スキンケアする男性

メンズのスキンケア方法を徹底的に解説!ケアの順番から必要なグッズまで大公開!スペシャルケアも取り入れて美肌キープしよう

ニキビや肌荒れのない綺麗な肌を維持している男性は清潔感があり爽やかな印象を与えます。

トラブル知らずの肌を保つには毎日のスキンケアが大切ですが、間違ったスキンケア方法がニキビや肌荒れの原因となっている場合があります。

肌トラブルをどうにかしたいけど、スキンケア方法が分からずに困っている男性は多いのではないでしょうか。

そこで今回はメンズのスキンケア方法を徹底的に解説していきます。

スキンケアの順番から美肌をキープするためのスペシャルケアまで必要なグッズと一緒に紹介します。

目次

スキンケアのメリット

鏡を見て顔の肌トラブルを発見するとその日の気分が下がってしまうことはないでしょうか。

顔は隠すことができないので特に仕事やプライベートで大事な約束が入っている日には憂鬱になってしまいます。

正しいスキンケアを続けることで肌のさまざまなトラブルを解消することができます。

ニキビや顔のテカリを軽減する

肌トラブルが気になる男性

一般的に男性の肌は女性の肌よりも皮脂量が3倍多いといわれています。

皮脂は多いのに肌の水分は少ないので男性はニキビが出やすく顔のテカリも目立つ傾向があるのです。

テカリやニキビは不潔な印象を与えることもあるので避けたい肌トラブルでしょう。

実は、スキンケアを正しく行うことで顔のテカリやニキビを抑えることができます。

肌のカサつきがなくなる

綺麗な肌を保つためには肌の潤いを保つことが大切です。

男性の肌は水分が少なく、男性に起きやすい一つの肌トラブルとして乾燥肌が挙げられます。

カサついた肌は肌荒れ引き起こし赤くなったり痒みが生じたりしてしまう原因に。

スキンケアの大きな役割に肌の保湿があります。

正しいスキンケアを継続して行うことでハリと潤いのある美肌をキープすることができるのです。

シェービングがしやすくなる

シェービングによる肌荒れはヒゲを剃る多くの男性が抱える顔の悩みです。

シェービングは皮膚の角質層にダメージを与えるので細菌が侵入しやすく肌荒れの原因となります。

またカミソリ負けによって肌が赤くなったり痒みや痛みを引き起こしたりします。

さらにニキビや吹き出物のような肌トラブルが頻繁に起きると思うようにヒゲを剃ることができなくなってしまうことも。

正しい方法でスキンケアを行っていると肌トラブルが起きにくくなるため、ストレスのないシェービングができるようになります。

メンズのスキンケア方法とケアの順番

顔を洗う男性

スキンケアのメリットが分かったらスキンケア方法とケアの順番を覚えましょう。

基本のスキンケアはそれぞれのケアに適した化粧品を使用して以下の工程で行っていきます。

全体のスキンケアを通して手やタオルで顔をゴシゴシこすらず、肌にできるだけ摩擦を起こさないよう注意することが大切です。

  1. 洗顔料で洗顔をする
  2. 化粧水で肌に潤いを与える
  3. 保湿クリームで肌の潤いを保つ

洗顔から肌の保湿ケアまでの順番を解説していきます。

顔をぬるま湯で濡らす

洗顔料を手に取る前に水に近いぬるま湯で顔を濡らします。

熱めのお湯は肌の皮脂を落としすぎてしまい乾燥の原因となるため、水に近いぬるま湯を使うことが大切です。

顔を濡らす際には手で顔をゴシゴシこすって肌に負担をかけないよう気を付けましょう。

またヘアバンドで前髪と顔周りの髪をしっかり上げておきます。

髪に泡がつくと洗顔後の顔に泡がついたり、タオルで髪の泡と顔を一緒に拭いたりしてしまいます。

泡が顔に残ると毛穴が詰まり肌トラブルの原因となります。

泡立てネットで洗顔料を泡立てる

次に濡らした洗顔ネットで洗顔料をきめ細かく泡立てましょう

フォームタイプの洗顔料は少量をネットに出しネットを両手に挟んで回すようにこすっていくと泡がたくさん出てきます。

弾力のあるきめ細かい泡で洗うことで肌への負担が抑えられます。

固形石けんタイプの洗顔料を使う場合は、石けんをネットで軽く泡立ててから石けんを外しさらに弾力のある泡を立てていきましょう。

  1. 泡立てネットに指をかける
  2. ネットの下半分だけを濡らし石けんは濡らさない(ネットの水分が多いときめ細かい泡にならない)
  3. ネットで石けんを包む
  4. ネットの中で石けんを10回ほどクルクル回して軽く泡立てる
  5. 石けんをネットから外しきめ細かい泡ができるまでさらに泡立てていく
  6. できた泡をネットから絞って片手に集める

泡で顔を洗う

ネットで作ったきめ細かい泡を肌に滑らせる感覚で洗顔すると肌に負担がかかりません。

  1. テカりやすいTゾーンから始め鼻筋、鼻の周りを洗っていく
  2. ゴシゴシこするように洗うのではなく泡を肌に転がすイメージで手を動かす
  3. 次に顎から頬の順番で優しく洗う

洗顔料の泡をしっかり洗い流す

顔全体をまんべんなく洗ったら、水に近いぬるま湯で泡を完全に洗い流します

顔についた泡だけでなく髪の生え際や顎の下、耳たぶ近くについた泡も丁寧に洗い流しましょう。

泡が残った状態でタオルで拭いてしまうと肌トラブルの原因となります。

タオルで水分を拭き取る

洗顔料の泡をしっかり洗い流したら吸水力がある清潔なタオルで顔を拭きます。

タオルで顔を押さえるように拭いていくと肌に摩擦が起きず負担がかかりません。

化粧水を肌になじませる

顔をタオルで拭いたらすぐに化粧水をつけましょう。水分の蒸発は早いので、洗いっぱなしの顔を放っておくと肌が乾燥してしまいます。

洗顔直後の柔らかい肌に化粧水をなじませると肌の潤いが高まります。

顔をパチパチ叩きながら化粧水をつけると肌にダメージを与えてしまうので注意が必要。

化粧水を手のひらにまんべんなく広げ顔を包み込むように押さえながら肌に浸透させていくことが大切です。

顔の余分な化粧水をティッシュオフする

余分な化粧水が顔に残ったらティッシュで押さえて拭き取りましょう。顔の表面に残った化粧水が蒸発する際に肌の乾燥を促す可能性があります。

保湿剤で肌にフタをする

鏡でチェックする男性

化粧水で肌に潤いを与えたら、潤いをキープさせるために保湿クリームや乳液で肌にフタをします。

保湿クリームの油分が肌に浸透させた化粧水を内側に閉じ込めるので、肌のハリや潤いを保ち乾燥を防ぐことができるのです。

洗顔で余分な皮脂を洗い落とし化粧水で水分を与え、保湿クリームで潤いをキープすることで肌の皮脂と水分のバランスを取ることができます。

このような基本的なスキンケアを1日2回、朝と夜に毎日行うことで肌トラブルのない健康的な美肌を手に入れることが可能となります。

紫外線対策もスキンケアの一つ

男性は紫外線対策を怠りがちですが、紫外線対策は美肌を保つために必須となるケアの一つです。

紫外線のダメージはすぐには表に出ないのでケアが怠慢になってしまいます。

しかし年齢を重ねていくと、ある日突然シワやシミが驚くほど目立つようになります。

紫外線によって起きるシワやシミは取り除くことが困難で老け顔を加速させます。

そのため普段のスキンケアとして紫外線対策はできるだけ早いうちから取り入れることが重要です。

UVカット作用がある保湿クリームがあるので朝のスキンケアの最後に入れるとよいでしょう。またスプレータイプの日焼け止めも存在します。

外出前に顔にスプレーするだけなので手間がかからず便利に使用できるアイテムです。

スペシャルケアで美肌をキープする

基本のスキンケアだけでも毎日続けて行えば綺麗な肌を保つことができます。

さらに、洗顔・化粧水・保湿以外のスペシャルケアを取り入れることでさらなる美肌をキープすることが可能です。

特に気になるトラブルには美容液を使用する

鏡で肌をチェックする男性

顔に特に気になる部分が出てきたら基本のスキンケアに美容液を補ってトラブルを解消することができます。

美容液は保湿や美白を目的とした美容成分が配合されているため以下のようなケースに効果があるといえるのです。

  • シミ・くすみの改善
  • シワ・たるみの改善
  • アンチエイジング

男性の肌は女性の肌より水分が少ないので乾燥しやすく、シワやたるみの進行が早くなります。

またシェービングで敏感になっている肌に外気や紫外線が当たるので予想以上に肌へのダメージが大きいといえます。

鏡を見ていて少しでも気になる部分が出てきたら目的に合った美容液を基本のスキンケアに加えて美肌をキープしましょう。

美容液をつけるタイミング

美容液は、一般的に美容液は化粧水と保湿クリームの間に使用する場合がほとんど。

しかし、化粧品メーカーによって使い方が異なるので使用方法を確認して取り入れることが大切です。

フェイスマスク(シートタイプ)

フェイスマスクは週に1〜2回行うスペシャルケアです。基本のスキンケアに加えることで肌トラブルのない美肌をキープすることができます。

フェイスマスクは形状によって目的が異なるので自分に合ったものでアプローチしましょう。

シートタイプは顔型のシートを顔にのせて使用するフェイスマスクです。シートには顔にぴったり密着させるための切り込みが入っています。

シートタイプは保湿成分の高い美容液や化粧水がシートに染み込んでおり、特に肌の保湿に効果的です。

美白効果のあるシートタイプは顔のくすみやシミが気になる場合に使用することができます。

シートタイプは袋に入ったシートを取り出して顔に貼るだけなので手間がかからないスペシャルケアです。

  1. シートを広げ目の部分を合わせてから顔にのせる
  2. 切り込み部分を調整しながら顔の形状にシートを合わせ貼り付ける
  3. シートが顔に密着するよう手で軽く押さえる
  4. 使用方法に記載されている時間が経ったらシートをはがす
  5. 肌に残った美容液を手で押さえて顔に浸透させる

フェイスマスク(クリームタイプ)

クリームタイプのフェイスマスクも保湿を目的としたスペシャルケアです。

通常クリームタイプは手で顔にクリームを広げて10分〜15分時間をおいてから洗い流す、またはティッシュやコットンで拭き取ります。

クリームタイプは油分が多く配合されているので美容液や化粧水が染み込んだシートタイプより保湿効果が高いといえます。

乾燥が特に気になる場合はクリームタイプのフェイスマスクでケアしてみましょう。

フェイスマスク(クレイタイプ)

パックする男性

クレイタイプは泥パックのことです。泥パックはミネラルが多く含まれており毛穴の黒ずみや汚れをしっかり取り除いてくれます

クレイタイプもクリームタイプのように顔全体に塗り時間をおいて洗い流します。

クレイタイプは主に毛穴の汚れを取り除くフェイスマスクなので、鼻の上など毛穴が気になる箇所に塗って部分的にケアすることも可能です。

フェイスマスクを使うタイミング

一般的にシートタイプとクレイタイプは洗顔後の清潔な肌に使用するスペシャルケアです。

フェイスマスクが終わったら化粧水と保湿クリームで肌を整えます。

クリームタイプは保湿効果が高いので通常フェイスマスクの後に化粧水や保湿クリームで仕上げる必要はありません。

とはいえ、化粧品メーカーによって使用方法が異なるので説明書を読んで適した使い方でケアしていきましょう。

またニキビや痒みなどの肌トラブルがある時にフェイスマスクを行うとさらなるダメージを与えてしまいます。

肌トラブルがある間はフェイスパックの使用を避けることが大切です。

ニキビにはニキビ専用のフェイスマスクがあるのでチェックしてみるとよいでしょう。

スキンケアイテムの選び方:洗顔料

BULK HOMME THE BUBBLE NET 泡立てネット

洗顔料にはいくつかのタイプがあります。肌質や使いやすさなどを考慮して肌に最も適した洗顔料を選びましょう。

男性はさっぱりした洗い上がりを好む傾向にあるので洗浄力が高い洗顔料もありますが、洗浄力が高いとその分肌への刺激も大きくなります。

肌へのストレスを軽くするためにも洗浄力がマイルドな弱酸性の洗顔料を選ぶことが大切です。

固形石けんタイプ:洗浄力がマイルド

顔用の固形石けんタイプは天然由来成分が配合されているものが多く、洗浄力がマイルドなので肌に優しい洗顔料といえます。

天然由来成分の固形石鹸は自然で癒やされる香りが多いので、スキンケアで気持ちもリラックスさせることができます。

固形石けんは持ち運びが不便ですが、長持ちするので頻繁に購入する必要がありません。

敏感肌で肌トラブルが起きやすい場合は天然由来成分でできた固形石けんタイプがおすすめです。

フォームタイプ:種類が豊富

NULL 洗顔 メンズ 【有効成分の力で ニキビ を防ぐ かみそり負け/肌荒れ を防ぐ】薬用 アクネブロック フェイスウォッシュ 洗顔クリーム 洗顔料 保湿成分配合 アルコールなど6つの 無添加 医薬部外品 120g

洗顔料の中で最もポピュラーなタイプがフォームタイプです。価格帯も手頃なものから高級なものまで数多くのフォームタイプが出回っています。

チューブに入っているので扱いやすく、持ち運びに便利で衛生的に保管することができます。

フォームタイプは肌質や目的によってさまざまな種類があり、自分の肌に合った洗顔料が選びやすいといえます。

フォームタイプは種類は多いですが、安価な洗顔料は洗浄力が高いものが多いのが一般的。

美肌をキープするためには価格よりも肌への刺激が弱い洗浄力がマイルドなものを選ぶようにしましょう。

泡タイプ:忙しい人におすすめ

固形石けんタイプやフォームタイプは泡立てる必要があるので面倒だと感じる男性もいるでしょう。

泡タイプは洗顔料が泡になって出てくるので洗顔料を泡立てる手間や時間がかかりません。

種類は少ないですが、忙しい男性や洗顔料を泡立てる手間を省きたい場合には便利なタイプの洗顔料です。

スキンケアアイテムの選び方:化粧水

化粧水は肌質に適した役割や成分のある化粧水を選ぶ必要があります。

乾燥肌

顔をチェックする男性

乾燥肌は外気や紫外線からのダメージを受けやすい肌質です。乾燥によって起こるシワや肌荒れは老け顔の要因となってしまいます。

乾燥肌は他の肌質より敏感なので保湿成分が高い化粧水を選ぶことが重要です。

保湿成分の中でも特に保湿力の高い「セラミド」をチェックしましょう。その他にもヒアルロン酸やコラーゲンは保湿力に優れています。

また刺激に弱い乾燥肌にはアルコールフリーの化粧水が適しています。

アルコールの他にもレチノールやハイドロキノンは肌への刺激が強いので、これらの成分が含まれていない化粧水を選びましょう。

オイリー肌

肌の水分が少なくなると皮脂の分泌が多くなるので化粧水でしっかり水分補給することが大切です。

顔のベタつきやテカリが気になるオイリー肌には、保湿成分と皮脂の過剰分泌を抑制するビタミンC誘導体が含まれた化粧水を選ぶ必要があります。

  • 主なビタミンC誘導体 … リン酸アスコルビルリン酸3Na・リン酸アスコルビルMg
  • 保湿成分 … セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン

またオイリー肌にはトロみのないさっぱりとした水のような肌触りの化粧水が適しています。

混合肌

混合肌は一般的にTゾーンがテカってしまい頬から下は乾燥しています。スキンケアの大切な目的の一つが肌の乾燥を防ぐことです。

乾燥した肌はダメージを受けやすいのでケアを怠ると肌の老化を早めてしまいます。

混合肌の場合は乾燥した部分を優先的にケアする方がいいので、乾燥肌と同じく保湿効果に優れた化粧水を選ぶ必要があります。

保湿力に優れたセラミド配合の化粧水アルコールフリーの化粧水は混合肌に適しています。

部分的にオイリー肌だからといってさっぱりタイプの化粧水の使用は避けましょう。

さっぱりタイプの化粧水はエタノール(アルコール)を含んでいることが多く、乾燥している部分をさらに乾燥させてしまう可能性があります。

スキンケアアイテムの選び方:保湿剤

保湿剤には肌にバリアを作り化粧水で補給した水分を肌から逃さないようにする役割があります。

男性は女性より肌の水分が少ないので、水分を肌から蒸発させないためにも保湿は特に重要。

保湿クリームや乳液を選ぶ際には成分や使い心地をチェックすることが大切です。

保湿成分や炎症を押さえる成分をチェックする

重要事項

肌の潤いやハリを保つためには保湿効果に優れた成分が配合されているかを確認しましょう。

化粧水を選ぶ際にもチェックしておきたい「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」は保湿効果が高く保湿剤にも必要な成分です。

またニキビや吹き出物のトラブルを解消したいのであれば以下のような炎症を抑制する成分が配合されている保湿剤が適しています。

  • カンゾウ根エキス
  • イソフラボン
  • フラーレン
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • アラントイン
  • グリチルレチン酸ステアリル など

逆にオリーブ果実油やツバキ油のような油脂成分が多く含まれた保湿剤はニキビを増加させる可能性があります。

肌質に合わせて使い心地をチェックする

保湿剤にはクリームタイプやジェルタイプ、乳液タイプがあります。肌質に合わせて使い心地のよい保湿剤でアプローチしていきましょう。

  • 乾燥肌 … しっとりさが特徴的なクリームまたは乳液タイプ
  • オイリー肌 … 軽めで仕上がりがさらっとするジェルや乳液タイプ
  • 混合肌 … 保湿力の高いしっとりしたクリームまたは乳液タイプ

付け心地や肌の仕上がりは個人によって異なるもの。

気になる保湿剤を選んだらフルサイズを購入する前にトライアル用のミニサイズやサンプルを使用してみるとよいでしょう。

スキンケアに必要なグッズ:泡立てネット

美肌をキープするための正しいスキンケアには必要となるグッズがあります。グッズを上手に活用して毎日のケアに役立てていきましょう。

きめ細かい泡ができる泡立てネット

BULK HOMME THE BUBBLE NET 泡立てネット

泡立てネットは洗顔の際に肌に負担をかけない弾力のあるきめ細かい泡を作るために役立ちます。

洗顔料を短時間で泡立てさせるためにはネットの表面積が広いものを選びましょう。

表面積が広いネットは水分が洗顔料と混ざりやすく短時間で泡立ちます。

特に固形石けんタイプの洗顔料を使う場合は、石けんをすっぽり包むことができる大きめのネットが適しています。

またネットの網目が細かい方が泡がきめ細かくなります。

泡立てネットは使用後に水を切って、できるだけ早く乾く場所に吊るして保管しましょう。

泡立てネットはネットが少しでも破けると泡立ちが悪くなります。破損し始めたら新しいネットと交換しましょう。

スキンケアに必要なグッズ:トライアルキット

スキンケアアイテムには類似したさまざまな種類の化粧品があります。

使ってみたい化粧品が決まったらミニサイズやサンプルでまず数週間試してみましょう。

トライアルキットやサンプルで試してみる

DiNOMEN トライアル&トラベルスキンケアセット ドライ (乾燥肌用) 約14日分 男性化粧品

初めて使う化粧品は自分の肌に合うかどうかが分からないので、いきなりフルサイズを購入することに躊躇してしまいます。

化粧品によってはトライアルキットのようなミニサイズのセットが販売されているので、フルサイズを購入する前に試してみましょう。

また店頭には無料サンプルを用意している場合があるので、先にサンプルで使用感を試すことも大切です。

スキンケアに必要なグッズ:シェイプローラー

スキンケアと一緒にシェイプローラーでフェイスラインを引き締めてみましょう。

顔をシェイプローラーでマッサージすることで顔のたるみを解消していきます。

フェイスラインを引き締める

メンズ 美顔 小顔ローラー エミリーストーン ミニ for Men マイクロカレント 美容 美顔器 フェイス 用 (スペースグレー)

顔用のマッサージグッズの中でもシェイプローラーは男性にも人気があるグッズです。

自宅でテレビを観たりくつろいだりしながら気軽に顔のたるみに働きかけることができます。

スキンケアと一緒にグッズを使ったマッサージを行うことでさらなる美肌を維持することができます。

まとめ

美肌の男性

メンズのスキンケア方法とケアの順番を徹底解説しました。

顔の肌は思っている以上にデリケートなので、できるだけ早くスキンケアを始めた方が年齢を重ねても健康的な肌を維持することができます。

スキンケアを怠るとシミやシワ、顔のたるみなどを引き起こし、実年齢よりも老け顔にみられる可能性が高くなってしまうのです。

正しいスキンケアを続けると肌の悩みも軽減するので、ストレスが一つ減るだけでなく見た目の印象もよくなります。

スペシャルケアやケアに必要なグッズも取り入れながら、肌トラブルのない若々しい美肌をいつまでもキープしていきましょう。

未分類の最新記事8件