Tシャツの男性

メンズの上手な洗顔方法を徹底解説!基本の洗顔を正しく行ってトラブル知らずの肌に!肌質別おすすめ洗顔料のタイプも伝授

肌トラブルが起きにくい綺麗な肌を保つためには毎日のスキンケアを欠かすことはできません。

洗顔はスキンケアの基本ですが、正しい方法で洗顔を行っている男性は少ないのではないでしょうか。

間違った方法で洗顔を行っていると肌トラブルを引き起こし肌の老化を進行させてしまいます。

そこで今回はメンズの上手な洗顔方法を徹底解説していきます。

トラブル知らずの美肌をつくる基本の洗顔方法肌質別のおすすめ洗顔料と一緒に紹介しましょう。

洗顔の役割

顔をチェックする男性

スキンケアの基本である洗顔にはどういった役割があるのでしょうか。役割を知っておくと意識して正しい洗顔を行おうという気持ちになります。

正しい洗顔が必要な理由

起床時や帰宅時に水だけで顔をゴシゴシこすって洗顔をしてはいないでしょうか。

洗顔は肌に付着したほこりや汚れ、皮脂や汗を落として肌を清潔にする役割があります。

肌に適した洗顔料を使用しなければ汚れや余分な皮脂が肌に残り毛穴を塞いでしまうので肌トラブルが起きやすくなります。

また顔の皮膚はデリケートなので、洗顔料を泡立てずに顔をゴシゴシこすって洗うと摩擦が起こり肌にダメージを与えてしまいます。

起床後の洗顔は寝ている間にかいた汗や溜まった余分な皮脂を取り除く役割があるのです。

帰宅後の洗顔は汗や皮脂以外にも、外気に触れて肌に付着した汚れやほこりを落とすために行います。

顔を水で洗ってさっぱりしたつもりでも肌は清潔になっていません。

逆に落としきれていない汚れや皮脂が毛穴に溜まり肌トラブルを繰り返す原因となってしまうのです。

洗顔を行う際の注意点

正しい洗顔方法を覚える前に洗顔を行う際に気を付けておきたいポイントを整理しておきましょう。

洗顔を行うタイミングと回数

アドバイス

肌を清潔に保つためとはいえ1日に何回も洗顔を行う必要はありません。

皮脂は肌の潤いを保つために欠かせない要素なので、皮脂を必要以上に落としすぎると肌の乾燥を招いてしまいます。

基本として洗顔は朝の起床時と夜の2回行うのがベストです。就寝中も皮膚の分泌は進んでいるので起床時の肌は皮脂が多く溜まっています。

そして日中に再び皮脂量が増えるので、帰宅したら外気に触れて肌に付着した汚れと一緒に余分な皮脂を洗顔で取り除きます。

ヘアバンドで髪をしっかり上げる

洗顔中に顔に髪の毛がかからないようヘアバンドで髪をしっかり留めておくことが大切です。正しい洗顔は肌に合った洗顔料を泡立てて行います。

泡が髪についてしまい、その泡が洗顔後の顔についてそのままタオルで拭いてしまう可能性も。

泡が肌に残ると毛穴に詰まって吹き出物や肌荒れを起こしてしまいます。

また髪をヘアバンドできちんと上げておけば額の髪の生え際までしっかり洗い流すことができます。

髪の生え際は泡が残りやすい場所なので特に気を付けましょう。

洗顔にはぬるま湯を使う

顔を洗う男性

洗顔は水に近いぬるま湯で行いましょう。熱すぎるお湯は皮脂を必要以上に流してしまうので洗顔には適していません。

肌トラブルは肌の乾燥が原因で起こることが多いため、皮脂を必要以上に落とすことはNGです。

また洗顔に冷たすぎる水を使うと皮脂が固まってしまい、皮脂が落ちにくくなってしまいます。

洗顔に使うお湯は35度〜38度くらいがよいでしょう。

手とタオルは清潔に

洗顔をする際は清潔なタオルを用意しておきましょう。タオルは水分を吸収すると雑菌が増えやすくなるので、こまめに替える必要があります。

雑菌だらけのタオルで顔を拭いているとニキビの原因となります。

また顔を触る前に手を洗い清潔な手で洗顔を始めることが大切です。

メンズの上手な洗顔方法

ここからはメンズの上手な洗顔方法を解説していきましょう。

間違った洗顔方法を見直し上手に洗顔することでトラブル知らずの肌を手に入れることができます。

手を清潔にしてから顔をぬるま湯で濡らす

顔を洗う男性

顔を濡らす前にまず手を洗って清潔にし、ヘアバンドで顔周りの髪をしっかり上げておきましょう。

35度〜38度のぬるめのお湯で顔をまんべんなく濡らします。手で肌をこすらずに、ぬるま湯を顔にかけるイメージで濡らしましょう。

洗顔料を泡立てる

顔を濡らしたら洗顔料をよく泡立てます。肌にできるだけ刺激を与えないためにも弾力のあるきめ細かい泡をつくる必要があります。

コツを覚えれば手でも正しい洗顔に適した泡をつくることができますが、泡立てネットを活用すると簡単に短時間で泡立たせることが可能です。

洗顔料の泡立て方をこの後の項目で解説するので参考にするとよいでしょう。

泡立てた洗顔料で顔を洗う

洗顔料を泡立てたら顔を洗っていきます。手で顔をゴシゴシこすって洗うと摩擦が起き肌にダメージを与えてしまいます。

泡立てた洗顔料を肌に滑らせるようなイメージで洗顔していきましょう。

  1. 始めにテカリや皮脂が出やすい鼻周りから洗う
  2. 次に額に泡をのせ中央から外画に向けて泡を広げていく
  3. 頬や鼻の下は乾燥しやすいので最後に泡をのせて洗う(泡を顔の上に長くのせていると乾燥するため)

泡が残らないよう完全に洗い流す

顔全体を洗ったらぬるま湯で泡をきれいに落としていきます。

髪の生え際や耳の前、顎の下に泡が残ってしまうとニキビや吹き出物を引き起こすので、泡が完全になくなるまでしっかり落としましょう。

  1. 35度〜38度のぬるま湯を使用する
  2. 鏡で髪の生え際やフェイスラインに泡が残っていないかチェックしながら泡を完全に洗い流す
  3. 泡を洗い流す際はお湯を顔にかけるようにし、手で顔をゴシゴシとこすらない

顔に残った泡をタオルで拭き取ると洗顔料の洗浄成分が肌に付着して肌を刺激してしまいます。泡は必ずきれいに洗い流しましょう。

タオルで水分を拭き取る

泡を完全に洗い流したら清潔なタオルで顔の水分を拭き取っていきます

  1. 清潔なタオルを用意しておく
  2. タオルで顔を優しく押さえながら水分を拭き取る

洗顔直後の肌はデリケートなのでタオルで顔をゴシゴシ拭くと摩擦で肌にダメージを与えてしまいます。

タオルで優しく押さえるように水分を吸収させましょう。

洗顔料の泡立て方

BULK HOMME THE BODY WASH & THE BUBBLE NET (ボディウォッシュ & バブルネット)

肌にできるだけ負担をかけない洗顔を行うには洗顔料をきめ細かく泡立てる必要があります。

トラブル知らずの肌を保つためにも洗顔料の泡立て方をマスターしておきましょう。

泡立てネットを使う

洗顔用の泡立てネットを使うと大量の泡を短時間でつくることができます。

泡立てネットはメンズ用の化粧品メーカーから販売されている場合もありますが、100円ショップやドラッグストアでも購入することができます。

  1. 泡立てネットを濡らして立体的に広げる
  2. 洗顔料をネットに揉み込み軽く泡立てる
  3. 洗顔料が石けんの場合は軽く泡が立ったら石けんをネットから外す
  4. 泡が立ちにくい場合は少量の水を加える(水分が多すぎるときめ細かい泡ができないので注意)
  5. 両手でネットを揉みながら泡を増やしていく
  6. 十分に泡立てたらネットのリングまたはヒモに指をかけ別の手でネットを絞って泡を集める

手で泡立てる場合

泡立てネットでつくる泡より弾力やきめ細かさは弱いですが、コツを覚えれば手だけでも正しい洗顔に適した泡を立てることが可能です。

  1. 洗顔料が泡立ちやすいよう先に手を洗って手の油分や汚れを落としておく
  2. フォームタイプの洗顔料を1cm〜2cm手のひらにのせる
  3. 35度前後のぬるま湯を少しずつ手のひらに足しながら泡立てる
  4. 泡がある手のひらを丸めて空気を含ませながら泡立てる
  5. 増える泡を潰さないように気を付ける
  6. 泡に弾力がついてまとまるまで泡立てる

肌質別おすすめ洗顔料のタイプ

正しい洗顔を行っても洗顔料が肌に合っていなければ肌トラブルの原因となってしまいます。

自分の肌質に適した洗顔料を使用することが大切です。

乾燥肌:保湿効果がある洗顔料

肌トラブルが気になる男性

男性に起こりやすい肌トラブルの一つに顔のカサつきが挙げられます。

一般的に男性の肌は女性の肌より水分が少ないので正しい洗顔を行わなければ顔が乾燥しやすくなります。

乾燥を放っておくとシワができ老け顔にみられます。また乾燥肌は敏感なので紫外線や外気、シェービングなど外からの刺激に弱い肌質です。

乾燥肌には洗浄力が弱く保湿力が高い成分が配合された洗顔料がおすすめです。

アミノ酸系の洗浄成分は刺激が弱く肌に優しいので敏感な乾燥肌に適しています。

アミノ酸系の洗浄成分にはさまざまな成分がありますが、以下のような表示をチェックしましょう。

  • グルタミン系 … ラウロイルグルタミン酸ナトリウム・ココイルグルタミン酸TEAなど
  • アラニン系 … ラウロイルメチルアラニンナトリウム・ココイルメチルアラニンTEAなど
  • グリシン系 … ココイルグリシンカリウムなど
  • アスパラギン酸系 … ラウロアスパラギン酸ナトリウム・ココイルアスパラギン酸TEAなど

潤いのない乾燥肌は保湿が不足している場合があります。以下のような保湿成分が含まれた洗顔料を選びましょう。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • グリセリン
  • コラーゲン

オイリー肌:余分な皮脂を落とす洗顔料

男性の肌は女性の肌より水分が少ないですが皮脂量は3倍もあり肌質がオイリーな男性も数多くいます。

顔が皮脂でテカっていると清潔感がなく全体的にベトベトした印象を与えてしまいます。

オイリー肌の人は暑い日に顔がテカるのではなく、寒い日や乾燥した日でもテカってしまうのです。

オイリー肌は水分と皮脂のバランスが崩れることによりテカりや吹き出物が起き、毛穴が開いて肌に滑らかさがなくなります。

オイリー肌とは無縁のように思われがちですが、オイリー肌は肌の乾燥から起こることが多いのです。

肌の水分が少なくなると肌が皮脂を分泌して乾燥を防ごうとするためオイリー肌になってしまいます。

皮脂は肌の潤いを保つ役割もあるので必要以上に取り除くことはよくありません。

しかし、オイリー肌は洗浄力が強めの洗顔料でアプローチする必要があります。

洗浄力が強めといっても洗浄力が高すぎると極度に皮脂を落としてしまうことに。

肌への刺激が弱い弱酸性の洗顔料を選ぶようにしましょう。

混合肌:乾燥を防ぐ洗顔料

混合肌は通常Tゾーンから鼻にかけてのテカリが目立ち、頬から顎が乾燥している肌質です。混合肌は30代を過ぎるとなりやすい傾向にあります。

混合肌はテカリと乾燥という真逆の状態が同時に起きているのでどのようにケアすればいいのか悩んでしまいます。

肌トラブルや肌荒れの多くは肌の乾燥が原因で起こっています。

またオイリー肌も肌の水分不足が原因なので、肌を正常な状態に保つためにはまず乾燥から肌を守ることを考えなければなりません。

そのため混合肌の場合は乾燥肌と同じく保湿に優れた洗顔料を使用する必要があります。

オイリーな部分を取り除きたいからと洗浄力が強めの洗顔料で洗うと乾燥している箇所にダメージを与えてしまいます。

保湿効果のあるセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどが配合されている洗顔料を使用しましょう。

ニキビ肌:炎症を抑制する洗顔料

ニキビを潰す男性

ニキビ肌にはニキビの炎症を抑える成分が入っている洗顔料で洗顔を行うことが大切です。

ニキビに有効な成分として以下のような表記がある洗顔料をチェックしましょう。

  • 白ニキビ … サリチル酸・グリコール酸・レチノイン酸
  • 赤ニキビ … ハトムギ・アロエ・イソプロピルメチルフェノール

また大人のニキビや吹き出物は乾燥が原因で起きていることが多いといえます。

ニキビや吹き出物が出てきたらセラミドやヒアルロン酸のような保湿成分の入った洗顔料を使用しましょう。

洗顔料の形状で選ぶ

洗顔料にはさまざまな形状があります。肌質に合った成分と一緒に用途や使いやすさなども考慮して選びましょう。

フォームタイプ

NULL 洗顔 メンズ 【有効成分の力で ニキビ を防ぐ かみそり負け/肌荒れ を防ぐ】薬用 アクネブロック フェイスウォッシュ 洗顔クリーム 洗顔料 保湿成分配合 アルコールなど6つの 無添加 医薬部外品 120g

フォームタイプは洗顔料の中で最も種類が豊富で使いやすいタイプの洗顔料です。

チューブなので使う分量だけを取ることができ衛生的に保管しておくことができます。

フォームタイプは持ち運びが手軽でトラベル用のミニサイズの種類も豊富なので旅行や出張などの外泊時に便利です。

価格も手頃なものから高級洗顔料までさまざまですが、安価な洗顔料は洗浄作用が強力な場合があるので注意しましょう。

洗顔フォームには「さっぱり」や「しっとり」などの仕上がりが異なるタイプ古い角質を取り除くスクラブ入りの洗顔もあります。

肌のコンディションや肌質に適した洗顔フォームを選びましょう。

固形石けんタイプ

顔用の固形石けんタイプは天然由来成分でできたものが多く肌に優しい洗顔料です。

肌への刺激が弱く負担がかからないので乾燥肌や敏感肌の男性におすすめです。

普通の固形石けんは洗浄力の高いものがあるので、必ず天然由来成分でできた顔用の固形石けんを選びましょう。

固形石けんは持ち運びが不便ですが、肌に優しい洗顔料が多いので自宅でのケアにおすすめです。

石けんは洗面台に直接置いたりせずに、石けん洗顔料専用のソープディッシュの上に置いて清潔に保管することが大切です。

泡タイプ

【メンズ洗顔フォーム/毛穴汚れ】リップスボーイ 泡洗顔フォーム150ml

泡タイプは容器から泡になった洗顔料が出てくるのでフォームタイプや石けんタイプのように泡立てる時間を省くことができます。

ポンプから泡が直接出るので手軽で衛生的にも安心です。

泡タイプの洗顔は弾力のある硬めの泡タイプと軽めの泡タイプがあります。弾力のある硬めの泡はしっとりとした仕上がりが特徴的です。

軽めの泡タイプは肌への密着がゆるいので手早く洗い流すことができます。

洗顔の時間をできるだけ短縮したいのであれば泡タイプの中でも軽めの泡が出てくる洗顔料がおすすめです。

洗顔後のスキンケア

肌質に合った洗顔料で正しい洗顔を行うだけでも肌トラブルがは起きにくくなりますが、洗顔だけでは肌が乾燥してしまいます。

洗顔後に化粧水で肌に水分を補い保湿クリームで水分を肌の内側に閉じ込めることで、ハリのあるトラブル知らずの肌をキープしていきます。

化粧水で水分を補給する

洗顔が終わってタオルで顔を拭いたらすぐに化粧水を肌になじませます

洗顔後は皮脂量が少なくなっているので肌の水分が蒸発しやすく、洗いっぱなしで放っておくと肌の乾燥を招いてしまいます。

乾燥によってできるシワやニキビを防ぐためにも顔を洗った直後の柔らかい肌に化粧水で補水しましょう。

化粧水をつける際は顔を手のひらでパチパチ叩くのではなく、刺激を与えないよう肌を押さえながら丁寧に浸透させていきます。

保湿クリームで肌にバリアをつくる

化粧水を肌に浸透させたら肌から水分を逃さないよう保湿クリームで肌にバリアをつくります。

保湿クリームの他にも乳液タイプやジェルタイプがあるので肌に合ったアイテムを選びましょう。

乾燥肌と混合肌にはしっとりした仕上がりの保湿力が高いクリームがおすすめです。

またオイリー肌にはさっぱりとした軽めの乳液やジェルタイプが適しています。

洗顔に役立つグッズ

効率的で正しい洗顔を行うために必要なグッズを揃えておきましょう。

泡立てネット:弾力のあるきめ細かい泡をつくる

BULK HOMME THE BUBBLE NET 泡立てネット

洗顔に一番役に立つグッズが泡立てネットです。

弾力のあるきめ細かい泡をつくるためにも泡立てネットを購入する際には以下のポイントを押さえておきましょう。

  • ネットの面積が大きく二重になっている … 泡立ちやすい
  • ネットの網目が細かい … よりきめ細かい泡ができる
  • 上部にヒモかリングが付いている … 吊るして保管できる・泡を絞り取る際に便利

泡立てネットはネット部分が少しでも破けると泡立ちが悪くなります。破損し始めたら新しいネットに替えることが大切です。

ヘアバンド:顔周りの髪をしっかり上げる

髪が下に垂れて洗顔料がつかないよう、洗顔をする前に髪の毛をヘアバンドでしっかり上げておく必要があります。

特に前髪がある場合や髪の長さがミディアム以上の男性は洗顔時のヘアバンドは必須です。

髪に泡がついてしまうとその泡が洗顔後の顔についてタオルで一緒に拭いてしまう可能性があります。

洗顔料が毛穴を詰まらせて炎症やニキビを引き起こすので洗顔を行う時はヘアバンドで髪を上げましょう。

またヘアバンドをしておくと髪の生え際がしっかり見えるので洗い残しのチェックもしやすくなります。

ソープディッシュ:石けんは清潔に保管する

固形石けんタイプの洗顔料を使用する場合は、石けんを洗面台に置きっぱなしにせずソープディッシュにのせて清潔に使用しましょう。

ソープディッシュにのせておくと石けんの乾きが早く水にどんどん溶けていくのを防ぐことができるので石けんが長持ちします。

また抗菌作用があるソープディッシュもあるので衛生的に保管することができます。

まとめ

首のケアを怠らない男性

トラブル知らずの肌を維持するメンズの上手な洗顔方法を徹底解説しました。

スキンケアは正しい洗顔から始めなければ、いつまでたっても肌トラブルを解消することはできません。

洗顔は水や洗顔料でただ洗うだけでは意味がありません。

肌質に合った洗顔料を使用し、洗顔の回数やタイミングも含めて正しい洗顔方法で行う必要があります。

顔を濡らすところから顔を拭くところまで大切なポイントを押さえて正しい洗顔でトラブル知らずの肌をキープしましょう。

未分類の最新記事8件