肌を気にする男性

メンズの正しい乳液の使用方法を学ぼう!メンズの美肌の鍵を握るのは乳液だったってホント?!肌質別のおすすめタイプもご紹介

  • 2019年7月31日
  • 2019年8月29日
  • 未分類

男性ホルモンの影響でオイリーに傾きがちなメンズのお肌に、乳液なんて必要あるの?と疑問に感じる方が少なくないはずです。

実は、乾燥肌の方はもちろん脂性肌の方やニキビを気にする男性にこそ、乳液によるスキンケアが効果的なのです!

今回は乳液の正しい使用方法や乳液の大切さ、肌質別のおすすめの乳液タイプをご紹介します。

メンズの上手な乳液の使用方法:準備編

保湿クリームでケアする男性
乳液の効果を最大限引き出すためには、毎日のスキンケアの中に正しい方法で乳液取り入れることが重要です。

まずは乳液を肌に伸ばす前の基本的な「準備」をご紹介します。

汚れを落としてたっぷりと水分補給

肌に残った汚れは洗顔でしっかり洗い落としましょう。

毛穴に汚れが残っていると化粧水の水分や乳液の美容成分の浸透を妨げ、美肌から遠のいてしまいます。

洗顔が終わったらタオルで優しく水分を拭き取り、たっぷりの化粧水で十分保湿をします。

適量の乳液を手のひらに取る

乳液の適正使用量はパッケージや外箱に記載されていますので、使用前に必ず確認しましょう。

もし記載がない場合、乾燥が気になる方やさらりとしたテクスチャーの乳液は10円玉大。

油分が気になる方やこってりとしたテクスチャーの乳液ならパール粒大を目安にすると失敗がありません。

両手で挟んで温める

乳液は化粧水や美容液と比較して油分を多めに含んでいるため、ただ肌に塗っただけでは肌表面に弾かれてしまう場合があります。

できるだけ肌内部まで浸透しやすくするために、手のひらで挟んで温めましょう。

この工程を加えるだけで肌に馴染みやすくなります。

メンズの上手な乳液の使用方法:塗布編

シワを気にする男性
乳液のテクスチャーによって最適な塗り方、伸ばし方があります。いずれの方法においても強い力を入れないのがポイントです。

手のひらの温度で乳液が肌に染み込んでいく様子をイメージしながらゆっくりと伸ばしていきましょう。

ゆるいテクスチャーなら顔の中心から外側に伸ばしていく

温めた乳液を手のひらに伸ばし、顔の中央から外側に向けて塗っていきます。

全体に行き渡ったら、手のひらを肌に当て、乳液の成分を肌の内部に浸透させます。

乾燥が気になる部分には別途乳液を少量とり、重ね付けすると良いでしょう。特に目元や口元は乾燥しやすいため、重ね付けが有効です。

こってりしたテクスチャーなら5点に分けて

クリームに近い固めのテクスチャーであれば、温めた乳液を指に取って顔の5点に分けて置きます。額、鼻頭、左右の頬、顎の5点です。

目元や口元など気になる部分があればそちらにも置くと良いですね。またテカリが気になる部分は量を減らすなど適宜調整をしましょう。

それぞれに置いた乳液は、指先3本ほどを使って小さな円を描くようにしながら顔の外に向かって伸ばしていきます。

最後に手のひらで浸透させれば完了です。

必ず「化粧水のあと」に乳液を使用する


美肌のために乳液が大切なら、乳液だけ使えば良いのでは?と思う方もいるかもしれませんね。

実は乳液は、化粧水とセットで使ってこそ美肌に役立つのです。理由は乳液に含まれる「油分」にあります。

乳液はフタの役割

乳液の約70%は水分でできており、残りの30%が油分や美容成分、保湿成分に相当します。

油分があるため、浸透力の面では化粧水には敵いません。

まずは化粧水でたっぷりと水分を行き渡らせ、それが蒸発しないように油分でフタをするのが乳液の役割です。

フタは最後に!

必ず化粧水の後に乳液を使います。化粧水には保湿効果がありますが、後に使うスキンケアの有効成分の浸透を助ける効果もあります。

この順序を守ると乳液中の美容成分や保湿成分がしっかりとお肌に染み込み、油分によって閉じ込めることができるのです。

なぜ乳液がメンズの美肌の鍵になるの?

パックする男性

メンズの美肌の鍵を握る乳液。オイリーに傾きがちな方にとっては、使用をためらってしまうスキンケアかもしれません。

男性が乳液によるケアを行うと、肌にどんな変化が生じるのでしょうか。

肌がみずみずしい状態に保たれる

乳液に含まれている水分や保湿成分を化粧水とともにお肌に浸透させて油分で閉じ込めることにより、肌水分の蒸発が防げます。

肌が常にみずみずしい状態に保たれるのです。

落ちにくい毛穴の汚れが落ちて透明感が出る

洗顔後の男性

女性のクレンジングにはオイルを使った製品があります。油分には、同じく油分でできたメイクを溶かして浮かせる効果があるのです。

もし万が一洗顔で落としきれなかった毛穴汚れがあった場合、乳液を塗ることで汚れを浮かせることができます。

女性の中には乳液でクレンジングする方もいるぐらいですよ!毛穴汚れが落ちることで肌の透明感が際立ちます。

ニキビを防ぐ

ニキビができる原因は、毛穴の皮脂詰まりや古い角質です。それらを栄養分としてアクネ菌が繁殖してしまうと、ニキビができます。

では毛穴汚れをゴシゴシ洗い落とせば良いのかといえば、そうではありません。

過剰に洗浄すると正常な角質が傷ついて乾燥し、それを守るために過剰な皮脂が生成され、更にニキビができやすい状態になってしまいます。

乳液によるスキンケアを取り入れれば毛穴に残った皮脂を優しく溶かしてくれるうえ乾燥対策にもなり、ニキビができにくい肌環境へ近づきます。

ターンオーバーが正常になる

カレンダー

人の肌は生まれたときからずっと同じ肌細胞に覆われているわけではありません。

日焼けをしてもある程度の期間を経れば元の肌色に戻っているはずです。

これは、約28日周期で行われるターンオーバーのおかげ。肌表面の細胞は約1か月で何度も生まれ変わります。

ターンオーバーが正常に行われることで古い角質が剥がれ落ち、シミやたるみといった肌トラブルを回避しているのです。

しかし肌が乾燥していると剥がれ落ちるべき古い角質が肌に残り、ターンオーバーを妨げてしまいます。

ターンオーバーを正常に整えて美肌を保つためにも、乳液によるスキンケアは大切なのです。

肌質別のおすすめの乳液タイプ

シャンプーを選んでいる男性
化粧水や美容液と同様に、乳液にも様々なタイプがあります。どれを購入するか悩んだら、まずは自分の肌質に合った乳液を探しましょう。

それぞれの肌質に合った乳液をスキンケアに取り入れることで、ハリと弾力がある美肌に近づきます。

敏感肌の方

低刺激性の乳液や敏感肌用の乳液を選ぶと安心です。

低刺激の乳液が全て刺激ゼロというわけではありませんが、一般的な乳液を使用するよりもヒリヒリ感を抑えることができます。

スキンケア製品を原因とした肌トラブルも起こりにくいといえるでしょう。

着色料や香料、アルコールなど肌に刺激を与える可能性がある成分を使用した乳液は避けた方が無難です。

サンプルがあればパッチテストをおすすめします。

乾燥性敏感肌やアトピー性皮膚炎の方は、肌細胞の隙間に水分や油分を閉じ込めるセラミドが不足しているといわれています。

そのため、セラミド配合の乳液で潤い保持の手助けをすると、ハリのあるみずみずしい肌に導くことができます。

乾燥肌の方

香水と男性

毎日シェービングによりお肌に負担をかけている男性は、顔がカサつきがちです。

これを放置するとシワができやすくなり、実年齢よりも老けて見られてしまう可能性も……。

乾燥肌で悩んでいる方には保湿成分が豊富な乳液がおすすめです。中でもヒアルロン酸は美容成分・保湿成分として広く知られています。

ヒアルロン酸自体が水分を保持する能力を持っており、肌に浸透させることによって内面から潤った透明感のある肌に近づきます。

混合肌の方

混合肌の方はTゾーンから鼻にかけてはテカるのに、頬はカサカサ。ケアが難しい状態といえるでしょう。

混合肌でお悩みの方には、ビタミン類と保湿成分が配合されている乳液をおすすめします。

ビタミン類によってTゾーンのテカリや油っぽさを改善し、更に乾燥しやすいUゾーンを保湿成分によってケアする。

この相乗効果で混合肌特有の肌悩みをカバーすることができます。

オイリー肌の方

男性は皮脂量が多いので、脂性肌に傾きやすいといえます。顔が皮脂で過剰にテカっていると清潔感が失われてしまうため、ケアは必須です!

オイリー肌の多くは、乾燥が原因。乾燥から肌を守ろうとして過剰な皮脂が産生されることでベタついてしまうのです。

そのため、オイリーを防ぐにはまず乾燥を防ぐ必要があります。

オイリーの方も乾燥肌のスキンケアと同じく、保湿効果の高い乳液を選ぶと良いでしょう。

ニキビ肌の方

炎症を抑える成分が含まれている乳液を選びましょう。またニキビを何度も繰り返す方は、ノンコメドジェニックテスト済みの乳液がおすすめです。

ノンコメドジェニックの製品はニキビの素となる毛穴づまりが起こりにくい成分でできています。

また、ニキビ肌の方は古い角質が溜まりやすい傾向にあります。これを刺激なく剥がすことができる成分がAHA(グリコール酸)です。

ニキビにお悩みの方は、AHA配合の乳液も一つの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

乳液の価格は美肌と関係あるの?

計算する男性

乳液はブランドやメーカーによって値段が様々です。

ブランドそれぞれが研究により生み出した成分を宣伝しており、「効果がありそうだ」と思ってしまいがち。

しかし個人個人のお肌の質や使用環境、前に使う化粧水など様々な要因によって差が出るものです。

そのため、乳液は価格が高ければ高いほど良いというわけではありません。

もしも高価な乳液を購入しても、勿体ないからと適正量を使用しなければ保湿効果は十分に得られません。

肌荒れを起こさない、肌質にあった乳液を継続的に適正量使用することが、美肌への近道だと考えましょう。

乳液によるスキンケアで水分を逃さない!

顔を洗う男性
カサカサやベタベタを感じさせない肌に保つことは、寝癖のない髪や切りそろえられた爪と同様にメンズの身だしなみの一つです。

また、潤ってみずみずしい肌は光を反射して明るく見えるため、初めて会う方に好印象を与えるチャンスです。

今までは保湿=化粧水だと思ってケアをしていた方は、乳液によるスキンケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

未分類の最新記事8件