男性と暗い背景

メンズモデルを募集している事務所や雑誌の探し方を解説!雑誌専属モデルになれる条件とは?ランウェイモデルとの違いもご紹介!

「雑誌に出てくるモデルの仕事がしたい」と考えたことはありませんか。

雑誌の専属モデルになる条件はオーディションに合格するだけではありません。それ以外にもさまざまな条件があります。

今回は雑誌専属モデルになるための条件や事務所・雑誌の探し方をご紹介します。

そもそもメンズモデルとは

そもそもメンズモデルとは、どのような仕事をするのでしょうか。ここではお仕事の特徴についてご紹介します。

モデルとしての仕事

一般的に雑誌やファッションショーというと女性モデルのイメージがありますが、メンズモデルも数多くいます。

男性モデルの仕事は男性向けファッション誌でのお仕事やファッションショーへの出演などです。

人気のあるモデルさんになるとテレビ番組や番組コマーシャルへの出演といった仕事が多くなってきます。

また最近では海外のファッションショーでも活躍される男性モデルの方も増えてきています。

ランウェイモデルとの違い

ランウェイモデルとは、ファッションショーの間に服やアクセサリーなどを身につけてデモンストレーションを行う人です。通常ですとショーモデルとも呼ばれています。

通常の雑誌のモデルですと事務所に所属したりオーディションに合格するといった方法でなれる可能性がありますが、ランウェイモデルには特別なオーディションがありません。

ランウェイモデルとして仕事を行うためにはファッションブランドから声がかかる、著名なファッションデザイナーに認められるなどです。

いずれにしても初めからランウェイモデルになれる方法は存在しません。

芸能事務所やファッションモデルの事務所で仕事をして、ある程度有名になってから声がかかることが多いです。

ランウェイモデルになりたいという方は、まずは雑誌のファッションモデルからスタートする必要があります。

俳優としてのキャリアもある

雑誌に登場する男性モデルの方にはある程度知名度が上がって、俳優として活躍される方が多いです。

代表的な俳優

主な俳優さんでは藤木直人さん坂口健太郎さん東出昌大さんなどがモデル出身として知られています。

俳優としてすっかり定着している阿部寛さんや竹野内豊さんもかつてはモデルとして仕事をされていました。

またバラエティー番組に出演したり、執筆活動でも活躍されている栗原類さんはパリコレクションに出演されたこともあります。

こうしたことから、メンズモデルは芸能界へ入るための登竜門となっています。そのため近年は俳優としてのデビューを目指すために、まずはモデルからスタートされる方が多いです。

メンズモデルになりたいという方は、俳優業の選択肢もキャリアパスに加えてみるといいでしょう。

メンズモデルになるための条件

メンズモデルとして活躍するにはいくつかの条件があります。

顔立ち

男性モデルの場合でも、女性モデルと同様に顔は重要なポイントです。

もちろんイケメンであることに越したことはありませんが、はっきりとした顔立ち目力の強さなどもアピールポイントになります。

そのためスキンケアは欠かすことはできません。顔の掘りが深くなるための顔筋トレーニングをすると引き締まった印象になるでしょう。

肌や髪をケアするだけでもだいぶ違った雰囲気になります。

身長

男性モデルの場合ですと、身長は180cm以上の人が多いです。実際に雑誌モデルの募集要項にも身長175cm以上と紹介されていることがあります。

体型

モデルで重要なことはスタイルの良さです。どんな洋服やブランドでも似合う体形であることが大切です。あまり痩せすぎず、かといって太りすぎない全身にしっかり筋肉のついた体形が好まれます。

バランスのとれた体型を維持するために、筋力トレーニングやランニングなどスポーツをされるといいでしょう。小さい頃からずっとやってきているスポーツがあれば、アピールポイントになります。

また食事や美容にも気を使う必要があります。食事の栄養や美容についての知識を仕入れ、理想的な体型にしていくことが重要です。

個性

モデルの仕事においては、その人自身が商品となります。

そのため、他のモデルさんにはない個性その人だけが持つ魅力が重要なポイントになります。

個性的な魅力やアピールポイントがしっかりあれば、身長が多少低くてもカバーすることができます。

何かしらの光るような特技があれば、今後俳優業など他のキャリアにも活きてきます。

もちろん仕事ですので、関係者に対する最低限のマナー礼儀も忘れてはいけません。

しっかりとわきまえた上で、自分自身の個性を打ち出す必要があります。

メンズモデルに向いている人

トレンドに敏感な人

ひげを剃ることに決めた男性
常に新しい商品やこれから流行するであろう商品を身に付ける職業なので、本人がトレンドに敏感である必要があります。

アパレル関係ではモデル自身が仕事に私服を持ち込むこともあります。

トレンドに対するセンサーが敏感であるほど関係者から使い勝手が良いと見なされ、仕事も増えていきます。

日頃からご自身でファッションに関する研究を怠らないようにすることが大切です。

また国内だけではなく、海外のファッション事情にも気を配るようにしておきましょう。

人前に出るのが好きな人

モデルは、俳優業やタレント業と同じく自分自身が商品価値となる仕事。

雑誌だけではなく、テレビや映画など売れていくほど人前に出る機会が多くなっていきます。

そのため、人前に出るのは恥ずかしいという性格ですと仕事をするのは困難でしょう。

むしろ表舞台へ積極的に出ていきたい方にとってはモデルは適職といえます。

ファッションの最新記事8件