悩ましい男性のすね毛ケアの正解を徹底解説!自然に薄く見えるように上手に処理しよう!これでもうハーフパンツも怖くない

夏になると露出度の高いトップスや短めのパンツを着用するために特に気になるのがムダ毛のはずです。

特に「すね毛」の処理をどこまですべきか、どのようにするべきか悩む人も多いことでしょう。

そこで今回は、悩ましい男性のすね毛ケアについて適切な処理方法や自然な仕上がりを目指した処理方法について解説します。

ぜひ、こちらの記事を参考に適切なすね毛ケアを実践して自信をもって夏を思い切り楽しみましょう!

男性のすね毛のケアはすべき?

もしかすると「男がすね毛を処理するのは周りに引かれる気がする」「濃すぎてハーフパンツを選ぶのに気が引ける」……。

など男性ならではのすね毛ケアに関するいろいろな悩みを抱えている人もいるかもしれません。

こちらでは、すね毛ケアをすべきか悩む人へすね毛ケアのメリットをいくつかお伝えしましょう!

清潔感ある印象に

すね毛はわずかなケアであっても与える印象がグッと異なる部位でもあります。

処理の程度はひとそれぞれの好みに応じてて構いませんが、少しすね毛ケアするだけでも清潔感を与えることができるのです。

自信を持って足元を露出できる

暑い季節は特にハーフパンツや水着など丈の短い衣類を身に着ける機会が増えます。

その度に負い目を感じている人はすね毛ケアの実践により、清潔感ある足元を手に入れることで自信を持って露出することができるようになるのです。

そのため、レジャーやファッションを楽しむ機会も増やすことができます。

涼しく過ごせる

そもそも体毛はけがからの保護や体温を保持するために存在します。

そのため、体毛が濃いという人はとくにその部位の体温がこもってしまうことで少なからず暑さを感じる原因になっているのです。

すね毛全てを除去せずにケアするだけでも通気性が高まることで体温を低下させ、涼しく感じられるようになるでしょう。

水や空気の抵抗を減少できる

実はプロのスポーツ選手は、水や空気の抵抗を最小限におさえるために体毛のケアも積極的に実践しています。

例えば、水泳選手やロードバイクの選手はすね毛もしっかりとケアしているのです。

スポーツを趣味にしていたり、本格的にトレーニングに取り組む人ほどすね毛の処理は重要になるでしょう。

ソックスなどもスムーズに着用可能

スポーツの種目にもよりますが、加圧ストッキングやユニフォームのソックスなどを着用してプレーする人もいることでしょう。

すね毛の濃い人ほどそれらを着脱するときに煩わしさを感じることも多いはずです。

そこで、すね毛ケアするとその煩わしさを改善して痛みや違和感なくスムーズにストッキング類を着脱することができます。

負傷時の処置もスムーズ受けられる

スポーツを楽しむ人ではなおさら足元の負傷の頻度が高まります。

負傷した時にはテーピングや冷却剤を足元に固定が必要な場合もあることでしょう。

そんなときにすね毛が濃い場合には、その都度処置の邪魔になり抜けてしまったりという経験をもつ人もいるはずです。

すね毛ケアを実践すると万が一の負傷のときもスムーズに処置を受けることができます。

そしてさらに治療を終えた後にテーピングなどを剝がすときの脱毛を予防したり苦痛を軽減することができるのです。

コンプレックスの克服にも好影響

特に毛深いと感じている人にとって「すね毛ケア」に取り組むことはコンプレックスの克服を促すことにもつながります。

dツルツルな足まで目指さなくとも、手入れをするだけでも毛深いという印象を変えることが可能です。

これまで毛深さに悩んできたという人は、夏場は特に目につきやすいすね毛からケアをはじめるとよいでしょう。

すね毛ケアに取り組む男性は増えている!

以前は「すね毛ケア」はスポーツ選手やモデルなど限られた職種の人が積極的に実践している印象が強いものでしたが、現在は異なります!

セルフケア用品の充実やメンズ専用の脱毛サロンなどの人気も後押し、積極的にすね毛ケアに取り組む男性が増えているのです。

前述したようにすね毛ケアのメリットを重視してすね毛ケアを習慣にしている人も増加しています。

そのため、すね毛ケアの実践をしようかどうか悩んでいる人もぜひ安心して取り組みましょう!

「すね毛ケア」方法の種類

実は「すね毛ケア」と一言にいってもいくつか種類があります。

そのため、こちらでは「すね毛ケア」方法の種類について解説いたしましょう!

それぞれの方法のメリットとデメリットを理解して自分にとって最適の方法を選んでください。

カミソリ

自宅でも手軽に取り組めるケア方法です。

メリットとしてはかかる費用が安価であることに加えてすね毛をしっかりと除去してをツルツルにできるという点になります。

デメリットとしては、処理方法や肌の状態によってカミソリ負けを生じてしまうことです。

そして、短期間ですね毛が再度生えてしまうという点があげられるでしょう。

電気カミソリ(シェーバー)

メリットは肌に直接刃が当たることがないためにカミソリ負けを生じない点になります。

さらにシェービングクリームなどを塗布せずに処理できるため短時間で手際よくすね毛ケアすることができる点です。

デメリットとしては、カミソリよりも深剃りができないことや短期間ですね毛が再度生えてしまう点があげらるでしょう。

すきバサミ

すきバサミは、毛を切るときに毛をすくように切れる仕組みのハサミのことです。

ハサミによるカットによりすね毛をケアするため、メリットは肌に直接負担がかからないという点になります。

そして、毛の量をや濃さを調整しやすいため自然な仕上がりに整えることができる点です。

そのため、初心者にも安心して実践できるケア方法の1つといえるでしょう。

デメリットはすね毛自体をなくすことはできないため、定期的に手入れをする必要がある点です。

すきカミソリ

すきカミソリは、直接肌に刃が当たらずに毛をすきながらそぎ落とすことのできるカミソリのことです。

そのため、肌が弱い人やカミソリ負けに悩む人でも安心して使用できるアイテムといえるでしょう。

メリットとしてはカミソリ負けがおこらないという点になります。

さらに、毛の量をや濃さを調整しやすいため自然な仕上がりに整えることができる点もあげられるでしょう。

デメリットはすきバサミ同様にすね毛自体をなくすことはできないため、定期的に手入れをする必要がある点です。

バリカン

バリカンは、全身のムダ毛ケアにも大活躍するアイテムです。

メリットはアタッチメントなどを用いて好みの毛の長さに調節し、短時間で自然な仕上がりに整えることができる点になります。

デメリットはすね毛自体をなくすことはできないため、定期的に手入れをする必要がある点です。

除毛クリーム

除毛クリームは、化学反応を用いて毛を除去する方法です。

メリットは、クリームを塗布して指定時間放置するだけで手軽に毛を除去することができる点やツルツルな状態に除毛できる点になります。

デメリットとしては、製品によってはクリームの反応が肌に刺激となってしまいスキントラブルを生じる可能性もあることです。

そして、人によってはすぐにすね毛が生えてしまう点があげられます。

脱色クリーム

脱色クリームは、化学反応を用いて毛の色を薄く脱色する方法です。

メリットは、クリームを塗布して指定時間放置するだけで毛の色を脱色できる点になります。

そのため、手間をかけずにすね毛の存在感を抑えて自然な仕上げられるのです。

デメリットとしては、製品によってはクリームの反応が肌に刺激となってしまいスキントラブルを生じる可能性があげられます。

また、定期的にケアが必要になることもあげられるでしょう。

脱毛サロン

最近ではムダ毛処理のためにメンズ専用サロンを利用する人も増えています。

脱毛サロンを利用するメリットとしては自分好みの脱毛の程度を選ぶことができる点です。

さらに、コースを終えた後には高い確率で自分好みの毛の濃さや量を維持できるという点があげられます。

デメリットとしては、自宅で実践する脱毛方法よりも高価であるという点になるでしょう。

適切な「すね毛ケア」方法

こちらではいよいよ自宅でも実践できる適切な「すね毛ケア」についていくつかピックアップして解説いたしましょう!

ツルツルを目指す場合

ツルツルを目指す人には、カミソリの使用がおすすめです。

カミソリは「ムダ毛処理専用」のものを選び、シェービング剤などをたっぷりと使用して肌への負担を軽減してから除毛するようにしましょう。

除毛するときには、カミソリ負けを防ぐために「毛の生えている方向(上から下に向かって)」に沿って剃ってください。

そして、毛を洗い流した後には保湿剤などで十分に保湿するようにしましょう。

自然な仕上がりを目指す場合

短時間で効率よく自然な仕上がりを目指したい人には、バリカンによるケアがおすすめです。

すきバサミやすきカミソリもおすすめですが、慣れるまで左右の足の毛の濃さを調整するために時間を要することもあります。

バリカンの場合はアタッチメントなどで毛の長さを設定すると左右の足を同様にケア可能です。

そのため、短時間で自然な仕上がりのすね毛ケアを済ませたいという人に特におすすめになります。

「すね毛ケア」で避けるべき方法

下記の方法は肌への負担が高いためにスキントラブルを生じたり、ケアの後に外観を損る可能性が高いため避けましょう。

毛を抜く

毛を抜く方法はツルツルなすねにできますが「埋没毛(まいぼつもう)」や炎症を生じさせてしまう原因にもなりえます。

そのため、毛抜きなどですね毛を抜く処理方法は避けましょう。

「逆剃り」する

逆剃りは肌への負担が高いためカミソリ負けにもなりやすいことに加えて毛穴の広がりの原因にもなります。

また、次に映えてくる毛先が鋭利となりチクチクした違和感を生じることもあるため「逆剃り」は避けるようにしましょう。

積極的に「すね毛ケア」して快適に過ごそう!

今回は、悩ましい男性のすね毛ケアについて解説について解説しましたがいかがでしたか?

すね毛ケアに悩んでいた人もぜひこちらの記事を参考に自分に最適のケア方法見つけて実践してみてください。

すね毛をしっかりケアして心も体も快適に過ごしましょう!

ボディケアの最新記事8件