縮れ毛をとかす男性

メンズパーマの種類や簡単セット方法を徹底解説!初めてでも失敗しない!男らしさやオシャレ感を演出しよう!

いつもの髪型にはもう飽きた!オシャレな髪型にしたい!

そんな思いから初めてパーマに挑戦する方もいるでしょう。

自分にはどんな髪型が合うのか、セットの仕方や使う整髪料は何が良いのか、美容院のセットと同じようにできるのかなど不安がつきものです。

今回はパーマ初心者の方必見!パーマの種類や誰でもオシャレにきまる簡単セット方法を徹底解説します。

パーマの種類

ボサボサ髪の男性

パーマは使用する用具によっていくつかの種類に大別されます。

パーマの種類を知っておけば、自分が望んでいるのはどのパーマなのかが分かり、カウンセリングがスムーズに進むでしょう。

今回は代表的なパーマを3種類ご紹介します。

コールドパーマ

一般的に「パーマ」と呼ばれるものの多くはコールドパーマを指しています。カラフルなロッドやピンで髪を巻いて癖付けするパーマです。

ロッドの太さやパーマ剤の強度、放置時間によってパーマのかかり具合を調節します。

後述するデジタルパーマやアイロンパーマ、あるいは縮毛矯正ほどの強度はありません。

そのため、これらのパーマをかけた部分にはコールドパーマで癖付けするのは困難です。

デジタルパーマ

メンズのパーマとしてはあまりメジャーではありませんが、パーマが長持ちするため人気があります。

コールドパーマよりも薬剤が強力で、個々のロッドに電熱を与えていくのが特徴です。強度としては縮毛矯正に近い癖付け力があります。

デジタルパーマをかけた髪にはコールドパーマがかかりにくくなりますので、パーマヘアを継続したい場合は注意が必要です。

アイロンパーマ

デジタルパーマと同じく、縮毛矯正と同等の強力な薬剤を使います。

細いヘアアイロンを使うため、ロッドでは巻けない短い髪の方でもパーマがかけられます。

歴史は長いのですが、コールドパーマやデジタルパーマの技術が進歩したことにより、今はあまり使われなくなりました。

アイロンパーマもコールドパーマがかかりにくくなります。

パーマスタイルの簡単セット方法

美容院ではオシャレな仕上がりだったのに、いざ自宅でセットしてみるとまるで別の髪型のように見えてしまうのは避けたいものです。

かけたてのパーマが再現でき、思い通りのスタイリングが叶うセット方法を知っておきましょう。

髪を濡らす

スタイリングの前に髪を濡らしておきましょう。

明らかにパーマとは違う癖、つまり寝癖があればオシャレになるはずがありません。ウェットにして不要な癖を取り除きます。

またコールドパーマの場合は髪を濡らすことでパーマの癖が復活します。セットする前にパーマのカールを初期状態に戻すことが大切です。

髪を濡らす際はシャワーで全体的に濡らしても良いですし、霧吹きを使ってもOK。

ただしいずれの場合も、髪の根元までウェットな状態にすることを心がけましょう。

髪を乾かす

シャワー後の男性

濡れた髪は乾いていく過程で癖を記憶します。だからといって強い温風で一気に乾かそうとしてもセットはうまくいきません。

まずは濡れた髪の水分をタオルで吸い取りましょう。

パーマをかけたあとの髪はとても痛みやすいため、ドライヤーの熱を当てる時間を少しでも短くする目的があります。

続いてドライヤーを使って乾かします。風の強さは「弱」、ブラシなどは使わずカールした髪の形を崩さないようにします。

カールを手の中で優しく握るようなイメージです。

まずはトップを乾かします。

髪の根元を立ち上げるように指を差し込んで乾かすことで、頭頂部にボリュームが生まれ、オシャレ感がグッとアップします。

続いて乾かしにくいバック、最後にサイドを乾かします。

重要なのは「根元しっかり・毛先は軽く」です。

根元が濡れていると、時間が経ってからボリューム感が損なわれて印象が変わってしまいますし、悪臭の原因にもなります。

完全に乾かしましょう。

一方、毛先は少し濡れている程度にしておきましょう。こうすることで強いカールを保ったままセットができます。

整髪料の使い方

整髪料は、根元のボリュームとパーマの癖を維持させるために使います。

まず手のひらにとって両手のひらに伸ばし、髪の表面の毛を手のひらで散らすようにして大雑把につけていきます。

続いて指を髪の根元に差し入れてボリュームを出します。カール部分は優しく握りつぶす感覚です。

潰しすぎると整髪料が沢山ついてしまい、ベトついた印象を与えるので注意しましょう。

最後に指先を使って毛先に流れを出していきます。

美容院のセットを思い出し、大きく動かしたい場合は根元に近い部分から、細かい流を出したいときは毛先だけに整髪料をつけて整えれば完成です。

パーマセットにおすすめの整髪料

髪をかきあげる男性

どんなイメージでセットしたいかによって、使う整髪料が変わります。

カジュアルに仕上げるならワックス、ビジネス向けならウェットなルックスになるジェル、というように使い分けましょう。

ワックス

通常のワックスからファイバーインワックスまで、様々なワックスが市販されています。

パーマを保持する強度が欲しければファイバー入り、もしくはハードタイプのワックスがおすすめです。

もし髪が傷んでパサツキが目立つようであれば、ツヤ感が出せるワックスが良いでしょう。

ワックスは洗い残りがあると髪を痛めてしまいます。

シャンプーを使った洗浄は2回行うようにすると、ワックスの油分が残らずダメージを与えにくいといえます。

ジェル

短髪で刈り上げ+パーマというスタイルの方に好相性なのがジェルによるセットです。

ジェルはスタイル保持力が強く、強風でも吹かない限りスタイルが崩れにくいのがメリットです。

その反面、スタイリングに時間がかかってしまうと、完成する前に髪が固まってしまうことがあります。

手早くスタイリングできる方や髪が短くてセットに時間がかからない方におすすめします。

ヘアケアの最新記事8件