縁!なんて人はいません。誰でも一度は肌トラブルを経験しているもの。

原因を知ればおのずと対策もできます。考えられる肌トラブルの主な大きな要因は3つ

スキンケア不足

パックする男性

洗顔しない、洗顔しても保湿しない、日焼け止めを全く塗らない。など、ついつい面倒だったり忙しかったりでスキンケアは後回し。

なんてことありませんか?

女性のスキンケアのような時間をかけて、クリームに美容液に……

とそこまではなかなかできなくても、基本の3ステップは欠かさずに続けたいですね。

そうすることで、毎日自分の肌の状態を鏡でチェックすることもできるのです肌トラブルのリスクも低くなります。

肌質に合った化粧品を使っていない

男性用コスメ

きれいな肌を作るため、肌トラブルを改善または回避するための基礎化粧品。

しかし、自分の肌質に合っていないものを使用し続けてしまうと、それが原因で症状が悪化したり、新たな肌トラブルの原因にも。

口コミ評価が高い、パッケージが気に入った、高価な商品だから効果も高いだろう。

そういったことに惑わされずに、気になる商品で少量のサンプルなどがあればまずはそれを利用してみるのも良いでしょう。

生活習慣・食習慣の乱れ

仕事の飲み会

寝不足が続いている、飲みすぎ、食べ過ぎ、ビタミン不足。

または、ストレスフルな毎日。体の中が荒れてしまっていると、多かれ少なかれ肌にも影響が出ます。

「スキンケアもきちんとやって、基礎化粧品もちゃんと肌に合ったものを使っているのに肌の調子がいまいち悪い」

それはもしかしたら体の疲れのサインかもしれません。

年齢でどう変わる?肌トラブルとスキンケア

お肌の曲がり角は突然に…!【10代】

ボサボサ髪の男性

いわゆる「思春期ニキビ」に悩む男子も多く出てくるのがこの時期です。

思春期ニキビの原因は様々あるとされていますが、主な原因は男性ホルモンの分泌量の増加によるものです。

男性ホルモンが多く分泌されることで皮脂の分泌も多くなります。

そのせいで毛穴に脂が詰まってしまい汚れが溜まってニキビの原因となってるのです。

いわば思春期ニキビは大人への階段を登る上でのひとつの成長過程。

また、勉強や部活などでそれまでの生活リズムが大きく変化することによるストレスなども原因のひとつです。

10代のスキンケアはとにかく清潔を保つことと保湿を心がけること

まだ肌が未熟な時期のスキンケアは後の年代の肌と密接に関係するともいわれています。

お肌の最初の曲がり角を実感したら、スキンケアの基本の3ステップを習慣化するチャンスともいえるでしょう。

男性ホルモンMAX!肌トラブルのオンパレードも【20代】

体臭が気になる男性

個人差はありますが、20代に入ると男性ホルモンの分泌量がMAX量になります。

そうなると必然的に皮脂の分泌量も多くなり、更なる肌トラブルの原因にも。

男性ホルモンの増加により多くの男性にヒゲも生えてくるのもこの時期。

カミソリ負けで肌が荒れてしまったり、ニキビが更に悪化したりと次から次へと肌トラブルのオンパレード!なんて人も。

20代のスキンケアのポイントは、とにかく肌トラブルの元凶ともいえる皮脂の分泌量を抑えるケアが重要

ビタミンCは皮脂の分泌を抑える効果があるともいわれているそう。

顔のテカりが気になる人はビタミンCが入っている基礎化粧品を選んでみたりしてはいかがでしょうか。

忍び寄るエイジングサイン【30代】

驚いている男性

この章の冒頭で挙げた

「最近ニキビの直りが遅くなった」

「ちょっと前までは童顔といわれていたのに近頃は実年齢よりも上にみられることが増えた気がする」

このような「目に見える変化だけどそれほど深刻とは感じない変化」が出てくるのが30代です。

男性の30代という年代は仕事盛りで忙しい日々を過ごしている人も少なくありません。

毎日に追われてスキンケアは二の次になってしまうことも。

また、生活習慣、食習慣の乱れや、ストレスなどにより様々な肌トラブルを引き起こすこともあります。

そのようなトラブルを放っておくと、40代になって大きなツケが…!なんてことも。

30代のスキンケアのポイントは、小さなエイジングサインを見逃さないこと

エイジングサインに気づいたら、今まで使っていた基礎化粧品の見直しを考えてみるのもいいでしょう。

シミ・シワ・たるみをある日突然実感!【40代】

首のケアを怠らない男性

ある日ふと鏡の中の自分の顔を見てみたら、なんだか急に老いた気がした!

とある日突然見た目の老化を実感する人も多く出てくるのが40代です。

シミ・シワ・たるみ・ほうれい線、肌のテカりというかべたつきが気になる人も。

実はその原因は「老化による肌の乾燥」なんです。

年齢を重ねることによって肌の中にある細胞(角質細胞)が一定の周期で入れ替わる機能(ターンオーバー機能)が低下します。

古い角質細胞はバリア機能が低下しているので、紫外線のダメージも受けやすくなりシミの原因にも。

また、必要な保湿成分も蒸発してしまい、肌の乾燥を引き起こします。

肌が乾燥すると、潤そうという機能が働いてしまい、皮脂の過剰分泌につながるのです。

10代や20代の肌のテカりは男性ホルモンの分泌量から。40代の肌のテカりは加齢による乾燥から。

同じテカり肌でも年代によって原因は全く違うのです。

そんな40代のスキンケアのポイントは、丁寧な保湿が重要

テカっていても、保湿を疎かにするのは厳禁です。丁寧な保湿の継続はアンチエイジングにもつながります。

基本アイテムは3つ!基礎化粧品とお手入れ方法

肌の健康を保つために必要な鉄板アイテムは3つ。その3つを「基礎化粧品」といいます。

まずはその3アイテムを使ってスキンケア3ステップを毎日続けることがモテ肌の第一歩です。

スキンケア初心者3大アイテム

保湿剤

それではスキンケア初心者のための基本の3大アイテムをご紹介します。

一口に3アイテムといってもそれぞれタイプがいくつかあるようです。

  • 洗顔料(洗顔フォーム)
  • 化粧水
  • 乳液

まずは汚れを落とそう!洗顔料(洗顔フォーム)

固形石鹸

ファーストステップの洗顔に欠かせないアイテム「洗顔料」。主なタイプは大きく分けて5つあります。

    • 洗浄力の強い「固形タイプ」
    • 泡立ちが良く、幅広い肌質にも対応「クリームタイプ」
    • 手軽に洗顔できて忙しい人にぴったり「泡タイプ」
    • 潤いながら洗う「リキッドタイプ」
    • 刺激の少ない「パウダータイプ」

肌質や目的別に合わせて選びましょう。

また、汚れや黒ずみを落とす効果のあるスクラブが入っているものとそうでないものもあります。

朝と夜で洗顔料を使い分けてみるのもよいですね。

洗顔後にはすぐに保湿!化粧水

顔を洗う男性

洗顔後の感想を防ぐための化粧水タイプは目的別に選ぶのがおすすめです。

化粧水は肌の内部へと働きかけるもの。

「洗顔料で洗浄された肌がどうなってほしいか」によって最適な化粧水のタイプは変わってきます。

  • 乾燥を防ぎたい
  • シミを防いで白くきれいな肌になりたい
  • 毛穴が目立たないきめ細かい肌になりたい
  • ニキビをなくしたい
  • 若々しい肌を取り戻したい・若々しい肌でいたい
  • 肌荒れを防ぎたい

それぞれ個々の目的に合った化粧水を選ぶようにすると、より高い効果も実感できます。

潤いを閉じ込めろ!乳液

保湿クリームでケアする男性

忘れてはならないのが化粧水が肌の内部まで浸透して、効果を最大限に発揮できるよう、大事な働きをする「乳液」

選ぶ上で見落としてはいけないのが以下の2つのタイプです。

  • 乾燥肌さんには「しっとりタイプ」
  • オイリー肌さんには「さっぱりタイプ」

混合肌の人は乾燥肌寄りなのか、オイリー肌寄りなのか。

もしくは気になるのはベタベタなのか、カサカサなのかの肌の状態によって選んでみるのもいいです。

また、敏感肌の人は、迷ったらボトルやパッケージに「敏感肌用」と明記してあるものをまずは試してみてもよいでしょう。

最近では男性用にも化粧品・乳液などが入ったオールインワン基礎化粧品も多く発売されています。

どのような基礎化粧品を選ぶかや肌質の違いがあっても、大切なのは洗浄。

あとは「浸透させること」「保湿をすること」

自分の肌の質や状態・どんなケアを最優先にしたいかを知って、上手な基礎化粧選びができたらいいですね。

基礎化粧品を選ぶ際の基本ポイントは3つ

  1. 自分の肌質と合っているか
  2. 目的(肌トラブルの改善等)に適した含有成分であるか
  3. 継続して使い続けることのできる価格であるか

大切なのは、適正・成分・価格の3つ。それではなぜこの3つが重要なのでしょうか。

間違ったものを使うと肌トラブルの原因にも!肌質に合ったものを

男性 バツ

自分の肌質や肌トラブルに適さない基礎化粧品を使用し続けると、時には症状が悪化してしまうこともあります。

例えばオイリー肌のひとが、「しっとり濃密うるみ肌」といったような謳い文句とした商品を使い続けたら……。

ますますテカテカベタベタになってしまった!なんてことも。

また、年齢に合ったものを使用するという事も重要なポイント。肌質は年々変化するものです。

しっかりとスキンケアをしたいのなら定期的に基礎化粧品を見直す機会を作ってみるのもよいかもしれませんね。

効果を充分に得るために。目的に合ったものを選ぼう!

シャンプーを選んでいる男性

周りのみんながやっているからとりあえず自分も……といった動機でスキンケアデビューをする人も多くいるかと思います。

友達が使っていて評判がいいから、ネットの口コミで評価が高いから。

などスキンケア初心者の人が基礎化粧品を選ぶ際にはそのような基準で選ぶ人もいますね。

ただ、大切なのは自分は「どんな肌トラブルを解消したいか」「どんな肌になりたいか」

シミを重点的に防ぎたいという人が、乾燥肌に高い効果を発揮するものを使用してもシミ予防には効果を充分に得ることはできません。

基礎化粧品選びに迷ったら、自分が今スキンケアをする目的やしたいと思った動機に立ち返ってみることが大切です。

お財布と相談!長く使い続ける秘訣は実は価格にもアリ

日本円と電卓

すごく高い効果を得ることができて、口コミ評価などでも高い評価がついている。そして高価なものは非常に魅力的です。

しかし、どんな商品でも「使い続けることで」効果を発揮するのです。

高かろう良かろう、安かろう悪かろうといった価格に惑わされずに選んでみてください。

「自分が長く使い続けられる価格であるか」「同じような成分で違うものはないか」

そういった長期的なコストパフォーマンスにも目を向ける事もスキンケアの重要なポイントです。

肌質別のおすすめメンズ基礎化粧品をアイテム別にご紹介!

シャンプーボトル

それぞれの肌質や目的によって違う基礎化粧品選び。実際にはどのような商品があるのでしょうか?

最後に肌質別におすすめのメンズ基礎化粧品を少しだけご紹介します。

オイリー肌(脂性肌)【おすすめ洗顔料】

クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO)ボタニカル オイルコントロール&フェイスクレンザー

オイリー肌の人は肌の潤いを保ちながらも表面はさっぱりとした洗い上りになる洗顔料を選びましょう。

海と大地の恵みを凝縮し、徹底的にオイリー肌向け洗顔にこだわった大人の洗顔フォーム。

沖縄の豊かな海で育った海の泥「くちゃ」が余分な皮脂を吸い込んでさっぱりと洗い流してくれます。

さらにオレンジやレモン、リンゴなどの7種の果物エキスで肌に潤いを与えます。

洗いあがりもさっぱりつるんな文句なしの肌へと導きます。

オイリー肌(脂性肌)【おすすめ化粧水】

ニベアメン オイルコントロールローション

肌触りはどろっとしているものよりも、サラサラしているものを選びましょう。

保湿クリームのニベアの男性用化粧水です。

振って使用するタイプで皮脂を吸着するセリサイトアパタイトという成分が配合されています。

付け心地は爽やかでつけてすぐにさらさら感を実感できます。持続性という点では人によっては効果が薄く感じるようです。

オイリー肌(脂性肌)【おすすめ乳液】

ニベアメン エクストラモイスチャーバーム

ニベアメンズは良品シリーズです。男性化粧品もラインナップが豊富です。

この乳液は、オイリー肌の人でもさらっとした塗り心地で程よく保湿をしながら肌を外的刺激からガードしてくれます。

オイリー肌の原因は乾燥によるもの。化粧水で潤した肌を保湿成分がしっかりとフタをしてくれます。

混合肌【おすすめ洗顔料】

カウブランド赤箱・青箱(牛乳石鹸)

【まとめ買い】カウブランド 赤箱1個 100g ×2セット

【まとめ買い】カウブランド 赤箱1個 100g ×2セット

166円(05/18 12:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

誰もが知っているのあの赤い箱。コンビニやドラッグストアでも100円前後で購入することができます。

実は青い箱もをご存知ですか?

牛乳石鹸はその名の通り乳成分が入った石鹸です。赤箱と青箱の成分の違いは以下の通りです。

牛乳石鹸ホームページ

赤い箱はしっとりとした洗い上りで、青箱は潤い成分が配合されていない分さっぱりとした洗い上りになるんですね。

主に全身用として発売されてから半世紀以上経つこの商品。

近年は、じわじわとSNSなどで「牛乳石鹸の効果がすごいらしい」と話題になり注目を集めるようになりました。

価格も100円前後とスキンケア初心者にはぴったりの洗顔料です。

テカりが気になる朝にはさっぱりと洗い上げる青箱を。

寝ている間の乾燥が気になる夜にはしっとりと洗い上げる赤箱をといったように使い分けてみるのもいいですね。

ただ、乳成分を多く含む石鹸ですので、乳製品にアレルギーのある場合は使用する前にパッチテストを行うなどの注意が必要です。

混合肌【おすすめ化粧水】

クワトロボタニコ ボタニカル オイルコントロール

テカテカとカサカサが交互にやって来るような混合肌。

または頬はカサカサ、おでこや鼻辺りはテカテカといった部位によって肌の状態が異なるのも混合肌です。

混合肌の人は、保湿も、オイルコントロールも兼ね備えたオールインワン化粧水がおすすめ。

特にオールインワン化粧品は忙しい人にはもってこいのアイテムです。

混合肌【おすすめ乳液】

医薬部外品 薬用 ニキビケア 乳液

混合肌特有の繰り返すTゾーンの大人ニキビに悩んでいる人はこの乳液がおすすめです。

何と言っても医薬部外品で、無香料・無着色、アルコールフリーなど7種の添加物は無添加なので安心して使用することができます。

商品名がニキビケアというだけあって、ニキビ対策には一定の効果があるようです。

乾燥肌【おすすめ洗顔料】

男性美容石鹸 BUSO 武装 メンズソープ

男性用洗顔料に多いのが「さっぱりとした洗いあがり」のもの。

しかし乾燥肌の人にとっては、そういった洗顔料は「さっぱり」を通り越してツッパリ感を感じる人もいるのではないでしょうか。

この洗顔料は固形タイプの洗顔石鹸です。

とことん保湿にこだわって、はちみつやドクダミエキスなどの保湿成分が多く含まれているいわば保湿石鹸

また、肌に悪影響を及ぼす恐れがある化学合成添加物も含まれていません。

洗い上りはしっとりで、ニキビも防ぐ効果もあるんだそう。

石鹸1個で朝晩使用しても3か月ぐらいは使用できるそうです。

乾燥肌【おすすめ化粧水】

DiNOMEN フェイスローション ドライ (乾燥肌用)

乾燥肌に悩む男性のために作られた、徹底保湿をも目的とした化粧水です。

パッケージを見てみると外国製かな?と思いますが実は日本製。

日本人の肌に合った純国産性の化粧水で、Q10やヒアルロン酸配合。

他に肌の老化防止や美肌効果も期待できるフラーレンという成分も配合されています。

乾燥ケアだけではなく、老化防止や美肌ケアも兼ねているのならばぜひ試してみたいですね。

乾燥肌【おすすめ乳液】

BULK HOMME THE LOTION 乳液

「肌の乾燥は気になるけれど、乳液はベタベタしそうだからちょっと…」という人にはこの乳液がおすすめです。

さらさらなつけ心地なのに、保湿はしっかりしてくれるスグレモノ。

緑茶やリンゴエキスや温泉水など、こだわりの7種の美容成分が配合されていて、強く優しく肌を守ります。

一度使ったら他の乳液は使えなくなった!というリピーターも。

敏感肌(デリケート肌)【おすすめ洗顔料】

シャボン玉石けん メンズシャボン フェイシャルソープ

敏感肌向け石鹸と言えば、シャボン玉石鹸!そんなシャボン玉石鹸の男性向け洗顔料です。

肌に負担をかけてしまうとされている酸化防止剤・海面活性剤・香料などは無添加。

「泡立ちは少ないのでは?」という心配は不要の泡で出てくるポンプ式なのも嬉しいですね。

敏感肌(デリケート肌)【おすすめ化粧水】

ZIGEN (ジゲン) オールインワン フェイスジェル

肌荒れも嫌だし、忙しくてケアをしている時間がない!という忙しい敏感肌さんには、オールインワン化粧水がおすすめです。

浸透力に優れたジェルタイプの化粧水で、アルコールフリー・香料も無添加。

そしてなんといっても嬉しいのがオイルフリーな点。

オールワン化粧水でありがちなベタベタはなく、さらっとした使い心地なんだそう。

敏感肌(デリケート肌)【おすすめ乳液】

MINON MEN(ミノン メン) 薬用フェイスミルク

日本の製薬会社が敏感肌のために作った「ミノン」

ボディーソープが有名ですが、男性用の基礎化粧品も作っています。

アルコールやパラベンなどの添加物は除去し、ビタミンEなどの肌の酸化・老化防止が期待される成分を配合。

敏感な肌を優しくケアしながらも、しっかりと保湿してくれる乳液です。

カミソリ後に使用するのもおすすめです。

肌のキレイは七難乗り越える!

寝転ぶ男性

きめの整ったキレイな肌は、それだけで清潔感や誠実さなどの第一印象を相手に与えることもできます。

反対に肌の乱れは心や生活習慣の乱れと見られてしまうことも。

仕事もプライベートも充実したものにしたければ、まずは男性もお肌のケアを始めみてはいかがですか。

第一印象で見られる肌を大事にするということは、自分を大切にすることと同じなのです。

きっと日々の努力によって作られたあなた自身の肌は、あなたに自信と輝きを与えてくれることでしょう。