疲労回復方法を徹底解説!本当に効果があるのは栄養ドリンク?ストレッチ?疲れが取れない原因を突き止めてタフな男になろう!

日々の仕事や人間関係だけでなく、運動不足や睡眠不足などで心身ともに疲れているという人は非常に多いです。

うまく疲労回復を行って元気に気持ちの良い毎日を送りましょう。

栄養ドリンクの疲労回復効果の有無やストレッチの効果などを解説していきます。

また、疲労の種類や疲れが取れない原因をしっかりと突き止めましょう。

疲労の種類と疲れが取れない原因は?

指を指す男性医師まずは疲労の種類と原因をチェックしましょう。

肉体疲労

単純に体が疲れているという場合が多いです。睡眠不足や休息が足りていない場合を指します。

筋肉疲労

力仕事をしたり外回りなどで歩きまわったりした場合、筋肉が疲れているということもあります。

肉体疲労と合わせて疲れが増して感じられるでしょう。

長時間のデスクワークで背中や首などが緊張状態になっている場合もあります。

眼精疲労

デスクワークなどで目を使う場合、目がしょぼしょぼしたりピントが合わせづらくなったりします。

また頭痛や肩こりにつながる場合も多いため、早めに対処しましょう。

精神的な疲労

さまざまなストレスによって精神的な疲労を感じる場合もあります。

精神的な疲労は体の疲労を感じやすくさせるため、しっかりとストレス解消をすることが大切です。

睡眠は最大の疲労回復!

リラックスする中年男性疲労回復をしたいのであれば、しっかりと睡眠を取りましょう

睡眠時間を確保するのはもちろん、良質な睡眠を取るようにすることが大切です。

理想的な睡眠時間は

一般的に理想的な睡眠時間は「7時間」「7時間半」「8時間以上」などさまざまな意見があります。

実際には睡眠時間は年齢によって異なり、25歳で7時間、45歳で6.5時間程度が理想的な睡眠時間とされています。

最低でも6〜7時間は睡眠を取った方がよいでしょう。

また、睡眠不足ではなく寝過ぎるのも生活習慣病や精神疾患などのリスクが高まりますので注意してください。

睡眠に適した時間帯

睡眠には適した時間帯があります。

眠気を促進するメラトニンというホルモンは夜中の12時ごろに分泌量が最大になるため、深夜12時前後には寝るようにしましょう。

良質な睡眠を取るための入浴法

快眠する男性良質な睡眠を取るには入浴が重要です。入浴後すぐに寝ようとしても体が温まりすぎて寝付くことが出来ません。

体の深部体温が高すぎると入眠しにくくなり、低すぎても眠れなくなってしまいます。

そのため睡眠の1時間から2時間程度前にお風呂に入りましょう。

副交感神経を優位にするため、高くても40度程度のお湯がおすすめです。

寝る前はスマホとPCはオフに!

睡眠の質を高めるため、寝る前にはスマホやパソコンの画面を見るのをやめるようにしましょう。

スマホやパソコンの画面から出るブルーライトはかなり強い光のため、見続けると体内時計が狂ってしまいます。

そうすると寝付けなくなったり睡眠が浅くなったりするため、睡眠の1時間以上前からスマホやパソコンを見ないようにしましょう。

寝具にもこだわって!

布団・マットレスや枕などの寝具も睡眠の質に大きく関わります。

マットレスはやわらかすぎないもの・硬すぎないものを選び、枕も自分の首のカーブに合わせたものを選びましょう。

特に腰痛持ちの人は高反発など硬めのマットレスを選ぶと腰にかかる負担が軽減されます。

肩や首のコリが気になる人はベッドに横になった時の首の高さやカーブを調べ、高さの合った枕を選ぶのがポイントです。

重い布団のかけ過ぎも安眠の妨げになりますので注意しましょう。

寝るときには寝間着を着ること

寝るときにジャージなどを着ている人も多いですが、寝るときには寝間着を着用しましょう

寝ているときにピッタリした服や固い服を着ると寝返りがうちにくくなります。

その結果同じ体勢のまま寝ることになるため、うまく疲れが取れません。

寝間着は柔らかく軽いためストレスなく着ることができますし、寝ている間の動きを妨げないのでおすすめです。

ストレッチをして心身ともに疲労回復する

適度なストレッチは疲労回復に非常に効果が高いです。

筋肉をほぐし、睡眠の質を改善し、リラックス効果によって精神的な疲労も回復することができます。

ストレッチの効果

ストレッチは筋肉をゆっくりと伸ばすことで筋肉の疲労を和らげ、血行を促進する働きがあります。

また関節の可動域が広がるため怪我をしにくくなりますし、疲れにくくなるというのもストレッチのメリットです。

寝る前にストレッチをするとリラックス効果も加わって睡眠の質が改善されます。

ヨガもおすすめ

ヨガはゆっくりとした動きで体を伸ばすストレッチの一種ですが、リラックスに重点を置いた側面があります。

そのため仕事後や休日にスイッチを切り替えてゆったりした気分になるには最適です。

ストレッチの注意点

ストレッチをする際にグイッグイッと反動をつけて行う人がいます。

無理に反動をつけると筋肉や腱に過度な負担がかかり、損傷する恐れがあります。息を吐きながらゆっくりと伸ばしましょう。

また、自分の可動域を超えて無理やり伸ばそうとする人がいますが、無理をするのはやめましょう。

ヘルスケアの最新記事8件