メンズリップクリームのおすすめ人気商品を解説!保湿効果が高いのはどれ?唇が綺麗だと女性から好印象?正しいケアを始めよう!

冬の寒い時期や乾燥している時期、夏にエアコンの効いた屋内にいるときなど、唇が乾燥してガサガサになったり切れたりします。

荒れた唇では見た目の印象も悪く、身だしなみができない人だと思われてしまいます。

特に女性は男性の口元をよく見ていますので、しっかりとケアを行って印象を良くするとよいでしょう。

リップクリームを使った唇のケア方法リップクリームの選び方おすすめの人気商品を解説していきます。

健康的な唇で好感度アップをねらいましょう。

リップクリームを使って女性からの印象をよくしよう

リップクリームを使うだけで、女性からの印象は格段に良くなります。リップクリームを使うメリットを考えていきましょう。

見た目を良くして高感度アップ!

人の印象は3秒から5秒程度で決まるといわれています。印象の9割は顔を見て決まり、口は目の次に注目されるポイントです。

そのときに健康的な唇をしていると見た目がよいと判断され、好感度がアップします。

カサカサな唇はNG!

カサカサ、ガサガサに荒れている唇は印象を決めるときには非常に悪い影響を与えます。

セルフケアができない人、身だしなみに気を遣わない人だと判断されてしまいます。

そのため、いかに髪型や服装をしっかりとしていても唇がガサガサなだけで台無しになってしまいます。

血色を良くして明るく健康的な印象に!

唇の血色も大切です。体調が悪いと唇の血色が悪くなりますが、生まれつきあまり唇の色が良くない人もいます。

そういう人でもリップクリームを塗って血色を良くすることで、非常に健康的な印象を与えてくれます。

メンズのリップクリームは状態によって種類を選ぶ

メンズのリップクリームは大きく3種類に分かれます。唇の状態や目的によって種類を選ぶとよいでしょう。

保湿目的なら化粧品タイプ

乾燥したり荒れたりはしていない場合、保湿目的なら化粧品タイプを購入しましょう。

通常スーパーやコンビニなどで売られているものの多くが化粧品タイプです。十分な保湿効果がありますので日々のケアには最適です。

乾燥が気になるときは医薬部外品

唇の乾燥が気になり始めたら、医薬部外品のものを購入すると良いでしょう。

化粧品タイプよりも保湿効果が高く、唇が乾燥しやすい人にはおすすめです。

荒れたり切れたりしているときは医薬品

すでにガサガサに荒れたり切れたりひび割れたりしているときには、医薬品の表示があるリップクリームを使いましょう。

医薬品は治療を目的として作られているため、ひび割れやガサガサ唇に対する効果は非常に高いです。

メンズのリップクリームは色や香りに注目

リップクリームにはさまざまな色や香りのものがあります。メンズ用として使う場合には色や香りが少ないものがベストです。

必要以上にテカるのは敬遠される

唇がふっくらとしてみずみずしい女性は非常に魅力的です。そのため、女性用は光沢のあるリップクリームが多いです。

男性の場合はあまりにテカリすぎるのは敬遠されますので、マットな質感のものを選んでおくと良いでしょう。

色のつかないタイプを選ぼう

女性用のリップクリームではほんのりと色がつくタイプがあります。男性が使う場合は色のつかない無色のタイプを選びましょう。

メンソールか無香料がベスト!

リップクリームにはさまざまな香りがついている商品があります。

フルーティーなものも多いですが、男性が使う場合には爽やかなメンソールタイプがおすすめです。

スースーするのが嫌いな人や香りが苦手な人には無香料タイプもあります。

肌が弱い人はベビー用もおすすめ!

普段から肌が弱くて悩んでいる方は唇も刺激に敏感な可能性があります。

そういう人は刺激が少なく安全性が高いベビー用のリップクリームを使うのもおすすめです。

唇に限らず、肌や頭皮が弱い人にとってベビー用のシャンプーやボディーソープは非常にありがたい存在です。

使ったことがない人はぜひ一度試してみてはどうでしょうか。

メンズリップクリームのおすすめ商品を解説!

男性が使うのにおすすめできるリップクリームを解説していきます。

薬用・医薬部外品・化粧品などさまざまなカテゴリからピックアップしたおすすめ商品ばかりです。

リップクリームとリップバームの違い

唇を保湿するためのアイテムはリップクリームの他にリップバームというものもあります。

リップクリームはスティック状ですが、リップバームは小さなチューブや小型のボトルのようなケースに入っているのが特徴です。

リップバームの方がリップクリームよりも柔らかく固まりづらい性質をしており、指で取って塗る使い方をします。

ニベアメン リップクリーム

ニベアメン リップ 無香料 3.5g 男性用 リップクリーム

保湿商品といえばニベアが代表的ですが、ニベアのメンズライン「ニベアメン」のリップクリームは非常に人気があります。

香料もメントールも入っていないシンプルな作りですが、潤いが長続きすると評判が高い商品です。

手に入れやすいことも人気のポイントです。

GATSBY 薬用ウォーターインリップ

GATSBY(ギャツビー) 薬用 ウォーター イン リップ 5g (医薬部外品)

保湿効果の高いヒアルロン酸とコラーゲンが入っている他、抗炎症成分やUVカット成分が配合されているリップクリームです。

医薬部外品なのでしっかりうるおいます。スイートシトラスのさりげない香りなので、甘すぎず爽やかな使用感でおすすめです。

メンソレータム ディープモイストリップスティック

【医薬部外品】メンソレータム ディープモイスト リップスティック メントール 4.5g

リップクリームの定番ブランド「メンソレータム」のディープモイストリップです。

保湿効果の高いヒアルロン酸のほか、シアバターやホホバオイルなどの天然成分を配合しています。

メントールタイプなので使用感も爽やかです。医薬部外品なので高い保湿効果が望めます。

白色ワセリン

【第3類医薬品】白色ワセリン 500g

不純物を徹底的に取り除いた医薬品の白色ワセリンです。

潤いを与えるというよりは唇の水分が蒸発するのを防ぎ、外部からの刺激から唇を守る働きがあります。

唇だけでなく体の様々な部位に使えるというのもメリットです。

モアリップN

【第3類医薬品】モアリップN 8g

ひび割れやガサガサした乾燥を治したい人におすすめの医薬品です。

修復促進・抗炎症・新陳代謝促進などの5つの成分が唇の荒れやひび割れによく効きます。

通常のリップクリームではなかなか良くならないという人やひび割れが痛くて気になるという人におすすめです。

メンズのリップクリームの活用法

美肌 男性リップクリームは正しい塗り方をすることで効果が上がります。

リップクリームの塗り方と、より保湿効果の高い唇パックのやり方をチェックしていきましょう。

リップクリームは塗り方がポイント!

リップクリームの塗り方を動画でチェックしていきましょう。

意外と知らないポイントが多いので、ぜひ正しい塗り方を実践してみてください。

  1. 塗る回数は1日3〜4回でOK。
  2. 秋・冬に屋外で使うときには手で握って少し温めてから使う。
  3. 唇に沿って横に使うのではなく、タテに塗っていく。
  4. より丁寧に塗りたい場合は指で取ってタテに塗っていく。
  5. 唇を閉じてからパッと開くのは意外と刺激が強いのでやらないこと。

タテに塗ることで唇のシワや溝にしっかりとリップクリームが行き渡るようになります。

タテ塗りをするだけで効果が大きく変わりますので、ぜひやってみましょう。

荒れた唇は唇パックでケアしよう

唇が荒れやすい・乾燥しやすいという人は唇パックをしてみましょう。

リップクリームやリップバームとラップがあれば簡単にできます。

  1. 熱すぎない蒸しタオルを唇に乗せて1分程度温める。
  2. リップクリームを唇に多めに塗る。
  3. 塗るときは前述の通りタテに塗る。くるくると回すように軽くマッサージしてもよい。
  4. 小さく切ったラップを唇に貼り、3分間待つ。
  5. ラップを剥がして出来上がり。

市販の唇用の美容パックをするのもおすすめ

ドラッグストアや化粧品売り場などで唇用の美容パックが販売されています。

主に女性向けに作られているものが多いですが、男性が使っても問題ありません。

セクシーな唇を維持したいという方にはおすすめですので、ぜひ使ってみましょう。

やってはいけない唇のケアポイント

唇をケアするときにやってはいけないポイントをチェックしてみましょう。

意外と無意識にやっている行動もありますので、注意が必要です。

皮を剥がしたりむいたりしない!

唇がガサガサしているときに薄皮を向くことは絶対にNGです。

唇の皮膚は非常に薄いため、ガサガサしている薄皮を向くことは唇にダメージを与えることになります。

ガサガサしたら医薬品のリップクリームを塗ってケアしましょう。

また、ひび割れてしまったときにかさぶたを剥がすことも厳禁です。治りが遅くなってしまいます。

乾燥しても舐めない!

乾燥してくると唇を舐めてしまう人がいますが、これもやってはいけない行動です。

舐めてもすぐに乾いてしまいますので、さらに乾燥を招くことになります。早めにリップクリームを塗ってケアしましょう。

舐めるクセがある人は要注意です。

いつも清潔にしておく

食べたり飲んだりしたあとはしっかり唇を拭いておきましょう。また歯磨き粉のすすぎ残しも唇には悪影響です。

ただし、メントール入りの清涼感の高いフェイシャルシートを使うときには唇は避けるようにしておきましょう。

揮発して唇の乾燥を招きます。

こすらない!

タオル・ハンカチ・フェイシャルシートなどを使うときには唇をゴシゴシとこすらないように気をつけましょう。

前述の通り唇の皮膚は他の部位に比べて薄く、刺激に敏感です。強い刺激を繰り返し与えると色素が沈着して唇の色が悪くなります。

パックのやりすぎにも注意

唇パックは非常に効果が高いですが、やりすぎにも注意しましょう。

過ぎたるは及ばざるが如しといいますので、毎日行ったりせず、数日に1回から週に1回程度にしておくとよいでしょう。

また、長時間やりすぎると逆に蒸れて荒れてしまう原因になります。

まとめ

乾燥しやすい冬の時期は唇がガサガサになりがちです。

女性からはもちろん、会った人からの印象を良くするためにはリップクリームを使って唇のケアを行いましょう。

リップクリームを一日数回塗るだけという簡単なケアですが、唇の状態に合わせて最適な商品を選ぶと良いでしょう。

唇パックもおすすめです。ぜひ潤った唇を手に入れましょう。

身だしなみの最新記事8件