メンズのソフトモヒカンのヘアスタイル、頼み方、セット方法まで徹底紹介!ツーブロックとの違いとは?ウルフとも相性抜群!

ベリーショートヘアの代表格ともいえるソフトモヒカンには非常に多くのバリエーションがあります。

ガッツリ短く刈り込んで立たせるというだけでなく柔らかい印象になるようなスタイルもありますので、自分に合った髪型を見つけましょう。

ソフトモヒカンとツーブロックの違いやウルフカットとの相性、さらに頼み方やセット方法のポイントなどをご紹介します。

ソフトモヒカンのヘアスタイルにはバリエーションがある

髪の毛を触りながら幸せそうな男性ソフトモヒカンと一口に言ってもかなり多くのバリエーションがあります。

長さや髪の上げ方など、さまざまなソフトモヒカンを見ていきましょう。

全体的にやや長めながら爽やかなソフトモヒカン

 

この投稿をInstagramで見る

 

LIPPS銀座並木通り代表 ながた【メンズヘア】さん(@lipps_nagata)がシェアした投稿 – 2019年 8月月14日午後6時21分PDT

全体的にやや長めで、ツンツンに立たせるのではなくナチュラル感をキープしながら髪を立ち上げているソフトモヒカンです。

ソフトモヒカン初心者にもおすすめできるスタイルだといえます。

フェードカットでかなり短くしたソフトモヒカン

https://www.instagram.com/p/B09gdLHnYui/?utm_source=ig_web_copy_link

サイドとバックをフェードカットにしているため、かなり短く見えるソフトモヒカンです。

フェードカットは下の方から上に向かって徐々に長くなっていく刈り上げ方のことです。

特にこの写真では地肌が見えるくらいの「スキンフェード」という刈り方をしています。

夏などの暑い時期にはぜひ取り入れてみたいさっぱりとしたソフトモヒカンです。

全体を前に流すような「ジェットモヒカン」も人気

 

この投稿をInstagramで見る

 

そーいちさん(@so___kun)がシェアした投稿 – 2019年 8月月9日午前5時31分PDT

全体的に髪を前に流すようにしながらセットする「ジェットモヒカン」も非常に人気の高い髪型です。

髪に流れをつけるのでセットもしやすく見た目もよいというのがメリットです。

ソフトモヒカンはウルフカットとの相性も良い

ソフトモヒカンはウルフカットとの相性も良いのが特徴です。

サイドが短いのですっきりとしたシルエットのウルフカットになります。

ウルフカットとソフトモヒカンの相性

ソフトモヒカンはサイドは短く、センターは長めで髪を立たせるというスタイルです。

ウルフカットは前は短く、後ろに向かって長くする髪型なので、お互いの髪型がぶつかりあうことがありません

通常のソフトモヒカンよりも前髪がやや短めになることがありますが、センターを立たせてサイドが短く後ろが長めというヘアスタイルになります。

ウルフカット&ソフトモヒカン

 

この投稿をInstagramで見る

 

@garden_machida_tokyoがシェアした投稿 – 2018年 5月月23日午前4時53分PDT

サイドをかなり短くしたツーブロックスタイルのソフトモヒカンで、後ろの長いウルフカットにしています。

全体的に髪が長めなので、サイドの短さが際立っています。

ソフトモヒカンとツーブロックの違いは?

美容院ソフトモヒカンとツーブロックは全く違う髪型ですが、組み合わせて「ツーブロックのソフトモヒカン」という髪型にすることもできます。

それぞれの髪型の違いと、組み合わせた時の例を見ていきましょう。

ツーブロックとは

ツーブロックは一般的にはサイドやバックの内側の髪を刈り上げて上から外側の髪をかぶせるヘアスタイルだと考えられています。

そのため全体的に髪の短いソフトモヒカンでは髪をかぶせることができないのではないかという疑問が生まれます。

ですが実際にはツーブロックは髪の長さの異なる2つのパートからなっていればよいので、髪がかぶさる必要はありません。

サイドとトップの髪の長さに差がついていればツーブロックになるため、ソフトモヒカンでツーブロックにすることが可能です。

ツーブロック×ソフトモヒカンを写真でチェック

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田圭悟 keigo yamada 💈✨💈✨💈✨💈✨💈さん(@hairsalonyamada0609)がシェアした投稿 – 2019年 8月月11日午前1時42分PDT

サイドをかなり刈り上げており、トップの髪の毛と大きく差ができています。

このような髪型ならば多少髪が伸びてきてもサイドが広がらずにうまくまとまります。

美容室でのソフトモヒカンの頼み方とポイントをチェック

美容室でソフトモヒカンをオーダーするときには「全体的な長さ」「サイドとバックの長さ」の2点をポイントにするとよいでしょう。

全体的な長さとサイド・バックの長さを伝える

「ソフトモヒカンでお願いします」と伝えると、どんなソフトモヒカンをイメージしているのかがわかりません。

周りをガッツリ短くしてトップをツンツンに立たせるのか、ある程度長めの毛束感をもたせた髪型にするのか、イメージを伝えることが大切です。

写真を見せれば確実

自分の希望を言葉で伝えるというのは非常に難しいことです。

言葉で説明するだけで他者に自分と全く同じイメージを共有させるということは不可能に近いでしょう。

そのため、ヘアカタログなどの写真を見せるのが最も確実な手段です。

TwitterやInstagramで「ソフトモヒカン」と検索すれば非常に多くの写真が出てきます。

自分の希望するスタイルのものを見つけて美容師さんに見せるとよいでしょう。

ソフトモヒカンのセット方法を動画でチェック

散髪する男性

ソフトモヒカンのセット方法を動画でチェックしてみましょう。

ベリーショートのソフトモヒカンと、やや長めのソフトモヒカンの2種類を動画でご紹介します。

スキンフェード×ソフトモヒカンのセット方法

サイドとバックをスキンフェードにしたソフトモヒカンのセット方法です。

男らしく精悍なイメージにするため、しっかりと立ち上げましょう。全体的に前に流れを作ったジェットモヒカンに仕上がっています。

  1. 濡らした髪をドライヤーで8割程度まで乾かしておく。
  2. そこから髪を前方に流すようにドライヤーを当てる。
  3. 前髪から真ん中のラインは根元から熱を当てて立ち上げるようにする。
  4. 髪の毛は冷えたときに固まる性質があるので、ドライヤーで全体的な形を作ること。
  5. ワックスを手に取り、手を左右に振るようにしながら髪全体になじませていく。
  6. 刈り上げとの境目にもつけること。
  7. あらかじめドライヤーで付けた型に合わせて整えるようにセットする。
  8. 前髪を立ち上げ、トップにボリュームが出るようにする。
  9. 前髪のサイドは中央につなげるようにする。

長めのソフトモヒカンもセットは簡単!

刈り上げをしていない長めのソフトモヒカンのセットを見ていきましょう。

基本的なセットの手順は短いソフトモヒカンとそれほど変わりません。

ドライヤーで型をつくり、整髪料を付けて形を整えて完成です。

ただし髪が長めなので毛束感を出したり毛先を遊ばせたりという工夫ができる髪型です。

  1. 濡らした髪をドライヤーで乾かしていく。
  2. このときに髪を流したい方向に頭を傾けておくと癖をつけやすい。
  3. モヒカンライン(黒目と黒目の間の幅)は立ち上がるように根元から温風を当てる。
  4. ハチ周りは膨らまないように抑えながら温風を当てる。
  5. ワックスを手にとって毛の中間から毛先にかけて全体にまんべんなく付けていく。
  6. 全体にワックスをなじませたら髪をおろしつつ形を整える。
  7. 大きな毛束は割きながら全体のシルエットを作っていく。
  8. ハチがふくらまないように指先で押さえるのがポイント。

ソフトモヒカンに最適な整髪料をチェック

ソフトモヒカンのセットをするときに最適な整髪料をチェックしていきましょう。

ワックスが一般的ですが、それ以外にも使える整髪料があります。

ワックスが一般的

ワックスは動きや毛束感を出しやすいため、ソフトモヒカンに限らず非常に重宝する整髪料です。

ソフトモヒカンはしっかりと髪を立ち上げる髪型なので、セット力の強いハードなワックスを使うと良いでしょう。

マットタイプかウェットタイプか

ワックスにもさまざまなタイプがあります。

ツヤを出したいときにはウェットタイプを、ツヤを出したくないときにはマットタイプを使うとよいでしょう。

ジェルを使ってカッチリさせるのもアリ

ワックスではなくジェルを使うというのも方法の一つです。

ジェルを使うとカチッと固まるのが特徴です。ツヤを出しつつしっかり固めたいという人におすすめです。

またワックスとジェルを手のひらで混ぜて使うという方法もあります。

その場合、ジェルはワックスの半分量をとり、ワックス→ジェルの順で手に乗せて混ぜ合わせます。

髪型をしっかりキープさせたいときにはハードスプレーを

髪型を一日中しっかりキープさせたいという場合には、セットし終わった髪にハードスプレーをかけておきましょう。

スプレーのホールド力にもバリエーションがありますので、絶対に崩したくない!という人はスーパーハードタイプを選びましょう。

ソフトモヒカンのセットにはヘアアイロンがあると便利!

ソフトモヒカンのセットをするときにヘアアイロンがあると便利です。

特にストレートアイロンは髪の毛を立ち上げるのに非常に重宝します。

ヘアアイロンならすばやく立ち上げられる

ヘアアイロンはドライヤーよりもすばやく髪の毛を立ち上げることができるので非常に便利です。

またスパイラル風に髪をカールさせたり毛束感を出したりするときにも使えるので、1つ持っていてもよいでしょう。

ヘアアイロンを使ったソフトモヒカンのセット方法

ヘアアイロンを使って毛束感を出しながら髪を立ち上げるソフトモヒカンのセット方法を見ていきましょう。

アイロン→ワックス→完成というシンプルな流れなので簡単にセットできます。

  1. トップから前に向けてアイロンを倒すようにしながらCカールを作る。
  2. トップを高めにし、徐々に角度を下げながらカールを作っていく。
  3. 前髪は頭皮に垂直になるように上向きのカールを付けていく。
  4. サイドは外ハネ・内巻きのどちらでもよいので前髪中央につながるようにする。
  5. バックは内→外で巻いていき、ふんわりボリュームが出るようにする。
  6. ワックスを手に取り、髪全体に均等になるようにしっかりとなじませる。
  7. 全体になじんだらアイロンで付けたクセに沿ってアウトラインを整えていく。
  8. 太めの毛束は細く裂くようにしながら整えていく。
  9. 最後にヘアスプレーを使って髪型をキープさせる。

まとめ

顔をチェックする男性ソフトモヒカンはさまざまなバリエーションを楽しむことができる髪型です。

全体的なシルエットやサイド・バックの長さ、ツーブロックにするかどうかなど、非常に奥が深いため追求する楽しみもあります。

女性からも「爽やか」「男らしい」と好評なヘアスタイルですので、ぜひ自分にあったソフトモヒカンのスタイルを見つけてみてください。

ヘアケアの最新記事8件