レーザー式?フラッシュ式?家庭用脱毛器の選び方

レーザー式?フラッシュ式?家庭用脱毛器の選び方

自宅にいながら手軽にムダ毛のケアができる家庭用脱毛器。しかし、多様な種類が存在することから、どの脱毛器を選べば良いか分からず迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。家庭用脱毛器は大きく分けて「レーザー式」と「フラッシュ式」のものが存在し、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

そこで今回は、レーザー式の脱毛器とフラッシュ式の脱毛器の違いについて解説するとともに、市販されている脱毛器のなかでもおすすめの機種をいくつか紹介します。「仕事が忙しく脱毛サロンに通う時間が確保できない」と悩んでいる方は、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてみてください。

・関連記事
なぜ人気沸騰?メンズ脱毛サロン・クリニック10選【2022年最新】

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器の種類

冒頭でも紹介したとおり、一口に家庭用脱毛器といっても「レーザー式」と「フラッシュ式」の2種類が存在します。これらはどのような仕組みによって脱毛を可能としているのか、それぞれの特徴を解説しましょう。

レーザー式脱毛器の特徴

レーザー式脱毛器はクリニックで使用されている高出力の機器です。しかし、クリニックで用いられるレーザー脱毛器は高い脱毛効果が見込める一方で、出力が高く危険を伴います。そのため、医師の指導の下でしか使用することができません。

家庭用レーザー脱毛器はクリニックで使用されている機器の出力を抑え、医師免許をもっていない一般のユーザーであっても安全に使用できるように配慮されているのが特徴です。

レーザー式脱毛器は体毛のメラニン色素に反応し、毛根にダメージを与えることで抑毛効果を発揮します。ただし、出力が弱く毛根部が完全に死滅するわけではないため、永久脱毛効果は期待できず、継続的なケアが必要となります。

フラッシュ式脱毛器の特徴

フラッシュ式脱毛器は、脱毛サロンで使用されている機器と同じ仕組みを採用しています。別名「光脱毛」とよばれることも多く、その名の通り光を照射することで抑毛効果を発揮します。

ただし、レーザー式脱毛器と同様、一般のユーザーでも安全に使用できるようにサロンで使用する機器に比べて出力は抑えられており、繰り返し定期的に処理をしなければなりません。

レーザー式脱毛器のメリット・デメリット

レーザー式脱毛器のメリット・デメリット

家庭用脱毛器には2つの種類があることが分かりましたが、それぞれの種類に応じてメリット・デメリットも存在します。まずはレーザー式脱毛器のメリットとデメリットについて解説しましょう。

レーザー式脱毛器のメリット

レーザー式脱毛器はクリニックで採用されている機器と原理は同じであるため、脱毛の効果を感じやすいのが最大のメリットといえるでしょう。短期間で脱毛効果を実感したいという方にとっては、レーザー式脱毛器が最適です。

また、フラッシュ式脱毛器に比べて照射面積が狭いため、ムダ毛の範囲が小さくピンポイントで処理したいという場合にも効果を発揮します。

レーザー式脱毛器のデメリット

高い脱毛効果が期待できるということは、その反面で痛みを伴うことも意味します。肌に照射した際にチクチクとした痛みが生じることがあるほか、肌が弱い人は赤みや炎症が出るケースもあります。そのため、体質によってはレーザー式脱毛器が合わない可能性もあるでしょう。

また、レーザー式脱毛器によっては、デリケートゾーンなど使用できない場所が指定されているものもあります。そのため、脱毛したい部位に対応できるかを事前に確認したうえで購入することが重要です。

フラッシュ式脱毛器のメリット・デメリット

フラッシュ式脱毛器

次に、フラッシュ式脱毛器のメリットとデメリットについて解説しましょう。

フラッシュ式脱毛器のメリット

フラッシュ式脱毛器の最大のメリットは、痛みが少ないことが挙げられます。家庭用脱毛器は定期的にケアする必要があるため、痛みが強かったり体質に合わなかったりすると継続することが難しくなります。フラッシュ式脱毛器の場合は痛みを感じることが少なく、肌が弱い人にとっても影響が小さいため、幅広いユーザーに適しているといえます。

また、レーザー式脱毛器に比べると一度に照射できる面積が広いため、1回あたりのケアの時間を短縮できる点も大きなメリットです。

フラッシュ式脱毛器のデメリット

フラッシュ式脱毛器はレーザー式脱毛器に比べると効果が現れるのに時間を要するのがデメリットといえます。痛みが少ない分、肌にかかる負担は小さいですが、脱毛効果も緩やかであるため早期に効果を実感したいという場合には不向きといえるでしょう。

おすすめの家庭用脱毛器4選

家庭用脱毛器はさまざまなメーカーから販売されており、価格や性能も多種多様です。同じ価格帯の製品であっても、メーカーによって脱毛効果は異なることから、せっかく購入するのであれば信頼性が高く高品質なものを選びたいものです。そこで今回は、数ある家庭用脱毛器の中から、特に信頼性が高くおすすめの製品を5つピックアップして紹介します。

ケノン(KE-NON)光美容器



家庭用脱毛器の老舗ブランドとしても知られるケノンでは、フラッシュ式脱毛器である「ケノン(KE-NON)光美容器」を販売しています。

ハンドピースの重量は約120gと軽量で、一度に照射できる面積は7平方cmと広範囲にわたります。そのため、腕や脚、胸部などの部位にも対応でき、高い脱毛効果が期待できます。また、熱量調整は10段階ときめ細かく設定できるため、デリケートゾーンには弱い出力で、毛の濃い顎や頬などには高い出力といったように1台で使い分けることも可能です。

楽天市場やAmazonといった大手ECサイトでのレビュー数および評価も高く、信頼できる国産の家庭用脱毛器としておすすめの1台です。

 
詳しくはコチラ
 

脱毛ラボホームエディション



脱毛ラボホームエディションは、脱毛サロン・脱毛ラボを運営している株式会社セドナエンタープライズが開発・販売している家庭用のフラッシュ式脱毛器です。本体重量わずか277gと軽量で、脱毛サロンと同等のハイパワーを発揮するのが特徴。

また、脱毛器で照射した後に肌をクールダウンさせるため、冷却用のジェルを塗布しなければならない脱毛器も多いなか、脱毛ラボホームエディションには「冷却クーリング機能」が搭載されているため、この1台で完結できます。

本体に搭載されているボタンも少なく簡単に操作できるほか、部位に応じてカートリッジを交換する必要もありません。「連射モード」を選択すれば、わずか15分程度で全身の脱毛処理が完了できます。

 
詳しくはコチラ
 

HOMESTLASSH(ホームストラッシュ)

HOMESTLASSH

HOMESTLASSHは、回転ヘッドを搭載し最大照射数40万発を誇る家庭用フラッシュ式脱毛器です。週1回の照射を継続した場合、約5年間にわたって使用できる計算となりコストパフォーマンスは抜群。本体にはディスプレイが搭載されており、残ショット数が表示されるため計画的なケアが可能です。

また、出力に応じて5段階のモードを設定でき、身体の部位に応じた使い分けに対応。部位に応じてカードリッジを交換する必要がなく、タッチセンサーを搭載しているため背中などの目に見えにくい部位をケアする際にも便利です。

長期間にわたって自宅でムダ毛ケアを継続することを考えると、脱毛サロンに通うよりもトータルの費用を安く抑えられるため、お得な家庭用脱毛器といえるでしょう。
 
詳しくはコチラ
 

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X



トリアビューティーは2003年に米国で設立されたレーザー脱毛器のメーカーです。従来、レーザー脱毛器といえばクリニックやサロンで使用される業務用の製品が一般的でしたが、同社では家庭でも手軽にケアできるよう「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」を開発・商品化しました。2005年からは日本でもトリアビューティーの脱毛器が販売されるようになり、その手頃さから高い人気を博しました。

現在、最新のモデルである「トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X」は、最大22Jものハイパワーを発揮し、96.9%と極めて高い顧客満足度を獲得しています。女性ユーザーはもちろん、男性にも人気の家庭用レーザー脱毛器で、購入者の約3割が男性を占めています。

上記で紹介したフラッシュ式脱毛器に比べると照射面積は狭いですが、その分ハイパワーで短期間で効果を実感しやすいでしょう。また、照射面積が小さいことから髭の形を整える際にも効果を発揮します。
 
詳しくはコチラ
 
・関連記事
なぜ人気沸騰?メンズ脱毛サロン・クリニック10選【2022年最新】

用途や部位に応じて信頼できる家庭用脱毛器を選ぼう

用途や部位に応じて信頼できる家庭用脱毛器を選ぼう
一口に家庭用脱毛器といっても、フラッシュ式とレーザー式があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。広範囲の照射で1回あたりのケアを短時間で済ませたい、またはデリケートゾーンも含めた全身に使用したいという方にはフラッシュ式脱毛器がおすすめです。

反対に、1回あたりのケアにある程度の時間を要しても、短期間で効果を実感したいという方にはレーザー脱毛器がおすすめといえるでしょう。
どちらの方式が良い・悪いと一概に比較することは難しいため、脱毛したい部位や用途に応じて最適な製品を選ぶことが重要です。