メンズにおすすめのヘアオイルを紹介!男こそ使うべき理由は?大人髪に合うのはどんなタイプ?頭皮ケアに効果的な使い方を知ろう!

パサつきやすい髪や頭皮、くせ毛や天パに悩む男性は多いです。日々のヘアケアにヘアオイルを使用してみてはいかがでしょうか。

ヘアオイルを使う女性は多いですが、男性こそヘアオイルを使うのをおすすめします。

ヘアオイルの種類や選び方、基本的な使い方を始め、大人髪に合うヘアオイルや頭皮ケアの方法などをご紹介します。

驚くほど髪がサラサラつややかになる方法をチェックしていきましょう。

ヘアオイルがメンズにおすすめな理由をチェック!

ヘアオイルの持つ効果を知るとメンズにおすすめな理由がよくわかります。非常に多くの効果がありますので、チェックしましょう。

パサついた髪に潤いを与える

ヘアオイルは乾燥しやすくパサつきがちな髪の潤いを閉じ込めてツヤを出す働きがあります。

保湿成分が多いものは潤いを与えてくれますし、美容成分が入っているものは髪に栄養を与えてくれます。

髪がまとまらずに困っていた人や冬場の静電気予防にもおすすめです。

ドライヤーの熱から髪を守る

ヘアオイルはドライヤーやヘアアイロンなどの熱から髪を保護してくれます。

ドライヤーやヘアアイロンの熱によって髪がパサついたり傷んだりするため、ヘアオイルを使ってしっかり髪を守りましょう。

傷んだ髪を補修する

髪は乾燥だけでなくカラーやブリーチ、パーマなどでも傷みます。

お手入れ不足やタオルでゴシゴシとこすったりすることでもキューティクルがはがれてしまいます。

傷んだ髪をヘアオイルを使って補修しましょう。補修成分を含むヘアオイルなら傷んだ髪も少しずつきれいになっていきます。

頭皮のケアができる

ヘアオイルを使うと頭皮の乾燥を防いだり頭皮の余分な皮脂や汚れを浮かび上がらせたりできます。

また頭皮のマッサージに使うこともできますので、髪だけでなく頭皮の健康も維持することができます。

メンズ用ヘアオイルの種類をチェック

メンズ用ヘアオイルの種類を知っておくと選びやすくなります。原料と成分に注目した種類分けを見ていきましょう。

天然由来のオイル

メンズ用ヘアオイルの中には植物を原料とした天然由来のオイルがあります。

日本で昔から使われていた「椿油」も天然のヘアオイルです。

他にもホホバオイル、アルガンオイル、オリーブオイル、ココナッツオイルなどが有名です。

肌や頭皮にも優しく安全性も高いので安心して使えます。

鉱物系のオイル

石油を原料としている鉱物系のヘアオイルもあります。

傷んだ髪をコーティングするシリコーンが入っているものも多く、指通りがなめらかになるというメリットがあります。

またツヤを出したり髪の保護をしたりするのにも役立ちます。

タイプ別のメンズ用ヘアオイルの選び方

髪のトラブルはさまざまなタイプに分かれます。タイプ別に適したヘアオイルの選び方のポイントをチェックしてみましょう。

乾燥しがちな大人髪

20代後半くらいからは頭皮だけでなく髪の毛も乾燥しやすくなります。

肌の水分量や皮脂量は年齢とともに減少していくため、歳を重ねるごとに髪の毛もぱさつきやすくなってしまいます。

髪のパサつきを解消したいという場合には天然成分のヘアオイルがおすすめです。

頭皮のケアにも使えるため、頭髪環境を整えるには最適です。

くせ毛や天パの人

くせ毛や天パの人は水分や湿気の影響を受けやすいため、シリコーン入りのものを使うと良いでしょう。

天然オイルでも毎日使うことで髪質が徐々に改善されていきますが、即効性を求めたい場合はシリコーン入りのものを選びましょう。

またくせ毛用のヘアオイルも販売されていますので、チェックしてみるとよいでしょう。

髪が傷んでいる人

髪が傷んでいる人は補修成分が多く含まれているものを選びましょう。

傷みがひどい場合にはシリコーン入りのものでコーティングするのがおすすめです。ダメージヘア用のオイルも販売されています。

また傷んだ髪をしっかりケアしたい場合は髪の内側までしっかり浸透してくれる植物オイルが良いでしょう。

植物オイルは使い続けることで髪が徐々に補修されていきます。

頭皮ケアもできるヘアオイルの効果的な使い方

ヘアオイルの基本的な使い方や頭皮ケアの方法などをご紹介します。

動画を見ながら行えば正しい方法で使うことができますので、毎日のヘアケアに取り入れてみましょう。

髪のパサつきを防ぐヘアオイルの使い方

基本的な使い方はシャンプーのあと、ドライヤーの直前です。量やなじませ方などを動画でチェックしましょう。

  1. シャンプーをしたあとにタオルドライする。ドライヤーをかける直前の状態にする。
  2. 手のひらにヘアオイルを適量とる。
  3. ヘアオイルの量は多すぎないようにする。ショートからミディアムヘアなら1〜2滴程度。
  4. 手のひらにしっかりとオイルを広げてなじませる。指の間にもしっかりと。
  5. 髪の中間から毛先にかけてしっかりとなじませる。ムラの無いようにする。
  6. 前髪は最後に残ったオイルをなじませる程度でOK。
  7. ドライヤーで乾かして終了。

頭皮ケアにおすすめなヘアオイルの使い方

シャンプー前にヘアオイルを頭皮になじませることで汚れや余分な皮脂を落としやすくなります。

植物性の天然オイルを使いましょう。動画の中では椿オイルを使っています。

  1. ティースプーン1〜2杯程度のオイルを小皿にとっておく。
  2. オイルを指先で取り、指の腹を使って頭皮になじませていく。
  3. その時に軽く指先でマッサージしておくとよい。爪を立てないこと。
  4. 全体的に「外側→頭頂部」に向かって指を滑らせてなじませる。
  5. 5分程度そのまま置いて、汚れが浮き上がるのを待つ。
  6. その後ぬるま湯で予洗いをしてからシャンプーをする。
  7. シャンプー後は清潔なタオルで拭き、ドライヤーをかける。
  8. ドライヤーは上から下に向けて風を当てながら乾かすこと。
  9. 頭皮用の保湿ローションなどを使うとさらに頭皮がしっとりするのでおすすめ。

くせ毛や天パの人のヘアオイルの使い方

くせ毛や天パの人はぜひドライヤーの前にヘアオイルを使いましょう。

ヘアオイルを使ったあとのドライのやり方を動画でご紹介します。プロの美容師のテクニックを手に入れましょう。

  1. ヘアオイルを髪全体になじませ、一度クシでといておく。
  2. 頭頂部は手とドライヤーを両方振りながら乾かす。
  3. 次に前髪を乾かす。クセの流れと反対方向に引っ張りながら乾かす。
  4. ある程度乾いたら流したい方向に流しながらやや引っ張りながら乾かす。
  5. クシでときながら乾かせるとベター。
  6. 前髪が割れてしまう場合は割れる部分の生え際を押さえながらドライヤーを当てる。
  7. 熱風と冷風を繰り返しつつ、髪を押さえながらドライヤーを当てていく。
  8. 後ろも髪を引っ張りながら乾かしていく。

メンズ用ヘアオイルの選び方をチェック!

香水を持つ男性髪質に合ったものを選ぶ以外にも以下のような点に注意しながらヘアオイルを選びましょう。

選び方のポイントをまとめておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

男性用・女性用の区別なく選ぼう

男性専用というヘアオイルはあまり多くありません。

女性用のヘアオイルでも問題なく使えますので、男性用・女性用という区別なく選びましょう

含まれている成分や髪質に合ったものをチェックして購入すれば大丈夫です。

刺激の少ないものがおすすめ

敏感肌の人や頭皮が乾燥している人などは刺激が少ないものがおすすめです。

ノンシリコンシャンプーを使っている人はシリコンを含んでいないものを購入しましょう。

また鉱物系よりも植物性のヘアオイルの方が頭皮への刺激は少なくなります。

香りも重要なポイント

香りも重要なポイントです。強すぎる香りはむしろ敬遠されますので注意してください。

ほんのり香る程度のものを選ぶとよいでしょう。香りが気になってしまう人は無香性のものがおすすめです。

価格をチェック

ヘアオイルを購入する際には価格もチェックしましょう。もちろん価格が高いものの方が品質が良い場合が多いです。

ですが、ヘアオイルは1度使って終わりというタイプの商品ではありません。

1回の使用量は多くないためランニングコストは非常に良いですが、毎回価格の高いものを購入するのは経済的ではありません。

継続しやすい価格のものを選ぶと良いでしょう。

口コミをチェック

ヘアオイルは実際に使ってみなければ良さはわかりませんが、事前に口コミをチェックすると参考になります。

口コミには良い内容も悪い内容もありますが、どちらの意見も参考にしながら選ぶと良いでしょう。

また自分の髪質に近い人からの意見を積極的に取り入れるのがおすすめです。

ヘアオイルを使うときの注意点もチェック!

ヘアオイルを使うときに注意したいポイントをチェックしましょう。

タオルドライをしてから使う

シャワー後の男性ヘアオイルを使うベストなタイミングはドライヤーの前ですが、しっかりとタオルドライをしてから使いましょう。

ビシャビシャに濡れている状態では髪にしっかり浸透しません。

乾いた髪に使うと効果が半減

乾ききった髪に使うと浸透しにくくなるため効果が下がります。またベタつく原因になりますので注意しましょう。

ただし中にはスタイリング剤代わりに使えるヘアオイルもあります。

つけすぎないように注意する

つけすぎてしまうと油っぽくなります。2〜3滴程度で大丈夫です。ショートヘアなら1〜2滴でも十分な量です。

手のひらでしっかりと広げてからつけましょう。

しっかり全体になじませよう

オイルを手にとって上からなでつけるような付け方では十分な効果は得られません。

内側の方まで含めてしっかりと全体になじませましょう。中間から毛先にかけてのパサつきやすいところにつけるのがポイントです。

前髪はつけすぎると重くなる事があるので注意してください。

まとめ

清潔感のある男性ヘアオイルは乾燥してパサついた髪はもちろん、ダメージヘアにも日々のヘアケアにも使える便利なアイテムです。

頭皮の健康維持にも使えるため、ぜひヘアオイルを購入してみましょう。

ヘアオイルの種類や香りなどさまざまなものがありますので、自分に合った商品を見つけるのも楽しんでみましょう。

 

ヘアケアの最新記事8件