メンズファッション雑誌の選び方を徹底ガイド!年代別・系統別のオススメ雑誌はどれ?それぞれの魅力や付録の有無もご紹介!

お洒落になりたい人にとって、雑誌は勉強ツールと同じです。

最近では男性もファッション雑誌でコーディネートや最新ファッションの情報を得るという方も多いのではないでしょうか。

しかしメンズファッション雑誌と一口にいっても、どんな雑誌を選べばよいか悩んでしまいます。

選び方を考えているだけで、お洒落の道からは遠のいてしまうでしょう。

そこで本記事では、年代別のメンズファッション雑誌の選び方や系統別の選び方、どんな付録があるかなどをご紹介します。

自分が読むべ雑誌選びで、あなたに合ったファッションを手に入れてください。

10代~20代前半にオススメしたい雑誌

高校生や大学生になると、お洒落に興味が出始めたり、周りがお洒落だから合わせたいと思う人が増えてきます。

せっかくファッション雑誌を読むなら、最先端のお洒落コーデや、同年代がしているファッションの参考になるようなコーデがたくさん掲載されている雑誌が好ましいです。

そこで、まずは10代~20代の人にオススメしたい雑誌をいくつかまとめてみました。

FINEBOYS

FINEBOYS(ファインボーイズ) 2019年 07 月号 [今欲しい「Tシャツ」ランキング!/岸 優太]

大学生をターゲットとしている「FINEBOYS」。

ベーシックなコーディネートから、小物足しでお洒落に見せるチョイ足しコーデがたくさん掲載されています。

モデルが着ている洋服も、GUやユニクロなどのプチプラコーデから、ノースフェイスのようなアウトドアブランドを混ぜたシンプルコーデが多数。

比較的コーデが安価なので、真似しやすいのもオススメポイントです。

MEN’S NON-NO

Men's NONNO(メンズノンノ) 2019年 10 月号 [雑誌]

モードからカジュアルまで幅広いスタイルを好むお洒落男子に向けて発信している「MEN’S NON-NO」。

成田凌や坂口健太郎、宮沢氷魚など旬のモデルによる最新コーデがメインです。

また、ハイセンスなコーデからベーシックで取り入れやすい定番コーデまで様々なスタイルが掲載されています。

流行から最先端の尖ったファッションまで幅広いので、系統問わず刺さるのがポイントです。

カジカジ

カジカジ 2019年 08 月号

流行や周りと合わせたファッションではなく、自己流を貫きたいという個性派ファッションの代名詞ともいえる「カジカジ」。

特に、関西の20代を中心に人気を集めています。

カジカジの最大の特徴は、街中にいるお洒落な人のスナップがたくさん載っていること。

個々の個性を尊重しながら、他のファッション誌とは異なるコーデの組み合わせが発見できるのです。

また、もしかしたら自分がスナップされるかもしれないと、載るためにお洒落を極める方も多いそうですよ。

smart

smart(スマート) 2019年 10 月号

ストリートやカジュアル、アウトドアファッションをMIXした個性派ファッションが多く掲載されている「smart」。

カジュアルメインから女子ウケするきれいめコーデまで幅広く収録されています。

しかも、ファッションに必要なバッグやシューズなどの小物類の合わせ方なども掲載されていて、バランスの良いトータルコーデが完成します。

雑誌付録も多く、使える小物が格安で手に入るのも購入者にとって喜ばれるポイントです。

20代後半~30代にオススメしたい雑誌

大学を卒業し、社会人になる方が多い年代。また、ある程度社会に出てワンランク上のオシャレを目指せる年代でもあります。

学生の頃とは異なり、もっと落ち着いた服装をしないといけない、と考えている方も多いでしょう。

社会人になり、私服を着る回数が少なくなったことでより品質にこだわりたいと考えている方も多いはずです。

そこで、20代後半~30代にオススメしたい雑誌をいくつかまとめてみました。

LOADED

LOADED VOL.33 (メディアボーイMOOK)

やんちゃなのにエレガントさのある、大人の“ツヤリズム”を追求した「LOADED」。

スパイシーで上品な印象のコーデが多く、クールに磨きをかけたいオトナ男子にはオススメの一冊

“ツヤリズム”をキーワードに、どこか艶っぽさのある大人の着こなし術が学べます。

若く見えがちなカジュアルコーデも、シックで品のあるハイカジュアルな印象に仕上げてくれるでしょう。

men’s FUDGE

men's FUDGE - メンズ ファッジ - 2019年 10月号 Vol.116

カジュアルでも、ハイカジュアル・トラッドな服装を好む方にオススメの「men’s FUDGE」。

シンプルなコーデなのに、洋服一点一点に味があり、着るだけでお洒落な雰囲気を醸し出してくれます。

こだわりのアイテムやブランドが多く、コーデに使われている洋服は平均2~3万円代とクオリティも高め。

ですが、流行に左右されず長く愛用できるアイテムが多いのが特徴です。

Fine

Fine(ファイン) 2019年 10 月号 [さあ、心地よきアウトドアな世界へ!]

サーフィンが好きな海オトコのためのカジュアルスタイルがたくさん掲載されている「Fine」。

大人サーファーのためのファッションをベースに、海オトコのワードローブや外遊びにオススメの車やバイクなどのアイテム特集もされています。

ファッションだけでなく、アウトドアや海など大人の遊び特集もされていて、自分の趣味の幅も広がります

Safari

Safari(サファリ) 2019年 09 月号 [大人にうれしいデニム&スニーカー!]

LAセレブのような雰囲気のあるお洒落を楽しみたい人にオススメの「Safari」。

シンプルな着こなしなのに、ハリウッドセレブのようなラグジュアリー且つアクティブな印象を引き出してくれます。

アメリカの西海岸を思わせるような、サファリ系ファッションが特徴的。

特に、インパクトのあるジーンズがたくさん掲載されており、ジーンズ好きには堪らない一冊となっています。

40代にオススメしたい雑誌

40代になると家族や子どもができたり、職場であれば多くの部下がいたりするものです。

そうなってくると、あまりにプチプラだったり若すぎるコーデだと浮いてしまいます。

より、大人の男性だからこその色気を出す、エレガント且つ落ち着いた雰囲気のコーデが必要となってきますね。

そこで、40代にオススメしたい雑誌をいくつかまとめてみました。

Men’s Ex

MEN'S EX(メンズイーエックス) 2019年 10 月号 [雑誌]

スーツスタイルでも良い男に見せたいコンサバスタイルを中心にした「Men’s Ex」。

デキる男を作り出す、お洒落なスーツの着方や小物使いがたくさん掲載されています。

しかも、ビジネスシーンだけではなくプライベートでも活躍できるようなジャケットの着こなし方が掲載されているのもポイントです。

さらには男磨きに必要なカバンや靴などの小物使いについても詳しいコーデが載っています。

よりファッションセンスを磨くのに最適なオススメの一冊といえるでしょう。

UOMO

UOMO(ウオモ) 2019年 10 月号 表紙:田中圭 [雑誌]

カジュアルやコンサバコーデでよりハイセンスに見せたいと考えている方にオススメの「UOMO」。

雰囲気のある大人カジュアルからトラッド、オンオフどちらにも対応可能なコンサバまで掲載されています。

海外トレンドや最新コーデも交えて、人気の俳優が着まわす特集では参考になる箇所が多くあるのもこの雑誌の特徴。

男を上げるコーデ術だけでなく、ライフスタイルや小物使いの特集など気になる項目が目白押しです。

好みの系統で雑誌を選ぶ

年代別でファッション雑誌が変わりますが、好みの服の系統によっても読む雑誌は異なってきます

例えば、きれいめやモード系の服装が好みなら、好みの系統のものを読みたいと思うでしょう。

そこで、系統別でオススメの雑誌をまとめてみました。

アウトドア系

GO OUT (ゴーアウト) 2019年 5月号 [雑誌]

最近、キャンプや山登りなどアウトドアを好む男性が急増しています。

アウトドアの場合、普段の服装とは異なり、速乾性に優れているものや動きやすいもの、機能面的に優れているものを選びたいですね。

そんなときは、人気のアウトドアブランドのコーデや新作アイテム・注目のスタイルまで掲載されている雑誌を選ぶのがポイントです。

ファッション情報からアウトドアグッズの情報まで幅広く知りたい方には「GO OUT」がオススメ。

より外遊びをメインに書いてあるものなら「BE-PAL」や「PEAKS」がよいでしょう。

ストリート系

Ollie(オーリー) 2019年 09 月号 [雑誌]

特に若い年代に人気を集めているストリートファッション。

シンプルなアイテムからクセのあるアイテムまで幅広くありますが、着方を間違えてしまうとカッコよく決まらないのがストリートファッションの難しさです。

もちろんセンスも必要ですが、コーデの合わせ方は雑誌で勉強すればセンスがなくても簡単に取り入れられます。

例えば、ストリートファッションの中でも特にスケボーが好きな男性であれば「Ollie」は見応えがあるのではないでしょうか。

スケートカルチャーからファッションの合わせ方まで、丁寧な掲載がファンの心を掴みます。

より、ストリートファッションの最先端アイテムやコーデが知りたいなら、「GRIND」も読んでおきたい一冊ですね。

尖ったアイテムで他の人と差別化させたいならイチ押しです。

他にも、海外のストリートブランドが載っている「SENSE」もよいでしょう。

トラッド系

men's FUDGE - メンズ ファッジ - 2019年 5月号 Vol.112

カジュアル・エレガントの中でも、昔らしい英国紳士の様なスタイリングを好むファッション。

ですが、あまりにトラッドを意識しすぎると時代錯誤を受けたかのような重たい印象になってしまいます。

トラッド系に必要なのは、ある程度現代ファッションに着崩すこと

コーデをMIXすることで、現代ファッションにも溶け込み、モダンでお洒落な雰囲気が醸し出されます。

着崩すとなると難しい印象がありますが、「men’s FUDGE」や「Men’s Ex」に載っている通り、着回しが利くベースアイテムを見つけることが重要です。

付録付きだったらどんなものがある?

最近WEB雑誌が増えている中、物販だからこそ欲しい付録。

雑誌一冊当たり600~1000円あたりが相場ですが、どんな付録が付いてくるのか気になります。

そこで、どんな付録があるのかまとめてみました。

カバン

smart(スマート) 2019年 11 月号

付録でカバンと聞くと、値段が安いこともあり質やデザインなど心配になってしまいます。

ですが、付録についてきたカバンは品質も高く丈夫なものも多いようです。

2019年9月25日発売の「smart」11月号ではXLARGEのショルダーバッグが付録だそう。

サイズもW上300:下200×H195×D135mmで実用的なサイズ感が嬉しいですね。

しかも撥水加工が施されていて、傷や汚れにも強いタフなデザインだと注目を集めています。

腕時計

学校や仕事、プライベートに欠かせない腕時計。

普通であれば、別途腕時計を購入することが多いのですが、付録で付いてくるとなると気になります。

「smart」10月号では、24KARATSの腕時計が付録でついてきました。

シンプルなデザインと日常の生活防水加工が施されている機能的な腕時計。

バンドも柔らかくて巻きやすい上に、フェイスも丁寧に作られています。

クオリティとしても付録で付いてくるようには見えません

Tシャツ

バッグやポーチなどは付録としてついてくるイメージがあるものの、最近では“Tシャツ”までもが付録で付いてくる時代です。

UOMOの2019年10月号では、フルーツ オブ ルームのクルーTシャツが付録としてついてきました。

いつでもどこでも使える定番の白Tシャツで、デザインも日本人にフィットするようなこだわりのラインで作られています。

価格も1000円とかなり高コスパなこともあり、話題を呼びました。

なりたい姿を想像する

サングラス 若い男性

雑誌を選ぶ上で、年齢や系統も大事であることをご紹介しましたが、雑誌を選ぶポイントはそれだけではありません。

それは、“なりたい姿を想像すること”です。

好みは理解できても、自分のなりたい姿・目指したいスタイルが確立されていないと、どうしてもブレてしまいます。

しっかりと確立してから雑誌を選ぶと、より具体的にイメージが湧いてコーディネートの応用も利くようになるでしょう

まとめ

雑誌選びは、まさに自分の個性との向き合いです。どんな系統が好みなのか、どんな服装が好みなのかは個々によって様々です。

自分の年齢や好みの系統を知ることで、少しでも好みのお洒落に近づけるのではないでしょうか。

お洒落を極める男性にとって、必要なバイブルであるからこそ自分に合う一冊を是非見つけてほしいものです。

そして毎日のコーディネートに磨きをかけ、オシャレ男子を目指してください。

ファッションの最新記事8件