メンズに必要な保湿を徹底解説!理想の肌へ近づくために何が効果的?人気のおすすめ化粧品は?乾燥に負けない肌を手に入れよう!

女性が毎日化粧水などを使って保湿をしているのは知っているけれど、自分は保湿をしていないという男性はかなり多いです。

ですが男性こそ保湿をすることが必要です。保湿をすることで乾燥を防ぐのはもちろん、ベタつきやテカリを防ぐこともできます。

またアンチエイジングの点からも保湿をする必要があり、保湿をすることで若々しく保てるというメリットがあります。

理想の肌に近づける効果的な方法おすすめの基礎化粧品などをご紹介します。

男性こそしっかり保湿をしよう!

保湿は女性だけでなく、男性にも必要なことです。保湿をしないだけでかなりのデメリットを抱えることになります。

男性が保湿をすべき理由をチェックしていけば、今すぐ保湿をしたくなること請け合いです。

肌は加齢とともに乾燥する

肌は年齢を重ねるとともに水分を失って乾燥していきます

赤ちゃんのころが最も水分量が多く、そこからどんどん減少していきます。30代以降の男性で乾燥肌に悩む人も多いです。

そのためしっかり保湿をして肌の乾燥を防ぐとともに、肌のバリア機能を高めて外部からの刺激から肌を守りましょう。

テカリやベタつきの原因になる

肌が乾燥すると水分の蒸発を防ぐために皮脂が過剰に分泌されます。

特に30代の男性は皮脂の分泌量が非常に多いため、テカリやベタつきの原因となります。

なお、皮脂の分泌量は30代を超えるとどんどんと減少していきます。

そのため、40代以降でテカリやベタつきが気になる人の多くは肌の乾燥が原因だと考えて良いでしょう。

しっかりと保湿をすることでテカリやベタつきを防いでさらりとした肌を保つことができます。

老けて見られるというデメリットも!

肌が乾燥していくとハリが失われてシワやくすみなどの原因となり、老けて見られるという大きなデメリットがあります。

不規則な生活や栄養バランスなどが崩れている人などは20代でも肌の状態が悪く老けて見られることが多いです。

逆に40代以降でも保湿をしっかりしておくと若々しいつややかな肌を保つことができ、年齢よりも若く見られます。

理想の肌に近づくための効果的な方法をチェック

若々しくハリのある理想的な肌に近づけるための効果的な方法をチェックしていきましょう。

実は保湿の一番のポイントは特別なことではなく、洗顔とその後の保湿ケアで十分です。

基本は洗顔と保湿をセットで行う

日常の肌のケアの基本は洗顔とその直後の基礎化粧品を使った保湿ケアです。この2つは必ずセットにして行いましょう。

洗顔で顔についたホコリ、古い角質や余分な皮脂を落とし、基礎化粧品で水分や栄養分を与えて肌に閉じ込めます。

ただし正しいやり方で行わないと十分な効果が得られませんので、効果的な洗顔と保湿の方法もチェックすることが大切です。

効果的な洗顔方法

https://www.youtube.com/watch?v=z0_LrLW9M9Q

効果的な洗顔の方法をチェックしてみましょう。

  1. 手が汚れていると洗顔時に汚れが残ってしまうため、事前に手を洗っておく。
  2. 顔を十分に濡らしておく。この時点でこすったりしないこと。
  3. 手に洗顔料を適量取り、水をつけながら空気を含ませて泡立てる。
  4. 手のひらを下に向けても落ちないくらいの泡になったら準備完了。
  5. 泡を顔に乗せて転がすようにしながら顔を洗っていく。
  6. 手でゴシゴシとこすらないようにするのがポイント。
  7. 小鼻の周りやTゾーンは指の腹を使って優しく洗う。
  8. 十分な水やぬるま湯を使ってしっかりと泡を洗い流す。
  9. 髪の生え際・顔の縁・小鼻や目の周りなどは泡が残りやすいので注意。
  10. 乾いた清潔なタオルを使い、顔を優しく抑えるようにしながら水気を取る。
  11. ゴシゴシとこすらないように注意。

効果的な保湿の方法

洗顔後の肌に水分を与えるため、タオルで水分を取ったあとにはすぐに基礎化粧品を使って保湿を行いましょう。

使用するものは化粧水→乳液(またはクリーム)→美容液が基本です。

  1. 洗顔後すぐに化粧水をつける。
  2. 化粧水はよく振ってから手に取って広げる。ケチらず十分な量を取ること。
  3. 手のひらで顔を包むようにしながら軽く抑えていく。
  4. 小鼻などは指の腹を使って軽く押さえる。
  5. 化粧水を肌に浸透させるイメージで軽く抑えること。
  6. 2回繰り返すと良い。
  7. 化粧水で補給した水分を閉じ込めるため、乳液を使用する。
  8. 乳液を手のひらに取って広げる。
  9. 乳液も化粧水と同様に手のひらや指の腹を使って抑えるように塗っていく。
  10. 美容液を使用する際も同様に塗っていくこと。

洗顔と保湿の注意点

洗顔と保湿の際には以下の点に注意する必要があります。やり方を間違えると逆効果になるので気をつけておきましょう。

こすらないことがポイント!

洗顔時には手でゴシゴシこすらないことが大切です。

顔を洗うときには洗顔料をしっかりと泡立て、手で直接顔をこするのではなく泡のクッションを使って洗います。

洗顔料を十分に泡立てずに洗うと手で顔をこすることになる上、ダマになっている洗顔料が顔に刺激を与えてしまいます。

タオルで顔を拭くときもこすらずに柔らかいタオルを優しく顔にあてて水分を取りましょう。

化粧水の付け方もポイント

化粧水は多めに手に取ってつけましょう。

化粧水を少なく取ってすりこむように手でこするようにしている人がいますが、これは間違いです。

化粧水が少ないため摩擦が大きくなり、手でこする刺激が肌の乾燥を招いてしまいます。

たっぷり手にとった化粧水を顔に塗ったら手で顔を包みましょう。肌にしっかりと水分を吸収させられるように手で抑えます

パチパチと顔を叩く人がいますが、これも刺激になるのでNGです。

パッティングはしなくてもよいですが、するならば音がするかしないか程度で十分です。

洗顔時に適した水温は

洗顔する男性洗顔には適した水温があります。冷たすぎるのもよくありませんし、熱すぎると肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

32度から35度程度の水よりも少し温かいと感じる程度のぬるま湯がベストです。

肌質に合った化粧品を使う

化粧品にはさまざまなタイプがあります。

脂っぽいからといって思春期用の化粧水などを使うと、皮脂を奪いすぎて肌の乾燥を招いたり皮脂の過剰分泌につながったりします。

肌質に合った化粧品を使うようにしましょう。

メンズにおすすめの保湿用化粧品

メンズ用化粧品メンズにおすすめな保湿用化粧品の選び方をチェックしてみましょう。

洗顔料・洗顔石鹸

洗顔料や洗顔石鹸は肌のタイプに合わせて選ぶのがベストです。

肌のベタつきに悩んでいるという人も乾燥が原因の場合が多いので、まずは保湿力の高いものを選んでみましょう。

未分類の最新記事8件