メンズヘアにハイライトを入れる方法を徹底解説!ハイライトが似合うヘアスタイルやアレンジは?カラーと部位にもこだわろう!

お気に入りの髪型や髪色にすると、なんだか気分まで上がるもの。

自分に自信が持てる!と感じる方も多いのではないでしょうか。

当記事では、カラーリングの中でも「ハイライト」について解説いたします。

いつものカラーリングに飽きた、単色だと何だか違和感が出てしまう…。そんなお悩みをお持ちの方はもちろん!

ハイライトに興味があるけれど正直よく分からないという方へハイライトの魅力をお伝えしていきましょう。

ハイライトってそもそも何?

ハイライトとは…?


「ハイライト」とは、全体の髪色よりも明るい色をポイント的に、かつスポット的に入れて染めていくもの。

「メッシュ」と呼ぶ方もいますね。ハイライトを入れることで立体的に魅せてくれるので、小顔効果が期待できます。

また、全体に動きを出したいときにもよくおすすめされます。

メンズヘアにハイライトを入れる方法は?

美容室でもご自宅でも


元々ヘアカットも自分でこなしてしまうような、いわゆる「セルフ派」の方もいます。

もちろん、美容室でプロに仕上げてもらうと安心感がありますが、ハイライトは自分でも手軽に入れることができるのをご存じですか。

自分で入れれば、低予算好きなときにできます。

それぞれの方法を順に見ていきましょう。

セルフ派の方へおすすめ!ハイライトの入れ方

まずは、必要なものを揃えましょう。ブリーチ液、コーム、アルミホイル、鏡は必須です。ヘアキャップもあれば用意しておきましょう。

敏感肌の方は、手が荒れないようにビニール製の使い捨て手袋等もあると良いですね。

紙の色を明るくしたい部分にブリーチ液を塗布し、アルミホイルで丁寧に包んでいきます。後方は鏡でよく確認しながら行ってください。

ハイライトを入れたい部分全てに塗布し終えたら、そのまま10分~15分時間を置きます。

このとき、温めるとはやくブリーチ剤が浸透しやすくなります。

ヘアキャップをかぶっても良いですし、ドライヤーの弱モードで少しだけ風をあてても良いでしょう。

一番最初に塗布した髪の毛のアルミホイルを外し、髪色をチェックしていきます。

自分の染めたい色合いになっていたら、洗髪し髪を乾かして完了です。

自宅で行う場合は、洗面台等が汚れないよう、新聞紙を敷く等気をつけて行うのがおすすめです。

美容室ではどのようにオーダーするべき?

せっかくお金時間をかけてプロに依頼するのですから、髪質の悩みや痛み具合も理解してもらい自分の理想通りの仕上がりに近づけたいもの。

その為に、オーダーするときに必ず伝えたいことが3つあります。

自分の理想のハイライトの入れ方や完成形の画像を見せること

言葉だけではなかなか伝わりにくい部分もあります。理想に近い画像を見てもらうことで、より仕上がりイメージを共有しやすくなるのです。

インターネットの画像でも良いですし、雑誌の切り抜き等でも良いでしょう。

どちらもなければ、絵で描きながらイメージを伝えても良いかもしれません。

髪質について自分が思っていることや悩みを伝えておくこと

髪が傷みやすい、猫っ毛、直毛等々、人によって悩みは様々です。髪の特徴を一番知っているのは自分自身。

自分の髪について紹介するように、美容師さんに伝えておくことで、自宅でのケアやセットを視野にいれて施してくれます。

痛んでいる髪にはカラー剤が入りにくいこともあります。

お気に入りの色を長持ちさせる為にも悩みや髪の状態をしっかりと把握してもらいましょう。

普段どのようなスタイリングをしているか、またはどのようなスタイリングをしたいかを伝えること

普段の日常生活では、髪は基本下ろしているのか、それともアップにしているのかによっても微妙にハイライトを入れる部位が異なってきます。

普段しているアレンジや、これからやってみたいアレンジに合わせてハイライトを入れると、より動き立体感を演出できるのです。

ハイライトが似合うヘアスタイルは?タイプ別4選

違う服装の男性

ハイライトが似合うヘアスタイルは様々です。ここでは4パターンに分けて紹介していきましょう。

ロック音楽好きメンズに意外と多い?「マッシュショート×ハイライト

https://www.instagram.com/p/B1RAXoBne0s/

ヘアケアの最新記事8件