男の「いちご鼻」の改善方法を徹底解説!原因と効果的な対策は?秘訣はクレンジングと洗顔方法?選び方と適切な洗顔方法も紹介

男性の肌の状態を他人はチェックしていないように思っても実は本人以上に関心をもって見ています。

肌の中でも女性もつい目に留まってしまうのが「いちご鼻」です。

特に「いちご鼻」はスキンケアを怠っているような印象を与えかねません。

こちらでは、印象にも大きな影響を与える「いちご鼻」の原因と効果的な対策について詳しく解説します。

初心者の方もこちらの内容を参考に気になるいちご鼻を改善して好印象を手に入れましょう!

いちご鼻とは?

美容情報やスキンケア情報をはじめにさまざまな分野でニキビ同様に問題視されがちなものが「いちご鼻」です。

いちご鼻とは毛穴につまった汚れである角栓が酸化して黒ずんだ状態のことを指します。

不潔や悪い印象与えかねないこのいちご鼻はなぜできてしまうのでしょうか?

こちらでは詳しく原因と改善方法について解説していきましょう。

いちご鼻の原因

いちご鼻を効果的に改善していくためにも、まずはその原因についてしっかり理解しておきましょう。

男性は皮脂分泌量が多い

男性の場合は、男性ホルモンの影響により皮脂の分泌は女性の2倍ほどといわれています。

皮脂は毛穴から分泌されるため皮脂の分泌が多いほど毛穴も汚れやすくなり、汚れもたまりやすくなるのです。

肌が乾燥しやすい

男性では皮脂の分泌量が多い一方で、実は女性の肌と比較すると水分含有量が少ないという特性もあります。

それゆえ男性の肌は乾燥しやすく、いちご鼻の原因となる皮脂や角質が毛穴にたまりやすい状態となるのです。

毛穴の広がり

いちご鼻は皮脂などの汚れが毛穴につまった状態のことです。

汚れが長期間つまった毛穴は角栓を取り除いても広がったまましまりにくくなります。

手で毛穴を押したり、ピンセットで角栓を取り除く方法は毛穴の広がりを悪化させる危険性もあるのです。

広がった毛穴を放置するのは、汚れを取り込みやすくさせるという悪循環をつくりだします。

いちご鼻の改善方法

いちご鼻の改善方法と効果的な対策は正しい「クレンジングと洗顔」の実践とその後の「保湿」です。

「クレンジング」は必須!

クレンジングは、毛穴の汚れを取り除くことのできる洗浄成分や吸着成分が含まれています。

さらに毛穴をひきしめるはたらきをもつ成分も配合されている製品が多いため、いちご鼻の改善にはクレンジングは欠かせないアイテムです。

正しい「クレンジング」方法

クレンジングは毛穴の角栓などの油性の汚れ除去に特化しているため、洗顔料とは違う特性をもつ成分が含まれています。

そのためクレンジングは製品ごとの使用方法を確認してから適切な方法で使用するようにしてください。

同じクレンジングであっても洗い流すタイプやピールオフするものなどさまざまなタイプが販売されています。

またクレンジングはメイクオフのように顔全体に使用できるものと、いちご鼻やTゾーンなど皮脂分泌の多い部分向けの製品があるので注意が必要です。

いちご鼻対策向けのを顔全体にしようすることは、肌への刺激が強いため肌荒れなどの原因になりかねません。

そのため製品情報を注意して確認し、適切な方法でクレンジングを実践してください。

正しい「洗顔」方法

顔を洗う男性

いちご鼻の改善には肌へ負担をかけない正しい洗顔も欠かせません。

不適切な洗顔方法では肌の汚れを取り除くことができないだけでなく、過度の刺激などにより肌のコンディションを崩す原因となります。

いちご鼻の対策や予防のためにも肌の良いコンディションを保持できる洗顔方法を理解しておきましょう。

  1. 30度から34度ほどのぬるめのお湯を準備する。
  2. 顔全体を予洗いして肌の汚れを取り除く。
  3. 洗顔料の泡をしっかりとたてる。
  4. 肌に泡をのせる気持ちで優しく泡を使って顔全体を洗う。
  5. 額・鼻・アゴの顔の中央やフェイスライン・生え際も忘れずに洗う。
  6. 洗顔料の泡をしっかりと洗い流す。
  7. 乾いた清潔なタオルで顔全体を包み込むように優しく水分を拭き取る。

クレンジングと洗顔のときの注意点!

クレンジングや洗顔を入浴やシャワーのときに合わせて実践する人も多いのではないでしょうか?

そのときには、肌への刺激を避けるためにぜひ注意したい点があるのでご紹介しましょう。

  • 肌へ水圧がかかるため洗い流すときにシャワーを直接顔にあてない。
  • 洗顔のときには湯温を30度から34度に設定する。

肌のたるみや乾燥を防ぐことはいちご鼻の対策にもつながるため、注意点をぜひ覚えておいてください。

クレンジングと洗顔料は同じ?

もしかすると「クレンジングと洗顔料は同じことではないの?」と混同してしまっている人もいることでしょう。

また「クレンジングは化粧や日焼け止めを使用した人だけが使用するもの」と考えている人もいるかもしれません。

まずはクレンジングと洗顔料の違いと役割について解説していきましょう!

クレンジングの役割

クレンジングはメイクや日焼け止めなどの脂汚れ・角栓・肌の黒ずみなどを洗い落とす役割を担います。

前述したようにいちご鼻は脂汚れや角栓が原因です。

そのため、洗顔料とは別に毛穴につまった汚れを洗い落とすことのできるクレンジングの使用は必須になります。

洗顔料の役割

同じ肌の汚れを取り除くはたらきがあっても洗顔料はクレンジングとは別の役割を担います。

洗顔料は肌のターンオーバーにより不必要になった古い角層や余分な汗・皮脂、肌に付着したホコリなどを洗い落とすのです。

洗顔料は水性の汚れを取り除き、クレンジングは油性の汚れを取り除くという異なる特性をもちます。

クレンジングの適切な選び方

クレンジングとひとことに言っても現在ではメンズ向けのクレンジングも実にさまざまな種類が販売されています。

それゆえどのように自分の肌に最適なクレンジングを選べばよいか分からないという人もいることでしょう。

そこでこちらではクレンジングの種類とクレンジングの役割、自分の肌に最適な適切な選び方についてポイントを紹介します!

クレンジングの種類

クレンジング製品は女性向け製品では次の9種類が主に知られています。

  • リキッド
  • オイル
  • クリーム
  • ミルク
  • バーム
  • ゲル(ジェル)
  • 水(ウォーター)
  • シート
  • オールインワン

しかし、男性向けの製品ではメンズ化粧品の種類も少ないため種類もそれほど多くありません。

敏感肌で男性向けのクレンジングが肌にあわないという場合は女性向けのクレンジングを試してみるのもおすすめです。

こちらでは主なクレンジングの種類と特徴を紹介しましょう。

自分の肌質と照らし合わせながら選ぶ参考にしてみてください。

クレンジングオイル

クレンジングオイルは、強い油性の汚れを取り除くことのできる高い洗浄力が特徴です。

そのため、特にオイリー肌の悩みをもつ人におすすめのタイプになります。

また、メンズのメイクや日焼け止めクリームを取り除くことが可能です。

脱脂力も強いため使用後は特に保湿を忘れないようにしましょう。

クレンジングゲル(ジェル)

クレンジングゲル(ジェル)は、毛穴の皮脂や汚れの除去に優れているのが特徴です。

特にいちご鼻のように毛穴の汚れが気になる人におすすめのタイプになります。

使用の際には顔全体に使用せずに小鼻や顎・額などのように毛穴の汚れが気になる場所へ部分的に使用するようにしましょう。

クレンジングミルク

クレンジングミルクは、肌への負担を抑えながら洗浄できるのが特徴です。

特に敏感肌や肌荒れしやすい人はクレンジングミルクを毎日のケアに使用するとよいでしょう。

洗浄力が弱く感じる場合は定期的に洗浄力の高いオイルタイプなどのクレンジングを併用してください。

オールインワンタイプ

オールインワンタイプは「クレンジング・洗顔・保湿」の役割を担う成分が含まれており手間を省くことができるのが特徴になります。

スキンケア初心者やスキンケアの手間を少しでも省きたいという人におすすめです。

日焼け止めやメイクを使用していないときでも洗顔料としても使用できるタイプになります。

しかし、一般的にオールインワンタイプは手間は省けてもそれぞれの役割を担う含有成分が少ないことが欠点です。

そのため、しっかりとクレンジングしたいときには専用のクレンジングを使用するのがおすすめです。

クレンジングの選び方のポイント

顔を洗う男性

こちらではクレンジング剤の選び方のポイントをご紹介しましょう。

確実にクレンジングを選ぶ

実際に製品を見てみると「どれがクレンジング?」「これは洗顔料?」などと迷ってしまうこともあるはずです。

クレンジングだと思い込んで使用しても期待する洗浄力や作用は得られないため、確実にクレンジングを選びしましょう。

迷ったときには製品の販売名や使用方法を確認するようにしてください。

また簡単なクレンジングの見分け方としては「頑固な脂汚れにおすすめ!」「メンズメイクも落とせる」などの表示を目安にするのもよいでしょう。

自分の肌質に適したクレンジングの選ぶ

それぞれの特性があるため、自分の肌質と使用目的に応じたものを適宜選ぶことが重要です。

肌質に不適なものは使用後に肌が極度に乾燥してしまうこともあります。

また、発赤や発疹ができたり肌にピリピリとした刺激を感じたりするなどの症状が見受けられます。

クレンジング後のケアも忘れずに!

クレンジングは前述の通り油性の汚れをしっかりと除去することができます。

しかし、その一方で肌の健康を維持するために必要な皮脂まで取り除いてしまうのです。

肌が乾燥した状態では肌が自分で保湿するために皮脂を余計に分泌させてしまうことになります。

その結果として再びいちご鼻の原因をつくるという悪循環になりかねません。

クレンジング後は保湿が重要

前述の通りクレンジングは肌の健康を維持するために必要な皮脂までも取り除いてしまいます。

肌の乾燥状態をつくることはいちご鼻の原因につながるのです。

この悪循環を断つためにクレンジングと洗顔の後はきちんと自分の肌に適した保湿剤で十分に保湿することが重要になります。

手間に感じても保湿を忘れないようにしましょう!

おすすめの保湿方法

スキンケアの初心者であれば肌の保湿方法に悩む人もいることでしょう。

そこでおすすめ保湿方法もあわせてご紹介します。

  1. 自分の肌質に適した化粧水と保湿クリームを準備する。
  2. クレンジングと洗顔後に顔全体の水分を優しくふき取る。
  3. 化粧水を両手に適量とり、顔を優しく包み込むように塗布する。
  4. 化粧水を塗布した後に速やかに保湿クリームを顔全体に適量優しく塗布する。

自分に最適のスキンケアを実践していちご鼻を改善しよう!

今回は、男の「いちご鼻」の改善方法や原因と効果的な対策を徹底解説しましたがいかがでしたか?

クレンジングと洗顔は日々のスキンケアに欠かせません。

ぜひこちらを参考に自分に最適なクレンジングや洗顔料を選ぶことからはじめてみてください。

そして適切な方法でクレンジングと洗顔を実践していちご鼻を改善していきましょう!