メンズ向けネイルケアを解説!自宅で簡単にできる方法は?爪質に合わせたケアがポイント?清潔感のある爪先は女性ウケ抜群!

男性の皆さん、爪のケアってしていますか?

爪のケア、いわゆるネイルケアは主に女性がやるものだという印象がありますが、最近では男性でもネイルケアをする人が増えているのです!

爪って意外と自分では気にしていなくても他人から見られている部分の1つだったりします。

特に女性は男性の手をよく見るといいますし、男性もネイルケアをやっておくに越したことは無いのです。

ということで、今回はネイルケアの重要性と、爪質の種類、そしてメンズ向けネイルケアのやり方について紹介していきます。

なぜ爪先のケアが大切なのか?

ここでは男性でもなぜネイルケアをするべきなのか、その理由を紹介していきます。それでは見ていきましょう。

女性にモテるため

幸せそうなカップル

冒頭でもお話しましたが女性は結構男性の手を見ています。

特に良く見ているのは爪先で、爪が異様に長かったり汚れている男性は女性から恋愛対象として外されやすいです。

また短くても剥いたり噛んだりした爪先はガタガタしているのでわかりやすく、女性からはあまりいい印象は受けません。

逆にいえば爪が綺麗な男性は女性からもモテやすいので、ネイルケアをするに越したことはありません。

爪を健康に保つため

爪を健康に保つことは重要です。

というのも爪先から菌が入って指先が痛くなったり、感染から病気になってしまうこともあるからです。

そもそも爪というのは人間が日常生活を営む上で重要な役割を果たしています。

そんな爪の健康を保ち、爪を守るという意味でもネイルケアは重要です。

清潔感を保つため

清潔感のある男性

上述した2つの理由にも共通していますが、爪先の清潔感を保つためにもネイルケアは欠かせません。

当然ながら清潔感がある方がモテますし、爪の健康状態も保たれます。

男性がネイルケアをする理由はこれに尽きるといっても過言ではありません。

爪先を清潔にするためにも、ネイルケアをしましょう。

爪質の種類

爪の質は人それぞれ違いますが、実は主に3つのタイプに分けることが出来ます。

ここではそんな3種類の爪質について解説していきます。

ノーマルタイプ

いわゆる健康な爪のことです。ふっくらと弾力があり、柔らかなツヤのあるピンク色をしています。

また適度に弾力があるおかげで衝撃に強く割れにくいです。

特に何も問題がない爪質なので、ネイルケアをする際も爪や皮膚を傷つけないようにゆっくり焦らず作業をすれば大丈夫です。

ドライタイプ

その名の通り乾燥している脆い爪のことです。

このタイプの爪は薄くて柔らかく、縦線が入りやすくて割れやすいので注意が必要です。

また甘皮付近もかさつきやすく、ささくれができやすいのであまり健康な爪質とはいえません。

特に甘皮の切り取り作業の際は、他のタイプに比べて爪が傷つきやすいのでより慎重に作業を進める必要があります。

ブリトルタイプ

ドライタイプと同じく不健康な爪質ですが、こちらは硬くて割れやすい爪です。

また変形・変色しやすいうえに甘皮付近の皮膚が固くなりやすいのも特徴です。

特に甘皮をふやかす際は、他のタイプに比べてより高い温度で長くふやかす必要があります。

自宅でネイルケアをする時の手順

自宅で自分でネイルケアをする際の大まかな手順について紹介していきます。それでは順番に見ていきましょう。

甘皮処理

甘皮とは、爪の付け根の皮膚と爪との境目にある薄い皮のことです。

この甘皮が必要以上に伸びてしまうと、爪の水分や油分が奪われて爪の乾燥やささくれの原因となってしまいます。

爪の健康を保つためにも、まずはこの甘皮を処理していきます。

ただし過度に処理をしすぎて爪と爪の付け根の皮膚との間に隙間ができてしまうと、菌が入って傷病の原因ともなってしまいます。

そのため十分に注意して処理を行わなければなりません。

ネイルポリッシュ(爪の研磨)

ボディケアの最新記事8件