メンズのブレスレットの付け方を解説!ブレスの種類やおすすめブランドは?違う色のブレスや腕時計との合わせ方のコツもチェック

ブレスレットはちょっとしたアクセントをつけるのに最適なアクセサリーです。

しかし、一言でブレスレットといってもその種類はさまざまなのでどんなものを選べばいいのか迷ってしまう人も多いようです。

そこで、今回はメンズ向けブレスレットの付け方や種類、オススメブランドなどを詳しくチェックしていきます。

初めてブレスレットを付ける人はぜひチェックしてみてください。また、どんなブレスレットが良いかわからない人も必見です。

手元にアクセントをつけたいならブレスレットがオススメ


普段のコーディネートにおいて、手元に何かしらのアクセントをつけたいと感じたときに使えるのがブレスレットです。

ブレスレットにはさまざまな素材のものがあるので、いくつか持っておけば日替わりで楽しんだりコーディネートにあわせて付け替えたりすることができるでしょう。

腕時計をつけている人でもブレスレットは使える!

普段は腕時計をつけている人の中には、ブレスレットと時計はあわせられるのだろうか?と考えている人もいるかもしれません。

結論から見ると、腕時計をつけていてもブレスレットをつけて楽しむことができます。

この記事では後ほど腕時計とブレスレットのあわせ方も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

基本の付け方をチェック

それではブレスレットをつけるときの基本を詳しくみていきましょう。基本は以下の2パターンなのでしっかり覚えておいてください。

シンプルなデザインのものを控えめに付ける

本革 編み込み レザー ブレスレット メンズ 革 3連 レディース ペア 人気 バングル アンティーク カップル ブラウン 茶色

最初のパターンはレザーやシンプルなチェーン状のブレスレットを控えめに付けるというものです。

この方法は目立ちすぎることがないためビジネスシーンなどでも使えます。初めてブレスレットを付ける人はこちらから試すのがオススメです。

しっかり主張するなら太めのものを派手につけよう

天然石 ラピスラズリ ヘマタイト マットオニキス メンズブレスレット 《STONE KITCHEN パワーストーン 天然石》

もう1つのパターンはゴールドやシルバー、宝石がついたものをはじめとする派手なデザインのものを付けるというものです。

この付け方はブレスレットを目立たせることができるのでしっかり主張したい場合に最適だといえるでしょう。

個性的なデザインのものもこのタイプになるので選択肢が広がります。ただし、時計と合わせる場合は難しく感じるかもしれません。

派手に付けるスタイルはカジュアルコーデにピッタリなのでぜひ試してみてください。

ブレスレットの素材ごとの特徴をしっかり覚えておこう

メンズ向けブレスレットにはさまざまなスタイルのものがあるのでしっかり覚えておきましょう。

素材によって印象が全く違うので、自分に似合うものやシーンに応じて最適なものを選んでください。

レザー製のものはシンプルで目立ちにくい

[ドクターモンロー] Dr MONROE レザーコードブレスレット シルバー925/レザー ホワイトキュービック RE-22-SV-WCZ

レザー製のものは比較的シンプルな構造のものが多く、ちょっとしたアクセントとしてブレスレットをつけたいときにオススメです。

ビジネスコーデの際につけても悪目立ちすることがなく、シーンを問わず使えるでしょう。

初めてブレスレットに挑戦する場合で、自分にどんなものが似合うのかわからない人もここから始めるのがいいかもしれません。

金属製のものはシンプルなものから派手なものまでさまざま

レヴォ (Revo.) ブラス バングル ブレスレット / メンズ ユニセックス シルバー 真鍮 (Gold Roll)

金属製のものは派手な装飾が施されているものもあれば、シンプルなデザインのものもあります。

基本的に太くなればなるほど派手なデザインのものが多くなり、つけた際にも目立ちやすいのでぜひ参考にしてみてください。

金属製のものを選ぶ場合には以下のポイントを基準にしてみましょう。

  • シンプルなデザインを好む場合や控えめにつけたい場合はバングルタイプのものを検討してみよう
  • 派手なデザインがいい場合は太めでゴージャスなデザインのものをチョイスしよう

また、使われている金属もさまざまでチタン製やゴールド製、シルバー製などがあるので一通りチェックしてみてください。

ゴージャス感を求めるなら天然石が使われているものもオススメ

E-Star オブシディアン ブレスレット パワーストーン 天然石 人間関係 積極性 集中力 魔よけ お守りブレスレット 男女兼用 ギフト包装 12mm

ブレスレットの中には宝石が連なっているタイプのものも存在しています。

このようなものはゴージャス感があるので、派手なデザインが好きな人や宝石が好きな人にピッタリです。

同じような形状のブレスレットでも使われている宝石によってイメージが全く違うので、さまざまなものを比較しながら自分に合うものを探しましょう。

ビーズブレスレットは繊細な雰囲気のものが多い

Wakami ワカミ ブレスレット P.S. Kiss Bracelet アンクレット メンズ レディース ペア ビーズ パーツ アクセサリー ロンハーマン Ron Herman 取扱ブランド

繊細なデザインのものが多いのがビーズブレスレットです。

ビーズブレスレットは使われているビーズによってイメージが異なり、1色のみのシンプルなものもあればカラフルで華やかなものもあります。

ビーズの密度が高いものは質感も良く、高級感があるのでとてもオススメです。

ただし、ビーズブレスレットの中には耐久性が低く破損しやすいものも混ざっているので注意が必要といえるでしょう。

粗悪品を購入してしまわないようにあらかじめしっかりチェックすることが大切です。

メンズブレスレットのオススメブランドを紹介!

続いてメンズブレスレットのオススメブランドをいくつか紹介します。どんなブランドがあるのか知りたい人は必見です!

ここでチェックするブランドは次の通りです。

  1. Lion Heart
  2. CHROME HEARTS
  3. Paul Smith
  4. IL BISONTE
  5. ZOCALO

早速それぞれのブランドの特徴を詳しく見ていきましょう。どれも質感の高いものばかりなのできっと満足できるでしょう。

Lion Heart

ライオンハート(LION HEART) LH HOWL タテガミロールブレスレット【シルバー/フリー】

Lion Heartは繊細なデザインと高級感のある重厚な作りが魅力的なブランドです。

一見するとシンプルな作りのブレスレットでも細部までよく作り込まれているので質感が高く、高級感を求める人にとっては見逃せないブランドです。

また、独特なデザインのものもたくさん販売されているので人とは違うブレスレットを探している人にとってもピッタリといえるでしょう。

CHROME HEARTS

[Chrome Hearts]クロムハーツ メンズ ブレスレット/ID ミニ フローラル クロス ブレスレット

CHROME HEARTSは高級シルバーアクセサリーブランドとして世界的に知られています。

特にワイルドさを重視したアクセサリー作りが魅力的なブランドなので、せっかくブレスレットを付けるならとことん派手にしたいと考えている人にオススメです。

重厚感のあるアクセサリーが多いのでカジュアルコーデにオススメのブランドといえるでしょう。

存在感を重視するならCHROME HEARTSで決まりです!

Paul Smith

(ポール・スミス) PAUL SMITH ブレスレット #M1A BRAC AWRAP 79 並行輸入品

Paul Smithはレザーアクセサリーで有名なブランドです。そのため、レザー製のブレスレットを探している人は見逃せません。

もちろん、レザーだけでなく金属製のアクセサリーもあるので一通りチェックしてみてください。

基本的にPaul Smithは繊細なデザインのものが多いので、高級感を求める人にピッタリといえるでしょう。

IL BISONTE

(イルビゾンテ)IL BISONTE ブレスレット レザーバングル スタップボタン ユニセックス 本革 イタリア製 [並行輸入品]

IL BISONTEも前述したPaul Smithと同様にレザーアクセサリーで有名なブランドです。

基本的にIL BISONTEのアクセサリーはシンプルなデザインでレトロ感があるものが多いので、ビジネスシーンで付けるものを探している人にオススメといえるでしょう。

価格もリーズナブルなものが多いので初めてブレスレットに挑戦する人もぜひ一通りチェックしてみてください。

ZOCALO

ZOCALO ソカロ チェーン・ドージェ・ブレスレットM ZZBLS-0007M

ZOCALOは非常に繊細なデザインのアクセサリーを作っていて、CHROME HEARTSと同様にワイルドさを求める人にオススメです。

古代遺跡をテーマにしたデザインのものもあるので、一風違ったブレスレットを楽しめるでしょう。

高級感・重厚感・独自性を求める人にオススメのブランドなので、個性的なブレスレットを探している人は必見です!

このようにブランドによって方向性が異なっているため、自分好みのアクセサリーをリリースしているブランドを選んでください。

時計との合わせ方を考えてみよう

最後にブレスレットと時計を合わせて付ける際のコーディネートのコツをチェックしていきましょう。

時計と合わせる際に覚えておきたいポイントはカラー・デザイン・素材の3つです。それでは早速コーデのコツを紹介します。

時計と同系統のカラーのブレスレットを選ぶと統一感が出る

カラーは全体のイメージを決める重要なポイントです。

時計とブレスレットを同系統のカラーのもので揃えると統一感が出て洗練された印象になるでしょう。

なかなか自分にピッタリの合わせ方がわからないという人は、まずこの同系統のカラーで統一するコーディネートに挑戦してみてください。

時計とブレスレットのカラーを変えるとアクセントとして最適

逆に手元をコーディネートのアクセントとして目立たせたい場合は、時計とブレスレットのカラーを変えるのがオススメです。

時計はブラック、ブレスレットはシルバーなどのように違う系統のカラーをチョイスした場合は程よく目立つので存在感をアピールしたい際に最適といえるでしょう。

派手な時計を付けるならブレスレットも派手にしよう

時計が派手なデザインのものである場合、ブレスレットがシンプルだとあまり目立たなくなってしまいます。

そのため、せっかく付けるなら派手なデザインのブレスレットで強調するのがいいでしょう。ブレスレットが時計の存在感に負けないように意識してみてください。

シンプルコーデなら時計のバンドとブレスレットの素材を揃えるのがオススメ

ビジネスシーンなどで利用するなど、シンプルなコーディネートにしたい場合は時計のバンドとブレスレットの素材を揃えるのがいいでしょう。

レザーバンドの時計をつけているならレザーブレスレット、金属バンドの時計なら控えめな金属製ブレスレットを選んでみてください。

そうすることによって統一感が出て落ち着いたコーディネートに仕上がります。

腕時計にもこだわってみよう!

腕時計とブレスレットの併用を考えている人は、ブレスレットだけでなく腕時計にもこだわるとより満足できるでしょう。

高級感のある腕時計とハイブランドのブレスレットを合わせたり、質感の高いレザーブレスレットとシンプルだけど上質な時計を合わせると洗練された印象に仕上がります。

腕時計もブレスレットと同じように多種多様なものが存在しているので、じっくり探して自分好みのものを見つけてみてください。

手元のオシャレにブレスレットは欠かせない!自分にピッタリのものを選ぼう


今回は「メンズブレスレット」をテーマに選び方やオススメブランド、腕時計との合わせ方などをチェックしていきました。

初めてブレスレットに挑戦する人でも上手くポイントを押さえておけば自分に似合うブレスレットを選べるので、今回紹介したポイントを参考にしてみてください。

ファッションの最新記事8件